サンメカならやっぱり気になる溶接機 〜家庭用電源で楽しむ工作機械の世界〜

スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ

多くのサンデーメカニックが「一度は体験してみたい」と思う作業のひとつが”溶接”。思い通りに鉄を繋げられれば、修理でもカスタムでも夢は広がる。溶接の世界では、動力電源と言われる200V仕様など、長いこと”電源がすべて”と言われてきたが、今や家庭用100Vの半自動溶接機の実力は驚くべきレベルまで向上している。小型溶接機のパイオニア・スズキッドの最新モデルで100V溶接機の実力をチェックしてみよう。

●文/まとめ:たぐちかつみ 栗田 晃 ●外部リンク:スター電器製造株式会社

“100V電源”溶接機でもここまで進化!! 安定性能で溶け込み充分の半自動ノンガス溶接機

DIYブームの威力は絶大だ。かつて”日曜大工”と呼ばれていた時代はお父さんの修理仕事のようなイメージだったが、呼び方をDIYと変えただけで間口がグッと広がり、”DIY女子”などというオシャレフレーズが定着したことでさらに人口が増加。それに伴い、道具や工具もプロだけでなくアマチュア向けの製品が続々登場している。

100V仕様の溶接機もそのひとつ。新型コロナ禍以前は、毎年夏休みの終盤・8月下旬に開催されてきたDIYホームセンターショーの実演ブースで、長蛇の列を作っていた溶接体験会。アルファベットのプレートを溶接して表札を作ったり、プラズマカッターで鉄板を切る体験は老若男女に大好評だった。そのブースを仕掛けていたのが、スター電器製造株式会社(SUZUKID)である。

工業系の溶接機といえば電源は交流200Vが常識で、100Vはいわゆるホビー用。経験豊富なプロやハイエンドアマチュアほどそうした認識が根強い中で、同社は’60年の創業以来100V電源での溶接技術にこだわり続けてきた。そして日本初の100V溶接機/100Vノンガス半自動溶接機/100Vエアープラズマ切断機の開発という実績で目標を具現化してきた。

そんなスズキッドの最新作が「アーキュリー80ノヴァ」。トリガーを握るだけでフラックス入りノンガスワイヤが連続的に送給される100V半自動機は、スズキッドには既に何機種も存在する。ではノヴァの特長は? といえば、ズバリ”薄板溶接”だ。

スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ
スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ

【スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ】ワイヤーが連続的に送給される半自動溶接だけでなく手棒溶接も可能。ケーブル長はトーチケーブル1.8m/アースクリップ付きケーブル2.0m/手棒用ホルダー付きケーブル2.0m。●価格:オープン [写真タップで拡大]

高性能インバータによって高い溶接品質を得られる直流溶接を実現した上で、溶接ワイヤ径と板厚を入力するだけで最適な溶接条件を自動的に設定するシナジー機能を搭載したことで、通常なら簡単に穴が開いてしまうような0.6mmの薄板が溶接できるという。

バイクや車の修理やカスタムで溶接機を活用したいと思っているサンデーメカニックにとって、亀裂が入った前後フェンダーの補修や、べっこり凹んだ燃料タンクの引っ張り出しや、サビで穴の開いた燃料タンクの補修などで1.0mm以下の鉄板が溶接できるというのは夢が広がる。

もちろん、設定次第で最大4.0mmの厚さまで溶接できるから、折れたフレームステーや穴の開いたマフラーを補修する際も十分な溶け込みを得られるはず。さらに溶接ワイヤー変更することでステンレスの溶接もできるというから驚きだ。

溶接実践では、簡単に使えて抜群の仕上がり!! という実力を体感できた。ナメてかかると強烈なカウンターパンチを食らう、恐るべき100V溶接機だ。

スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ
[写真タップで拡大]

スラントした液晶パネルや本体デザインもお洒落なアーキュリー80ノヴァは2020年度グッドデザイン賞を受賞。本体重量は7.5kgで持ち運びも楽だ。

スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ|調整ダイヤル
[写真タップで拡大]

液晶パネルの調整ダイヤルは1個だけだが、ここで溶接ワイヤの種類、ワイヤ径と溶接板厚、溶接棒の太さやマニュアル使用時の電流と電圧を調整できる。

スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ|ノンガスワイヤ
スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ|手棒溶接の溶接棒

[左] ノンガスワイヤはφ0.6とφ0.8があり、板厚範囲は軟鉄0.6~4.0mm(ステンレスは0.8~1.5mm)。[右] 手棒溶接の溶接棒はφ1.4/φ1.6/φ2.0があり、板厚範囲は軟鉄1.2~4.0mm(ステンレスも同様) [写真タップで拡大]

スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ|ノンガスワイヤ
[写真タップで拡大]

板厚0.6mmの軟鋼溶接を可能にするφ0.6mmのノンガスワイヤ。ワイヤ中にシールドガス成分を含み、溶接と同時に大気を遮断して酸化を防ぐことで、不活性ガスを併用しなくても溶接が可能となる。

スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ|ノンガスワイヤをセット
[写真タップで拡大]

トップルーフを開けてノンガスワイヤをスピンドルにセットしたら、ワイヤの先端をワイヤガイドにセットする。ワイヤが緩んでばらけないように注意。

スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ|フィードモーターのローラー
[写真タップで拡大]

ワイヤを送り出すフィードモーターのローラーは、φ0.6とφ0.8のワイヤによって表裏を選択する。ノヴァで使えるワイヤはφ0.6かφ0.8のどちらかだ。

スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ|締め付けダイヤル
[写真タップで拡大]

ローラー押さえを戻して、ローラーに接するワイヤの圧力を締め付けダイヤルで調整する。適度な力を加えることでスムーズにワイヤが送給される。

スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ|トーチケーブル
[写真タップで拡大]

トーチケーブルにワイヤを通す際は、スイッチを3秒間押すとフィードモーターのスピードがアップするインチング機能により、素早く送給できる。

スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ|隅肉溶接
[写真タップで拡大]

テストピースを使ってステー取り付けなどで多用する隅肉溶接を実践。シナジー機能のおかげで、溶接スタートの瞬間から実にスムーズに作業できる。

スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ|溶接箇所
[写真タップで拡大]

この通りだ。長くビードを引く作業でも途中でアークが途切れず快適で、純正ワイヤはスラグ(溶接表面のカス)が少なめで除去も容易。

スズキッド 100V専用インバータノンガス半自動溶接機 SAYI-80N アーキュリー80ノヴァ|溶接作業

電圧と電流をマニュアルで設定することもできるが、ワイヤ径と板厚で設定できるシナジー機能が優秀すぎるので、ノヴァに任せて溶接作業に専念した方が良い結果が得られる。 [写真タップで拡大]

100Vバンドソーがコンターマシンに変身!!

さて、充実した溶接作業を楽しむためには、金属材料を正しくカットできる機器や溶接作業に集中できる自動遮光の溶接面も必要だろう。溶接作業の仕上がりを高めるには、精密な部品カットが必要不可欠。スズキッドのメタルバンドソーは、小型ながら精度良く材料をカットできる。別売りのコンターテーブルを取り付ければ、夢のコンターマシンとして利用することもできるのだ。

スズキッド メタルバンドソーEH-01エッジホッパー

【スズキッド メタルバンドソーEH-01エッジホッパー】■切断能力 [本体角度0°]丸パイプφ125mm 角パイプ幅125mm×高さ125mm [本体角度45°]丸パイプφ76mm 角パイプ幅76mm×高さ125mm ●価格:オープン
[写真タップで拡大]

スズキッド メタルバンドソーEH-01エッジホッパー|コンターテーブル
[写真タップで拡大]

0°から60°までの角度で材料切断が可能。オプション設定のコンターテーブルを購入すれば、憧れのコンターマシンとして使うことができる。曲線切りも可能だ。

スズキッド メタルバンドソーEH-01エッジホッパー
[写真タップで拡大]

通常のバンドソーとして利用する際は、回転部分の重量バランスで自然にカットできる自動切断機能を搭載。材料カット後にはバンド回転が停止する安全設計を採用。

スズキッド メタルバンドソーEH-01エッジホッパー|定寸ガイド
[写真タップで拡大]

付属品のガイドバーに付属品の定寸ガイドを取り付けることで、定寸カットの再現性が可能になる。長尺ものを複数カットしたいときにはオプション品の長尺定寸ガイドもある。

遮光溶接面も本格派

液晶式自動遮光溶接面のアイボーク180° デジタルは、自動遮光の微調整を容易に行うことができ、ワンタッチスイッチで通常視界へ戻る使い勝手の良さも嬉しい。家庭用電源でも、これほどまで充実した溶接作業を楽しめる時代になったのだ。

遮光溶接面|スズキッド EB-300PWDアイボーグ180°デジタル

【スズキッド EB-300PWDアイボーグ180°デジタル】最新型として発売された遮光溶接面は、最上位モデルのアイボーグ180°を更にアップグレード。新感覚の180°パノラマワイドビューでデジタル制御を搭載。●価格:オープン
[写真タップで拡大]

遮光溶接面|スズキッド EB-300PWDアイボーグ180°デジタル|コントロールパネル
[写真タップで拡大]

面内側にセットされるコントロールパネルで微細調整が可能。オートモードなら遮光度や感度、通常視野への戻り速度もセンサーが最適に自動調整してくれ使い勝手は良好。

遮光溶接面|スズキッド EB-300PWDアイボーグ180°デジタル|ワンタッチスイッチ
[写真タップで拡大]

溶接作業の途中で、部品を研磨ブラッシングしたい際に、左上のワンタッチスイッチを押すことでグラインドモードへ移行。溶接モードからワンタッチで通常の視界へ。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報