マシン・オブ・ザ・イヤー2018
発売日は4月2日で価格は据え置き

2018CB1100・CB1100RS・CB1100EXは新色投入

2017年モデルでフランジレスの新しい燃料タンクを装備したEXや、新たに17インチホイールのRSをタイプ設定したCB1100シリーズが、2018モデルで新色を投入することが2018年3月15日に発表された。

CB1100EX Type2は廃止されアップハンに一本化

CB1100シリーズは、2018年モデルで新色を投入するとともに、バリエーションの統廃合が行われた。まずSTDのCB1100は、グリップヒーターやETCを標準装備するEパッケージ仕様のみのラインナップとし、カラーリングは白を継続しつつ色味を変更した。スポークホイールのCB1100EXは、ローハンドル仕様のType2が廃止されアップハンドルのType1に一本化。カラーリングは、白、黄を廃止し赤は色味を変更、さらに新色の青を設定した。17インチホイールのCB1100RSは、従来の黒、灰、赤のうち赤を廃止し、新たに銀を設定した。

【HONDA CB1100 2018年型国内仕様 価格:122万400円 発売日:4月2日】従来のパールグレアホワイト→パールサンビームホワイトに変更。ETC車載器とグリップヒーターにメーターのインジケーターランプを装備した。

【HONDA CB1100EX 2018年型国内仕様 価格:133万8120円 発売日:4月2日】パールホークアイスブルーを新設定。またキャンディプロミネンスレッド→キャンディクロモスフィアレッドに変更した。

【HONDA CB1100RS 2018年型国内仕様 価格:137万8080円 発売日:4月2日】デジタルシルバーメタリックを新設定。中段のヘビーグレーメタリックUと下段のグラファイトブラックは継続色となる。

CB1100シリーズの特徴(リリースより)

CB1100シリーズは「 “鷹揚(おうよう)”ゆったり乗る・見せる・魅せられる」をコンセプトに、穏やかな出力特性の空冷直列4気筒1100ccエンジンを搭載し、二輪車本来の普遍性を感じるデザインを追求して開発。高い質感と扱いやすい乗り味でお客様の価値観や所有欲を満たす伝統的なネイキッドスタイルの大型ロードスポーツモデルとして熟成・深化してきました。

■CB1100シリーズ共通の変更点
・スポーツグリップヒーター、ETC車載器およびABSを標準装備
・カラーリングの設定を変更

■CB1100の変更点
・ETC車載器とグリップヒーターおよびインジケーターランプを標準装備。
・新たにパールサンビームホワイトの全1色を設定。
※パールグレアホワイトは廃止

■CB1100EXの変更点
・従来のローハンドル<Type 2>を廃止しアップハンドルのみ設定。
・新たにキャンディークロモスフィアレッドとパールホークスアイブルーの全2色を設定。
※キャンディープロミネンスレッド、パールサンビームホワイト、パールシャイニングイエローは廃止

■CB1100RSの変更点
・従来の車体色のグラファイトブラック、ヘビーグレーメタリック-Uにデジタルシルバーメタリックを新たに採用し、全3色を設定。
※キャンディープロミネンスレッドは廃止

※1 CB1100シリーズは、「Honda 二輪ETC標準装備車取扱店」で販売いたします。使用するにあたり、セットアップ、セットアップ費用および決済用のETCカードが必要になります
※2 ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナーなどの手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます

主要諸元(リリースより)


■道路運送車両法による型式指定申請書数値(シート高はHonda測定値)■製造事業者/本田技研工業株式会社
※3 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※4 定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※5 WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018