TRICK STAR Racingのテストに密着取材

2018新型Ninja250 VS CBR250RR全開試乗

本誌でもお馴染みトリックスターレーシングによる新型250ccテストが、2018年2月3日、愛知県のスパ西浦サーキットで実施された。2月1日に発売されたばかりの新型Ninja250と直接のライバルCBR250RRを持ち込んで山本剛大選手や鶴田竜二監督がポテンシャルを確認。速報でお届けする。

世界一のNinja250使い・山本剛大選手が試乗

2015年にNinja250でARRCチャンピオンを獲得した山本剛大選手は、昨年はトリックスターを離れてCBR250RRで参戦。メーカー直系チームがしのぎを削る状況の中で勝利を挙げた。カワサキとホンダの250スポーツを知り尽した山本選手のタイムと評価は、チームにとって今後の方向性を定める重要なニューモデルテスト。もちろんレーシングライダーとしての経験が豊富な鶴田監督も自ら乗って確かめ、今回はJP250に参戦の森俊也選手も参加した。

写真の2018新型Ninja250を駆る山本剛大選手は昨年ARRCランキング5位。早くも装着されたIKAZUCHIフルエキゾーストの試作品とタイヤはレースで指定されているダンロップα-13SPを装着している。対するCBR250RRも同条件+バックステップを装着。

まずパワーチェックでは新型Ninja250に軍配

ラップタイム結果の前に、まずノーマルのパワーチェックの結果は新型Ninja250がCBR250RRを上回るという結果になった。トリックスターレーシングのシャーシダイナモによる計測は、CBR250RR=33.99ps、新型Ninja250=35.20で約1.2psの差がついた。

トリックスター測定、マフラー未装着のノーマル状態でのパワー比較。青が新型Ninja250で赤がCBR250RRの出力カーブ。高回転域で約1.2psの差がついた。

ラップタイムではCBR250RRに軍配

2月2日のパワーチェックを経て、2月3日にサーキットテストという強行軍にIKAZUCHIエキゾーストまで装着したトリックスター。ホームコースとも言えるスパ西浦のタイムは以下のようになった。タイムは山本選手のものだ。

●午前(正回り、ウエットパッチあり)
CBR250RR 1分00秒48
Ninja250  1分01秒42
●午後(逆回り、ドライ)
CBR250RR 59秒63
Ninja250 1分00秒46

1秒弱の差をつけてCBR250RRが新型Ninja250を上回っている。しかし、鶴田監督、山本選手ともに「思ったよりも良かった。カワサキやるよね」というコメント。マフラーはとりあえず形にしたという状況でCBRと遜色ないレベルなので、「伸びしろはある」というのが二人の第一印象だ。レーシーに振らなかったマシンのコンセプトや車両価格をキープした新型Ninja250だが、パワーやラップタイムでもCBR250RRと互角の勝負を見せることが今回のテストで明らかになったと言えるだろう。本誌4月号でも独自にテストを実施して新型Ninja250のポテンシャルを確認していく予定なので注目して欲しい。

左から山本剛大選手、鶴田竜二監督、森俊也選手。トリックスターレーシングのインプレッションを含めたテストレポートはヤングマシン4月号(2月24日発売)で掲載する予定だ。また、このテストの模様は、YouTubeのトリックスターチャンネルでも2月5日以降に放送する予定とのことなので注目!

取材・撮影:山下博央
取材協力:トリックスター

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事