最高のツーリングシーズン10月は箱根へ

『ウィズハーレー』が10月のバイカーズパラダイス南箱根をジャックする!

  • 2020/9/29
『ウィズハーレー』が10月のバイカーズパラダイス南箱根をジャックする!

「いつもハーレーダビッドソン、そしてそれを愛するライダーたちと一緒に〜」をコンセプトとしているハーレー専門誌『WITHHARLEY(ウィズハーレー)』が、関東圏のライダーのツーリングスポットして知られる「バイカーズパラダイス南箱根」の展示スペースをプロデュース。10月のバイパラは本誌の世界観をまるごと体感できる1ヶ月に!

話題のアグレッシブモデルが箱根に集結!

「ハーレーもスポーティに! そしてスタイリッシュに!! 」という『ウィズハーレー』の世界観が、バイカーズパラダイス南箱根の展示で具現化されます。期間は10月まるごと1ヶ月間!! つまり、その間は最高のツーリングシーズンを迎える箱根のライダー向けハブスポットを『ウィズハーレー』が丸ごとジャックするということ!

展示される車両は、バイカーズパラダイス南箱根周辺のワインディングをアグレッシブにライディングできる「LOWRIDER S(ローライダーS)」や「ROADSTER(ロードスター)」をはじめ、「FATBOB114(ファットボブ114)」「STREETGLIDE SPECIAL(ストリートグライドスペシャル)」などなど。ぜひこの機会に話題の最新ハーレーたちをご覧ください!!

『ウィズハーレー』が10月のバイカーズパラダイス南箱根をジャックする!

排気量1868ccのミルウォーキーエイト114エンジンを搭載する「LOWRIDER S(ローライダーS)」は、スポーティな走りが自慢の’20年ニューモデル。

『ウィズハーレー』が10月のバイカーズパラダイス南箱根をジャックする!

バイカーズパラダイス南箱根をウィズハーレーがプロデュース
[写真タップで拡大]
バイカーズパラダイス南箱根をウィズハーレーがプロデュース
[写真タップで拡大]

カスタムや用品展示も見逃せない!

ハーレーファンはもちろん、国産・欧州モデルに乗っている人もぜひこの機会に!! もちろんハーレー好きは年式やジャンルを問わず、ビンテージやチョッパーの姿も見せに来てください!! その他、屋外では週末毎にさまざまなイベントも開催されますので、こちらはバイパラのWEBやSNSで随時チェックお願いします。

●文/写真:ウィズハーレー編集部
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

ウィズ ハーレー編集部

ウィズ ハーレー編集部

記事一覧を見る

編集者とユーザーが“一緒に”ハーレーという乗り物を楽しむために誕生した、ハーレーダビッドソン専門誌が「WITH HARLEY(ウィズ・ハーレー)」だ。誌名を公募および投票で決定するという新しい試みに挑んだ結果、ウィズ・ハーレーに決定した。

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ