ラムエア搭載のレーサーがタイでデビュー

2018新型Ninja250がレースで198.1㎞/h

2018年型でフルモデルチェンジを果たし、国内では2月1日に発売したばかりの新型Ninja250が早速レースデビュー。アジアロードレース選手権にカワサキワークスのManual Tech Kawasaki Racingからただ一台参戦した新型Ninja250レーサーは、高いポテンシャルを秘めていそうだ。

ポテンシャルは高そう

2月4日にトリックスターレーシングのテストに密着した記事でもお伝えした通り、新型Ninja250はサーキット性能でも高いポテンシャルを秘めていることが明らかになった。フロントフォークは正立ではあるが37mm径→41mm径と拡大され、フレームも完全新設計となり軽量化。さらに最高出力は31ps→37ps(インドネシア仕様は39ps)に高められており、YZF-R25を上回りCBR250RRに迫ろうかという性能はヤングマシン4月号のテストに詳しい。これがレーサーになっても通用しそうなのだ。

マシンが発売したばかりとあって、3月最初の週末に開催されたアジアロードレース選手権に参戦できた新型Ninja250は、SS600を主軸とするワークスチーム「Manual Tech Kawasaki Racing(マニュアルテック カワサキ レーシング)」に帯同している一台だけ。まだ電気系のパーツが間に合ってないようで、レースに対応するECUは昨年型を使用しているとの情報だ。それでもエーテックのフルカウル+ラムエアダクトやBEETのフルエキゾースト、SHOWAの前後サス、ビトーR&Dのマグホイールなどでカッコよく仕上げてきた。

【KAWASAKI Ninja250 2018年型 Manual Tech Kawasaki Racing(上段のマシン)】右側のライト部分をくり抜いてラムエアダクトを設置。新型はシリンダーヘッドがダウンドラフトタイプとなっているためエアクリーナーボックスがエンジン上部にあり、ダクトを従来型よりも短くできる。2016年型のNinja250はトリックスターレーシングのマシンでYZF-R25に対して互角に戦った。新旧ともにエーテック製のカウルを使用している。

タイでの最高速は198.1㎞/h

2018年10月7日に開催されるモトGP・PTTタイランドグランプリの舞台となるチャンインターナショナルサーキット(タイ王国ブリーラム県)には約1000mの直線があり、そこで記録された新型Ninja250の最高速は198.1㎞/hと公式リザルトに記録された。前年のデータがないので比較できないが、トリックスターレーシングは2016年モデルで200㎞/hを記録(非公式、本誌テストでは204.5㎞/h)しており、それにかなり近いところまできている。また、最も速いCBR250RRとYZF-R25は202.9㎞/hをマークしており、その差は約5㎞/hというところだ。しかし、まだエアボックスはノーマル改の状態でさらにコンピューターチューンもこれからというところなので、まだまだ伸びしろはあるだろう。4月のオーストラリア戦に向けてはボックスとダクトがスペシャル品になるという。

ラムエアダクトだけでなく、ビッグラジエターやエキパイ部に膨張室らしきものが確認できる。フロントフォークはSHOWAのSFF-CA(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・カートリッジ)、リヤショックはBFRC-lite(バランス・フリー・リヤクッション・ライト)と思われる。レバー類はアクティブ、ステップはBEET、ホイールはJB-POWER MAGTANのカワサキ専用デザイン「JBK」を採用している。

レースはR25とCBRが1勝ずつ

土日に2レースを行うアジアロード選手権、土曜はYamaha Thailand Racing TEAMのYZF-R25、日曜はA.P. HONDA Racing ThailandのCBR250RRが優勝。新型Ninja250は、10位&7位という成績だった。それでもトップグループには位置しており、セットアップが進めば上位争いに食い込む勢いだ。また、パーツ開発が進めばさらなるポテンシャルアップも期待できるだろう。

外装のデザインを変更できるアジアロードレース選手権のAP250レーサー。今年のヤマハチームはYZF-R6のデザインに合わせており、なかなかの好印象。日曜にCBR250RR(44番)で優勝したのは女性ライダーのムクラダ・サラプーチ選手だ。

アジアロードレース選手権の公式サイトはこちら
写真提供:エーテック

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事