第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

オフロードマシン ゴー・ライドから初登場! アドベンチャーバイクを扱うポイント指南

『チビテク アドベンチャーマシン』内山裕太郎が身長165cmのテクニックを伝授 #ゴー・ライド

  • 2019/10/24

小柄な体格ながら、オフロードマシンを自在にコントロール。数々のエンデューロで活躍してきたユータロー先生こと内山裕太郎選手。そのライテク講座「チビテク」がゴー・ライドに登場! 今回は最近人気のスズキVストローム650XT ABSをモデルバイクに、アドベンチャーマシンライテクを紹介! プライベートでビッグオフを楽しんでいるユータロー先生のテクニックを伝授だ!

内山裕太郎の身長165cmライテク『チビテク』アドベンチャーマシン編

オフロードバイク総合誌『オフロードマシン ゴー・ライド』(偶数月6日発売)から人気のテクニックコーナーをお届けする。今回は、ゴー・ライド誌では初登場となるプロライダー内山裕太郎先生のアドベンチャーマシンに関するちょっとしたポイント&テクニックを指南。250トレールモデルとアドベンチャーモデル、その扱いのには注意点が必要という、今回は基本的な注意点となる、取り回しについてをまとめてみた。250トレールと比較して学んでほしい。

内山裕太郎: 中学時代はマウンテンバイク、高校で二輪免許取得後はトレールマシンで林道ツーリングを楽しんでいた。その後、エンデューロに参戦し、各地のレースで優勝。日本代表としてISDEに5回参戦している。身長165cm。

【スズキV-Strom650XT ABS】価格:88万円(税抜き)………現在のアドベンチャーマシン人気の火付け役として、ヨーロッパで高く評価されているVストローム650。XTはスポークホイール仕様のことで、石畳やフラットダートでの衝撃吸収性が高められているのが特徴。「ロードではパワフルで走りも軽快。ダートでもトラクション性がよく、思った以上に走りますよ。エンジンが扱いやすく、リッターアドベンチャーマシンより軽いので、フラットな林道走行ならいけます。バランスのよさが魅力ですね」とユータロー先生も高評価だ。

取り回しでアドベンチャーマシンの車格を体感しよう!

ユータロー先生の愛車WR250RとVストローム650XT ABSを取り回してみて、まずは、それぞれの車格の違いを体感してみよう。

林道ツーリングへはWR250Rで出かけるというユータロー先生。だが、ロングツーリング用にアドベンチャーマシンを購入したという。

「林道での取り回しの軽さ、ライディングポジションの自由度はWRが最高です。でも、最近は林道の舗装化が進み、未舗装の林道へアクセスするまでの移動距離が長くなっています。その移動を楽にできるようにとアドベンチャーマシンを購入しました。ただ、アドベンチャーマシンでの林道走行は僕でも緊張しますよ(笑)。高速道路で安定性になっている車重は、林道では単純に重さとして感じます。サスストロークも短いので、ギャップでは振られやすくなります。燃料タンクも大きく、それが車体幅を広くしているので、足着き性も悪くなります。車体が振られたら、体を使ってバランス修正すればいいのですが、そうした車体幅の広さもあって、体を動かせる量が少なくなります。

でも、そうした不安を解消するためにアドベンチャーマシンにはトラクションコントロールやABSといった電子制御デバイスが標準装備され、その制御もどんどん進化しています。逆に250トレールはそうしたデバイスを搭載するスペースがなく、マシンコントロールはすべてライダー次第という面もあります。250トレールとアドベンチャーマシンそれぞれに特徴があるので、それに合わせた乗りかたを身に着けましょう。アドベンチャーマシンに使えるチビテクを紹介していくので、参考にしてみてください」

すべての動作を細かく行なう!

【腰を車体にあてる】車重のあるアドベンチャーマシンは、一気にバランスが崩れやすい(写真右)/【車体はなるべく傾けない】なるべく車体を立てておく。車体が一気に傾かないように、腰を当ててサポートする(写真左)

【歩幅も短めに】ハンドルを切り、車体を傾けて曲がっていく(写真右)/一気に向きを変えようとせず、少しずつ移動していく(写真左)

【腰の支えを忘れずに】腰で車体をしっかりサポート。ここで曲がり切れない場合は、一度バックするといい(写真右)/【急ブレーキに注意】車体を直立させて、ゆっくり止まる。フロントブレーキを一気にかけないように注意(写真左)

[POINT]一歩一歩を小さく!

車体が大きく重いので、バランスが崩れると一気に転倒してしまいがち。バランスをキープし続けるためには、一歩の歩幅を狭くして、少しずつ確実に移動していくのがポイントだ。

小さな歩幅で確実に移動!

250トレールマシンの取り回しは、車体を傾けて小回りできる

【車体をしっかり傾ける】アドベンチャーモデルに比べ軽いトレールは、小回りするためにも車体はあらかじめ傾けておく(写真右)/傾け過ぎないよう腰でしっかり支えるのは、軽いマシンでも同じ(写真左)

【腰で支えるのは同じ】ハンドルを切り、車体をしっかり傾けて曲がっていく(写真右)/車体が軽いのでスッと移動できるはず。ハンドルは切ったまま(写真左)

車体を傾けたまま、ターンしていく(写真右)/マシンの向きが変わったら、車体を直立させる(写真左)

[POINT]軽さをスッと押し出す

250トレールは車体が軽いので、取り回しで振られにくく、バランスを崩しにくい。だから、写真のように歩幅を広く取っても安定している。スッと車体を押し出してタイトに旋回できる。

スルスルとスムーズに移動できる。

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ゴー・ライド編集部

ゴー・ライド編集部

記事一覧を見る

老舗オフロード雑誌のスタッフが再集結し、新たなオフロードマシン総合誌を立ち上げたのがゴー・ライド。ヤングマシンの姉妹誌だ。