チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

林道ビギナー向けラインディングテクニック〈内山裕太郎のチビテク講座|中編〉

小柄な体格ながらオフロードマシンを自在にコントロールし、数々のエンデューロレースでトップライダーとして活躍する、ユータロー先生こと内山裕太郎選手。氏による林道ライディングテクニック講座『チビテク』から、林道デビューする人や林道ビギナーに向けた林道ライディングテクニックの初歩をお伝えした前編に続き、中編ではダート路面でのボディアクションやスタンディング走行のコツをお届けするゾ!!

●まとめ:ゴー・ライド編集部(小川浩康) ●写真:長谷川徹 ●講師:内山裕太郎

内山裕太郎

【講師:内山裕太郎】中学時代はマウンテンバイクで、高校で二輪免許取得後はトレールマシンで林道ツーリングを楽しんでいた。その後、各地のエンデューロに参戦し、現在もJNCCやJECで活躍中。世界最高峰の6日間エンデューロISDEに5回参戦したが、そのライディングは林道ツーリングで得たテクニックに基づいてる。生粋の林道ツーリングライダーで、身長165cmと小柄なことから、そのライディングテクニックを舟橋元ガルル編集長が「チビテク」と命名。ちなみにモデルバイクのテネレ700はユータロー先生の所有バイク。テネレで林道ツーリングも楽しんでいる。 [写真タップで拡大]

チビテク03:上半身を使ってバランスをとる

ダート路面は滑りやすい。だからライダーが体を動かす(=ボディアクションする)ことで前後輪のグリップ力を安定させ、車体を滑りにくくするのだ。

ユータロー先生「林道には上り坂も下り坂もあります。まずは上り坂の走り方から説明します。下り坂についても、同じく写真にある石から下りになると仮想してください」

加速状態(上り坂)では頭を前方へ!!

ヤマハ セロー250|林道走行|ライテク

前輪の前方に石を置いてありますが、そこから上りになると仮想してください。まずはシッティングでアプローチしていきます。 [写真タップで拡大]

ヤマハ セロー250|林道走行|ライテク

前輪が石にさしかかった(上りになった)時に、マシンを失速させないようアクセルをじわーっと開けて加速していきます。写真ではマシン挙動をハッキリ見せるために、あえてアクセルを多く開けています。アクセルを開けると後輪が路面をグリップしてリヤサスペンションが縮み、フロントサスペンションが伸びているのが分かります。これが、リヤ荷重になってフロントが抜重された状態といって、加速状態(上り坂)ではこうしたマシン挙動になります。セローの前輪は路面から浮き、リヤ荷重になってフロントサスが伸びています。このままではフロントアップしてしまいます。これが上り坂なら、フロントがまくれ上がってしまい(サオ立ちと呼んだりします)、転倒の原因になります。 [写真タップで拡大]

ヤマハ セロー250|林道走行|ライテク

そこで、フロントアップを防ぐために、シッティングのまま頭を前方に動かしてやるのです。フロントフォークの延長上に頭を持っていくイメージですね。こうするとフロントに荷重がかかり、フロントアップを防げます。頭を動かすことで上体も前かがみになるので、このボディアクションだけでフロント荷重を得られます。 [写真タップで拡大]

ヤマハ テネレ700|林道走行|ライテク

テネレでも同様。 [写真タップで拡大]

減速状態(下り坂)では腕を伸ばす!

ヤマハ セロー250|林道走行|ライテク

シッティングでアプローチしていきます。 [写真タップで拡大]

ヤマハ セロー250|林道走行|ライテク

前輪が石にさしかかった(下りになった)時に、マシンが加速しすぎないようアクセルを戻してエンジンブレーキを使います。写真ではマシン挙動をハッキリ見せるために、あえてフロントブレーキも強めにかけています。アクセルを戻すと車重が前輪にのしかかってフロントサスが縮み、リヤサスが伸びています。これが、フロント荷重になってリヤが抜重された状態といって、減速状態(下り坂)ではこうしたマシン挙動になります。このままブレーキングを続けるとフロントサスがフルボトムしてしまいます。ちょっとした外乱で、転倒の原因になります。 [写真タップで拡大]

ヤマハ セロー250|林道走行|ライテク

そこで、フロント荷重になりすぎるのを防ぐために、シッティングのまま両腕を伸ばしてやるのです。ハンドルを押すイメージですね。こうすると上体が前方へ行くのを防げて、フロントに荷重になりすぎるのを防げます。 [写真タップで拡大]

急ブレーキは厳禁!!

林道での減速ではシフトダウンとエンジンブレーキをメインに使って、ブレーキはなるべく使わないようにしよう。上の減速時の写真を見ると分かるように、ブレーキングするとフロント荷重になって、フロントサスが縮んでしまうからだ。ここではよくある悪い例を挙げておく。

ヤマハ セロー250|林道走行|ライテク

コーナーにオーバースピードで進入してしまい、急ブレーキをかけたとします。腕を伸ばしていますが、フロントサスはフルボトムしています。 [写真タップで拡大]

ヤマハ セロー250|林道走行|ライテク

フロントサスはこれ以上縮めないのにフロント荷重になり、車体はさらに前のめりに。両腕で体を支えきれず、上体も前のめりになり、意図せずハンドルも切れています。 [写真タップで拡大]

ヤマハ セロー250|林道走行|ライテク

ハンドルが切れたことで、さらに急ブレーキがかかった状態になり、あやうくフロントから転倒するところでした。ダート路面は滑りやすく、前輪もすぐにロックします。なので、林道では極力ブレーキを使わないようにします。つまり、シフトダウンとエンジンブレーキでコーナリングできるスピードで走るようにするんですよ。 [写真タップで拡大]

チビテク04:スタンディングで衝撃を吸収

フルボトムしたサスペンションは、それ以上の衝撃を吸収できない。そんな時はスタンディングして、ヒジとヒザを使って衝撃を吸収してやるのだ。

シッティングとスタンディングの違い

ユータロー先生「林道には、写真のような雨水が流れて路面が掘れた洗い掘りや、岩がゴロゴロしているガレ場/段差(ギャップ)などがあります。まずはシッティングでギャップを通過し、それができたら次にスタンディングで通過してみましょう」

ヤマハ セロー250|林道走行|ライテク|シッティング

フロントサスペンションは伸びていますが、ギャップに差しかかると縮んでいます。この時の衝撃が身体に伝わってくるのですが、ギャップが深かったり、スピードが速くなるほど受ける衝撃も大きくなり、フロントサスもフルボトムします。そうなると急ブレーキと同じで転倒しやすくなります。 [写真タップで拡大]

ヤマハ セロー250|林道走行|ライテク|スタンディング

そこでギャップの手前でスタンディングして、ギャップ通過時の衝撃をヒジとヒザで吸収してやるのです。フロントサスはフルボトムしていますが、両腕を延ばして上体が前のめりになるのを防ぎつつ、ヒザを曲げて車体から伝わる衝撃を吸収しています。基本はシッティングと述べましたが、こうしたギャップやガレ場ではスタンディングして、衝撃で車体が振られないようにするのが林道走行のコツになります。 [写真タップで拡大]

チビテク秘技:スタンディングは斜め上に立つ

ユータロー先生「それでは、進行方向にギャップがあると仮想して、シッティングからスタンディングする方法を紹介しましょう」

ヤマハ セロー250|林道走行|ライテク|スタンディング

シッティングでアプローチします。 [写真タップで拡大]

ヤマハ セロー250|林道走行|ライテク|スタンディング

ギャップに差しかかる前に立ち上がります。この時に真上ではなく、斜め上方に向かって立ち上がります。バイクは前進しているので、真上に立ち上がると身体が車体の動きから遅れてしまうからです。 [写真タップで拡大]

ヤマハ セロー250|林道走行|ライテク|スタンディング

頭をフロントサスの延長線上に持って行きます。こうすると上体が少し前のめりになり、バイクの動きに遅れないようになります。ヒジとヒザは軽く曲げて、路面からの衝撃を吸収できるようにしておけば、チビテク流スタンディングの完成です。 [写真タップで拡大]

ヤマハ テネレ700|林道走行|ライテク|スタンディング

テネレも同様。 [写真タップで拡大]

真上に立つとのけ反ってしまう!!

ライテク|スタンディング|失敗例

[誤]真上に立ち上がってしまうと、バイクの動きから身体が遅れてしまい、腕が引っ張られ上体はのけ反ってしまいます。この状態ではマシンコントロールができず、非常に危険です。バイクの動きから遅れないように。 [写真タップで拡大]

ライテク|スタンディング

[正]斜め上方に立ち上がり、やや前のめりなります。これで走行中も人車一体です。 [写真タップで拡大]

林道ツーリングで役立つシッティング走行やスタンディング走行でののコツやポジショニング/ボディアクションを伝授した中編。後編では、林道走行でのライン取りや滑りやすいダート路面でのコーナリングのコツなどを伝授する!!


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホームデビュー目前! ホンダST125ダックス最終予想【ローフェンダーでカラーは2色か?!】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース