第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

速いだけではない。存在が唯一無二の快適ツアラー

カワサキ ニンジャ H2 SX SE試乗インプレッション【日常で使える200ps】

  • 2019/4/8
KAWASAKI Ninja H2 SX SE [2018]

カワサキがNinja H2で実現したスーパーチャージャー(機械式過給器)を搭載したスポーツツアラー・Ninja H2 SXは、998ccから200psを発揮する。今回試乗した「Ninja H2 SX SE [2018]」は、フルカラーTFT液晶メーターパネルやLEDコーナリングライトなど上級仕様に相応しい機能を採用するモデル。そのツアラーとしての実力をあらためてチェックした。

日常で使える200ps。唯一無二のツアラーだ

KAWASAKI Ninja H2 SX SE [2018]

KAWASAKI Ninja H2 SX SE [2018] ●色:緑×黒 ●価格:237万6000円

KAWASAKI Ninja H2 SX SE [2018]

主要諸元:全長2135 全幅775 全高1260 軸距1480 シート高820(各mm) 車重260kg(装備) 水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブスーパーチャージャー 998cc 200ps/11000rpm 14.0kg-m/9500rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量19L ブレーキF=Wディスク R=ディスク タイヤ F=120/70ZR17 R=190/55ZR17

KAWASAKI Ninja H2 SX SE [2018]

その斬新なスタイルはニンジャH2譲りだ

カワサキ'18ニンジャ H2 SX SE

ニンジャH2と同様の解析技術で設計されたトレリスフレームは、ニンジャ1000と同等の195kgという車載可能重量を達成。片持ち式スイングアームはアルミ鍛造で、ニンジャH2より15mmロング化されている。

カワサキ'18ニンジャ H2 SX SE

シート高は欧州仕様の835mmに対して国内仕様は820mm。ニンジャZX-14Rの800mmよりは高いが、ご覧のとおり足着き性は良好。ハンドル位置も近く、意外にもコンパクトだ(身長175cm、体重62kg)。

KAWASAKI Ninja H2 SX SE [2018]

(左)遊星ギヤで駆動される12枚羽根のインペラは、鍛造アルミ材から5軸CNCで削り出したもの。最大加圧は約2気圧で、インテークチャンバー内にECU制御のブローオフバルブを設置。(右)ショックユニットは前後ともにフルアジャスタブルで、鋳造ホイールはSX専用設計だ。

KAWASAKI Ninja H2 SX SE [2018]

(左)キーでロックを解除するとリヤシートが取り外せ、フロント側は工具なしで脱着が可能。(右)リヤシートの下にはETC2.0車載器を標準装備。ロゴ入りの専用ポーチに収納される。

SEとSTDとの価格差約38万円。内外ともに特別装備が充実

カワサキ'18ニンジャ H2 SX SE

カラーリング以外で外観上の大きな違いはコーナリングライトの有無だ。縦に3つのLEDバルブが並んでおり、バンク角に応じて点灯する個数が増え、旋回方向を明るく照らしてくれる。

KAWASAKI Ninja H2 SX SE [2018]

(左)ニンジャH2 SX SEはより防風効果の高い大型スクリーンや電源ソケットを採用。(右)メーターもフルカラーTFT液晶となり、2つの表示モードが選択可能に。スポーツモードではIMUのデータを視覚的に強調して表示する。

KAWASAKI Ninja H2 SX SE [2018]

グリップヒーター(左)と2500rpmでアップ&ダウンとも使用可能なクイックシフター(右)。その他の特別装備として、ローンチコントロールやセンタースタンド、切削加工の前後ホイール、プレミアムシートなどを採用。

(○)独特の伸び上がり感と快適な乗り心地が共存

’15年、センセーショナルに登場したニンジャH2。その流れを汲むスーパーチャージド水冷並列4気筒を搭載し、インパクトのあるスタイリングをまとうのが、’18年3月に発売されたスポーツツアラー「ニンジャH2 SX」だ。標準モデルと上位版の「ニンジャH2 SX SE」があり、’19年モデルでは最上位の「ニンジャH2 SX SE+」が追加された。

今回試乗したのは’18モデルのニンジャH2 SX SEで、機能に関わる部分でのSTDとの差異はローンチコントロールやクイックシフター、LEDコーナリングライト、大型スクリーン、グリップヒーターなどで、それ以外は外観をより豪華にするためのパーツが中心となっている。

998ccからニンジャZX-14Rと同等の200psを発揮するエンジンは、低中回転域で拍子抜けするほど扱いやすい。デュアルセカンダリーバランサーのおかげで微振動が限りなく少なく、また滑らかに変速するドッグリングミッションとクイックシフターのタッグにより、フル/ミドル/ローの3段階から選べるパワーモードを最強にしてすら、上質な雰囲気が漂う。過給によって加速感が増してくるのは6000rpm付近からで、ZX-14Rのように強大なトルクでアスファルトを蹴り出すというよりも、まるで滑空しているような伸び上がりを見せる。スロットルを大きく開ければ興奮を覚えるほどパワフルだが、トルクのつながりはバランス型スーパーチャージャーのおかげでスムーズであり、さらにIMUを介した緻密な制御のトラクションコントロールによって峠道でも凶暴さは皆無。上質で実用的なエンジンと言えよう。

ハンドリングは、ニンジャZX-14RよりもニンジャH2 SX SEで9kg軽いこと、またクランクマスが少ないこともあってか、倒し込みや切り返しは見た目よりもはるかに軽快だ。舵角主体で旋回するイメージで、深く寝かさなくてもスイッと向きを変える。剛性の塊のようなニンジャZX-14Rとは対照的に、車体はしなやかでありながら常に路面を捉え続けてくれ、それでいて強いブレーキング時にフロント周辺の剛性不足を感じることは一切ない。高速巡航時の乗り心地は優秀で、大型スクリーンによる防風効果も高い。

(△)KQS(カワサキ クイック シフター)が後付け可ならSTDでもいいのだが…

ニンジャH2が300万円を超えるので、ニンジャH2 SX SEの237万6000円でもかなり安いと言えるのだが、標準モデルとの価格差(約38万円)を考えるともうひと声の感が否めない。STDにクイックシフターがオプションで追加できるようになればさらに売れそうな気も。

※追記:2019年STDモデルにおいて、オプションとしてクイックシフターを後付けできるようになった。

【結論】存在が唯一無二。速いだけでなく快適なツアラー

6000rpm以上でスロットルを急閉すると、ブローオフバルブが開いて「ヒュルルルッ」という音が響き渡る。外観や諸元はインパクト大だが、スポーツツアラーとしては正統派であり、この分野を得意とするカワサキらしい1台だ。

KAWASAKI Ninja H2 SX [2018]

【KAWASAKI Ninja H2 SX [2018] ●価格:199万8000円 ●色:黒】全高が55mm低く、車重が4kg軽い標準モデル。ニンジャH2 SX SEとの装備の違いは上に記したが、スーパーチャージャーをこの値段で味わえるのは魅力だ。

KAWASAKI Ninja H2 SX SE+ [2019]

【KAWASAKI Ninja H2 SX SE+ [2019] ●価格:277万5600円 ●色:灰×緑】ミラノショーで発表された最上位モデルは、ショーワと共同開発の電子制御サスペンション、ブレンボのモノブロックキャリパー、自己修復ペイントなどを採用。国内仕様は’19年2月1日に発売された。

●写真: 飛澤 慎
※取材協力:カワサキモータースジャパン
※ヤングマシン2019年1月号掲載記事をベースに再構成

関連する記事/リンク

カワサキ Ninja H2 SXの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

カワサキ Ninja H2 SX

カワサキ Ninja H2 SX

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 16 価格種別 中古車 7

本体

247.67万円

価格帯 221.9~260.78万円

本体価格

本体

213.02万円

価格帯 204.35~217.89万円

諸費用

11.41万円

価格帯 7.5~11.98万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

259.08万円

価格帯 229.4~272.76万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

大屋雄一

大屋雄一

記事一覧を見る

紙面版にて厳正なる新製品テストを担当するベテランジャーナリスト。