スーパーカブ生産1億台記念のお祭りレース!

マルケスのガードレールキックターン炸裂!!

MotoGP最終戦、ヒジ&ヒザであわや転倒から驚異のリカバリーを見せたチャンピオン=マルク・マルケスが、ホンダのお祭りで日本凱旋。またもやとんでもない走りを❝やらかした❞決定的瞬間を本誌は目撃した!

MotoGPライダーがカブで激走!

12月3日(日)ホンダレーシングサンクスデーがツインリンクもてぎで開催。ホンダのライダー&ドライバーがズラリと勢ぞろいした本イベントで、スーパーカブのシリーズ世界生産、累計1億台を記念したエキシビジョンレースが執り行われた。出場選手は鈴木亜久里氏、成田亮、藤波貴久、マルク・マルケス、ダニ・ペドロサ…etc、合計14人だ。

4輪&2輪、オン&オフ、若手&レジェンド、まさに「ごった煮」! 共通点は「カブ」だけのカオスなお祭り! イコールコンデション、空冷OHCによるバチバチなドリームマッチの火蓋が切って落とされた! 恐ろしく静かに!

そして最後のコーナー(実はピットロード入口)、見るからにオーバースピードで進入したマルケスが❝魅せた❞のは「バリ伝」を彷彿とさせるガードレールキックターンばりのコーナリング。実際に足が出ていたかはさておいて、明らかに狙ってやったと思われる新ワザ。2018シーズンにはこんなシーンも見られるのか?!

(みんながショートカットして走っているのを見て、ヘルメットの中で笑いっぱなしだったよ! こんな機会はめったにないからね!ーダニ・ペドロサ)
(モトクロスの選手は、ついついグラベルを走ってしまうんだねー! とにかく楽しかったよ!ーマルク・マルケス)

クレバー?! なモトクロス組のショートカットにより、2周目最終コーナーでの順位はマルケス、成田、ペドロサ。そして顔色ひとつ変えず、スルスルトトト、と走り続けるカブが3台。異様な光景である。

華麗なガードレールキックターン?! で魅せるマルケスは終始テンションMAX。カブでもバリバリっすね。動画は最下段に設置。(落書き…もといイラストは編集部ホリ、美術2)

結果は〜って、もはやどうでもいいことだが、ペドロサが1位でチェッカーを切った。ただ、MotoGP組は最後尾からのスタートだったにもかかわらず、1周でトップ争いに参加…。分かってはいますが、なに乗っても速いんスね。恐るべし! めっちゃオモシロだったので、来年もワンメイクが見たい!

レースに使用された、レプソルカラーのスーパーカブ。カラーリングは細部まで徹底されていた。

ケーヒン(小暮卓史カブ)や無限(伊達悠太カブ)、オートバックス(鈴木亜久里カブ)など、選手によってオリジナルカラーを施し、ファンを目で楽しませた。

ホリ

ホリ

記事一覧を見る

ビンテージ・モトクロス好きの本誌若手編集部員。言われたことはなんでもこなす万能タイプ。現在は映像班リーダー。
■1989年生まれ
■YAMAHA SDR(1988)

この著者の最新の記事

関連記事