マシン・オブ・ザ・イヤー2018
約40年の隔たりもDNAは一致

【ホンダ6発】2018年のCBX900コンセプトと1976年のCBX1000コンセプト

直4やV4と並んでホンダ2輪のDNAと言える直列6気筒エンジンは、1960年代のGPレーサーを祖にしており、当時極東の小国だった日本が世界の頂点に立つに至った時代を象徴するメカニズム。そのスピリットを継承する意志は健在だ。

話題の直6CBは見送りか?!

1年以上前に本誌がスクープした直列6気筒のCB。2018年2月、ホンダが国内でインライン6のバイクに関する意匠登録を申請していたことがわかった。意匠公報に掲載されたのは、コンパクトな直6に片側3本出しマフラーを備えたカフェレーサーのCG。車体はパイプフレーム&倒立サスを採用し、ロケットカウルにシングルシートも採用されている。情報筋によると「今秋のショーには登場せず、まず意匠登録のみに留まるだろう」とのこと。登場はもっと先か? ※ヤングマシン2018年11月号(9月22日発売)より

【HONDA 意匠登録第1608222号】国内では2018年7月6日に公開された本田技術研究所による意匠登録CG。ラジエターや、真下からの絵にエキパイが6本確認できることから水冷直6だと分かる。前傾シリンダーや鋼管フレームなどはモチーフとしたであろうRC166のレイアウトを踏襲しているのが分かる。小型4灯のロケットカウルもRC風だ。

【HONDA RC166 1966年】’60年代GPレーサーの究極モデル。2ストローク勢が台頭してきた’60年代中盤もホンダは頑なに4ストを貫き、ついには直列6気筒マシンを完成させた。高回転、高出力化を実現し、’66年に全戦全勝を果たした。■空冷4スト並列6気筒DOHC4バルブ 249.43㏄ 60ps以上/18000rpm 112㎏

【HONDA CBX1000 コンセプトスケッチ ’76】後年展示された時のホンダによる説明文には「直列6気筒 CBX1000のイメージスケッチ。当時、まさにスーパースポーツの名にはじない夢のモンスターであった。6本のエキパイはやっぱり魅力的です」と書かれている。この時点からエンジンとフレームレイアウトはRC166譲りなのが分かる。

【HONDA CBX 1978年】’76年のコンセプトスケッチから実際に市販された姿はこちら。前傾直列6気筒に鋼管ダイヤモンドフレームというRC166の技術を採用しているところは、2018年の意匠登録CGと同じ。Xは「究極」を意味しており、高い志と美しさで伝説化した1台だ。■空冷4スト並列6気筒DOHC4バルブ 1047㏄ 105ps/9000rpm 247kg

【YM2017年6月号】唯我独尊の魅力が甦る!?

本誌独自の情報網で明らかになった、驚愕のホンダ並列6気筒計画──。まだ「企画」の段階であり、プロダクトとしてゴーサインが出ている計画ではない。ホンダの6気筒と言えば、思い浮かぶのはやはり’78年デビューのCBX(1000)。新たな計画では、新作の水冷直6 DOHC900ccを搭載する模様で、本誌ではこれを「CBX900」と命名したい。スタイルは、エンジンが際立つネイキッド、またはカウル付きが考えられるが、いずれにしてもネオクラシック系のコンセプトに基づき、仕上げられるようだ。

何と言っても6気筒の魅力は、外観とフィーリングに尽きる。往年のCBXは、大きく横に張り出し、前傾した24バルブ+インライン6の存在感で見る者を圧倒。その迫力は語り草になっており、今なおファンが多い。そして、ジェット機のような高周波エキゾーストノートを伴いつつ、4気筒さえ上回るウルトラスムーズかつ軽やかな回転フィールが味わえる。これらは直列6気筒ならではの美点だ。

それにしても、なぜ今6気筒なのか? 本誌の推察だが、「ホンダを代表するシンボル」であるからに他ならない。現在、直列6気筒を採用するのは唯一BMWのK1600シリーズのみ。だが、直6は元々ホンダのお家芸と呼べるエンジン型式。その源流は1960年代のホンダ黎明期にまで遡る──。 ※ヤングマシン2017年6月号より

【HONDA CBX900 予想CG】ホンダの歴史を体現するのであれば、CBXの源泉であるRC166をデザインソースとする可能性も。そこで、往年のGPレーサーを昇華した近未来的カフェをイメージしてみた。新旧ライダーの両方にアピールできるのでは? ※ヤングマシン2017年6月号より

ニュース提供:ヤングマシン2018年11月号/2017年6月号

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018