サウンドと加速力に注目!

【動画あり】ホンダCRエレクトリックプロトタイプがHSR九州でデモ走行

  • 2019/4/16

2019年4月13~14日にHSR九州で開催された全日本モトクロス選手権第1戦で、東京モーターサイクルショーに出展された電動モトクロッサー「CRエレクトリック プロトタイプ(CR ELECTRIC PROTOTYPE)」が展示され、14日はデモ走行が実施された。

甲高いモーター音がコースで静かに鳴り響く

全日本モトクロスの開幕戦、HSR九州大会が開催され、ホンダのTeam HRCのに所属する山本鯨選手がIAクラスのヒート1、ヒート2を制した。それに花を添えるように、あるマシンのデモ走行が行われた。そのマシンとは、今年(2019年)の東京モーターサイクルショーで世界初公開されたホンダの電動モトクロッサー、CRエレクトリック プロトタイプ(CR ELECTRIC PROTOTYPE)だ。マシンを走らせたのは、元HRCライダーの増田一将さん。さっそくその走りをご覧いただこう。

電動だけにスタートダッシュはかなりの速さ

東京モーターサイクルショー時点で本誌が独自に取材したところによれば、パワーユニットはM-TEC(無限)との共同開発で、マン島TTに参戦する神電の技術も生かされているとのこと。フレームは基本的に2018年型CRF250Rのものを流用しているというが、モーター&バッテリーを搭載するにあたって多少のアジャストはしているようだ。今回走行したマシンのサスペンションなどは東京モーターサイクルショー時点のものとは異なり、フロントフォークのインナーチューブコーティングなどはされていない。

動画を見てもわかるとおり、スタートダッシュはかなりの速さ。一方で、ギャップの通過などではCRF250Rに比べてやや挙動に重さが見られる感じも。このマシンがどのクラスのレースに出られるのかは明らかになっていないが、現状では1ヒートにあたる45分を「目指している」という言い方になっており、エンジン車両との混走にはもう少し時間がかかるのかもしれない。とはいえ、この完成度からすれば市販されるのが遠い未来とも思えない。このマシンを起点に他のモータースポーツ、たとえばMotoGPやF1などにホンダの電動レーサーが波及していくのか、期待はふくらむばかりだ。

元HRCライダーの増田一将さんが今回のデモランを担当。公式コメントは出ていないものの、かなりの飛距離のジャンプもこなすなど手応えを感じているようだった。

パワーユニットは無限、車体はホンダが開発を担当。フレームは基本的にCRF250Rということなので、モーターの出力も同クラスに近いと思われる。

ラジエターを備え、水冷とされたパワーユニットは通常のエンジンよりもやや後ろに寄って搭載されている。その代わりに前方で大きなスペースを占めているのはバッテリーだ。カーボンのボックスはほぼバッテリー。

クラッチ操作が必要ないことからレバーもなし。ゼロ回転で最大トルクを発生するモーターの特性を生かし、爆発的なスタートダッシュが期待できるのでは(実際、動画で見てもかなり速い)。

ギヤチェンジも必要とせずチェンジペダルを備えていない。

取材協力:本田技研工業

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)