マシン・オブ・ザ・イヤー2018
“マジック9″を受け継いだ秀作

カワサキ新型Z900試乗インプレッション

’04年にZ750がデビュー。’13年にZ800へと進化したZシリーズのミドルモデルが、昨年Z900へとフルチェンジ。そして今年4月に国内販売がスタートした。カワサキ伝統のマジック9の走りやいかに。 ※ヤングマシン2018年8月号(6月23日発売)より

【〇】コンパクトかつ高出力、日常と興奮が共存する

Z1000よりもコンパクトで御しやすく、どんなシチュエーションでもオールマイティに楽しめる。これがカワサキのZ750やZ800に感じられた共通イメージだ。今回試乗したZ900はこのシリーズの最新モデルで、昨年デビューし、今年の4月に国内でも発売された。

搭載される水冷並列4気筒エンジンはZ750時代からZ1000をベースとしており、Z800まではストローク量が50.9mmだった。新しいZ900はZ1000と同じ56mmストロークとし、ボアを73.4mmとして排気量を948ccに設定している。これをベースに作られたZ900RSは圧縮比を下げるなどして最高出力を111psとするのに対して、Z900は125psを発揮。2次バランサーを採用しながらもあえて心地良い振動を残したというそのエンジンは、低回転域からトルクフルかつ直4らしいスムーズな伸び上がりを見せる。兄貴分のZ1000ほどの豪快さはないが、それでも210㎏の軽量な車体に125psものパワーは相当にパワフルだ。その一方で、スロットルレスポンスはどの回転域でも忠実で、さらにアシスト&スリッパークラッチの採用によって左レバーの操作力も非常に軽いなど、日常的な扱いやすさも持ち合わせている。ライダーの感性に訴えてくる吸排気音もポイントだ。

【KAWASAKI Z900 2018年型国内仕様 価格:95万400円(ABS標準) 色:灰×黒、赤×黒】Zシリーズ共通の“Sugomi”を継承。ホイールはハブ側をY字とした5本スポークで、ブレーキはフロントφ300mm、リヤφ250mmのペタルディスクを選択。なお、Z900RSに装備されるトラコンは非採用となる。

【〇】自然で扱いやすく、スポーティさも内包

ハンドリングもいい。スタイリング的にはストリートファイターに属するが、舵角の付き方やそこからの旋回力は非常に自然で、大型バイクビギナーでも扱いやすいもの。エンジンを剛性部材として積極的に活用するトレリスフレームは、しなりを感じさせるものの高速コーナーでも不安はなし。さらに足回りについては、Z900RSに対してフロントフォークの調整機構が簡略化されているとはいえ、動き自体にまったく不満はなく、スポーティな方向でうまくまとめられていると感じた。なお、ブレーキは前後ともコントローラブルで、フロントキャリパーはRSが採用するラジアルマウントではないものの、絶対制動力に不足なし。ABSの作動も良好だった。

【×】シートカウルが小さく積載性にやや難アリか

前下がりな座面によりライポジがややクラウチング気味に。攻めたい時にはしっくりくるが、街乗りやツーリングでは疲れやすいかも。それと、シートカウルがコンパクトゆえに、大きめのシートバッグやサイドバッグの装着は困難な可能性も。

シート高はZ800の834mmから795mmへとダウンし、足着き性は大幅に向上。上半身はZ1000やZ800よりアップライトになった。ライダーの身長は175cm、体重は62kgだ。

フラット&ワイドなバーハンドルを採用。ギヤ段数&シフトアップ、瞬間&平均燃費、航続可能距離などを表示する多機能メーター。回転計は3パターンの表示を用意する。

エンジンはZ1000ベースの水冷並列4気筒で、125psを発揮。Z900はZ1000と同じ56mmストロークのままボアを77→73.4mmにダウンし、排気量を948ccに。インテークファンネルは外側2本を50mm、内側2本を150mmに設定し、エンジン性能と刺激的な吸気音を両立。加速を耳からも楽しめる。

可能な限り直線で構成された13.5kgのダイヤモンドフレームは、エンジンを剛性部材として積極的に活用。アルミ製スイングアームは3.9kg。φ41mm倒立式フロントフォークは左側に調整機構を集約している。リヤサスはホリゾンタルバックリンクと呼ばれる方式で、前後ともプリロードと伸び側減衰力が調整可能だ。

タンデムシートはキーロックにて取り外し可能で、ETC2.0車載器が標準装備されている。

【結論】RSより30万以上安く、走りは同等に刺激的だ

直接のライバルとなりそうなのがヤマハのMT-09(100万4400円)だが、トラコンなど電子デバイスや足回りに差があり、やや分が悪そう。とはいえ、直4らしい加速フィールを求めるならZ900一択だ。純正アクセサリーも魅力的。

主要諸元 ■全長2065 全幅825 全高1065 軸距1450 シート高795(各mm) 車重210kg(装備) ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 948cc 125ps/9500rpm 10.0kg -m/7700rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量17L ■ブレーキF=Wディスク R=ディスク ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17

撮影:飛澤慎
ニュース提供:ヤングマシン2018年8月号(6月23日発売)

大屋雄一

大屋雄一

記事一覧を見る

紙面版にて厳正なる新製品テストを担当するベテランジャーナリスト。

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->