250スポーツバイクを特集した

ヤングマシン誌スクープが海外にも波及

2018年5月号(3月24日発売)の「激戦区最前線スクープ」特集の250SS-WARSがインドネシアの2輪メディアで掲載された。本誌掲載のCGがネットで引用されることはよくあるが、今回は印刷物になって特集された。

やはり250スポーツは世界の注目の的

スポーツバイクの熱烈なファンが多いお国柄として知られるインドネシアのバイク専門タブロイド「MOTOR PLUS」紙が、本誌5月号のスクープをほぼそのまま掲載した。本誌とは提携関係にある関係から実現した記事ではあるが、この取り上げ方からいかに現地が250ccスポーツバイクに注目しているかが分かる。CBR250RRを生産する国だけあって、ライバルの動向は大きな関心事となるのだ。ここでは、MOTOR PLUSにも掲載されたスクープの内容も一部紹介していこう。

表紙と次の見開きページで特集された本誌5月号の250スポーツのスクープ特集。「MOTOR PLUS」はインドネシア最大のバイクメディアと言われ、週刊で発行部数は約20万部、価格は60円前後だ。トップで取り上げられているスズキの記事の内容は下記に掲載した。

スズキ必殺の250は「油冷」超軽量スポーツか?!

赤字が続いていたスズキの2輪事業が、念願の黒字化を達成した(’17年度第2四半期=4~9月)。特にアジア地域の売上が好調。インドネシア発のGSX-R150が大ヒットし、セールスに大きく貢献したという。本誌としても実に喜ばしい出来事である。この勢いのまま、ぜひ250スポーツにも新風を巻き起こして欲しいものだ。

――現在、スズキは同クラスにGSX250Rを擁するが、ライバルとは一線を画す実用路線のキャラクター。長らくファンから次世代の250スポーツが待たれているのが現状だ。そこで調査したところ、ナント新作の「油冷シングルスポーツが企画中」との噂をキャッチした。スズキの油冷と言えば、オジサマライダーの大好物。’80年代の耐久レースを席巻したGSX-R750の系譜を連想させる。油冷の美点は、何と言っても「軽さ」。水冷より部品点数が少なく、軽量コンパクト化が可能な上に、低コストも達成できる。冷却性能は水冷に迫り、燃費はもちろん空冷より上。パワーに関しても、水冷並みが期待できるだろう。

さらにライバルと同じツインではなくシングルとなれば、相乗効果で軽くなる。水冷単気筒のニンジャ250SLは、ツイン最軽量のCBR250RRより15㎏軽い車重150㎏。油冷なら一段と軽量化できるに違いない。車名は、インドを中心にアジアで人気の「ジクサー」を襲名すると予想。現地の旗艦であるジクサー(154㏄)の次を見据えた超軽量スポーツとして、インドはもちろん、各国へグローバル展開されると本誌では予想する。(ヤングマシン5月号より)

【SUZUKI GIXXER250 スクープCG 予想登場時期:2018年秋 価格帯:調査中 デビュー可能性:50%】GIXXER=ジクサーとはGSX-Rの愛称で、これがそのままインドでは車名となった。日本にもネイキッド版のジクサー(154cc)がインドから輸入され正規販売されているので、このネーミングは聞き覚えのある人も多いはず。

現実的な特許に妄想&期待が高まる!

「噂」を裏付けるように、スズキから油冷に関する特許が続々と出願されている。’16年から断続的に国内の公開特許公報で明らかになっており、昨年9月には、燃焼室付近にオイルの冷却通路や、吸排気ポートの間に循環型のオイルジャケットを設けた油冷エンジンの特許が公開。これは燃焼室温度を抑えることで吸気効率を向上し、エンジン出力の改善を図ることが目的だ。

初代GSX-R750をはじめ、スズキ伝統の油冷エンジンは、シリンダーヘッドカバー内側のノズルから大量のオイルを燃焼室上面に噴射して冷却する方式だった。一方、近年公開された一連の特許を見ると、オイルを速い速度で循環させることで、よりシンプルかつ効率の高いシステムとしている。スズキは、’15東京モーターショーで油冷50㏄モペッドのコンセプトモデルを展示しており、こちらも循環型を採用。新型の油冷に意欲的と見える。

ちなみに、これら特許図面のバイクにインドの女性がまとうサリーの巻き込みを防ぐサリーガードが付けられていたことも車名を「ジクサー」とした理由の一つ。時代を超えて復活するスズキの油冷を、本誌は渇望している!

【右】昨年9月に公開された油冷の特許公報では、単気筒の上部にオイルクーラーを設置。オイルを送り込み、各部の通路を巡って冷却する。水冷のウォータジャケット構造は、通路に気泡が溜り、燃焼室が一部高温になる場合もあるが、オイルは粘性により気泡が留まらないのも利点。【中】吸排気ポートの間にある蛇腹状の部品がオイルジャケット。周囲をリング状に囲む部品もオイル通路で、燃焼室のスキッシュエリアなどを冷やす。【左】オイルクーラーから最初に排気ポートにオイルが送り込まれ、燃焼室、吸気ポートを通過して冷却した後、オイルパン、オイルポンプと循環する。

ニュース提供:ヤングマシン2018年5月号(3月24日発売)

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事