ミラノショーで新型が発表

2018新型YZF-R1/Mがダウンシフト対応に

2015年登場し一大センセーションを巻き起こしたYZF-R1/Mが、2017年モデルでのユーロ4対応を経てついにマイナーチェンジを実施。念願のクイックシフターで念願のダウンシフト対応を果たした。

ダウンシフト導入と同時にECUも改良

2015年デビューのYZF-R1/Mは、自社開発の6軸センサーを装備した電脳装備を誇り、ほぼフル装備と言ってもいい完成度を誇っていたが、唯一泣き所があった。それがクイックシフターのダウン側で、次のモデルチェンジでの搭載が期待されていた。そしてこの2018年モデルでついにQSS=クイックシフトシステムのアップデートを果たした。もちろんダウンシフトの対応で、これでクラッチを握らずにシフトダウンができるようになる。またメーター上でモード12の設定ができるので、走行シーンに最適なセットアップも可能となる。さらには、ダウンシフトの対応に合わせてECUのマッピングも改良され、LIF=リフトコントロールもより洗練されたものになっている。

ロッド上にあるのがQSSのスイッチ。感度や硬さなど自然な操作感を実現するために各社が工夫を重ねている部分だ。

【YAMAHA YZF-R1 2018年モデル】外観上での違いは見られない。

2018新型YZF-R1のカラーバリエーションは2017年と同じ青と黒の2色。青=レースブルー、黒=テックブラックが欧州での色名、青=チームヤマハブルー、黒=レイベンが北米での色名でともに2017年と同じ。グラフィックは変更されている。

 

R1MはオーリンズスマートEC2に進化

YZF-R1Mに装備されているオーリンズ製のERS=エレクトロニックレーシングサスペンションは、6軸センサーの情報をベースにアクティブに減衰力を調整することができるシステムで、スマートECと呼ばれている。2018年型R1Mにはこれの2.0バージョンが搭載され、ブレーキ、コーナリング、加速とそれぞれの状況でのセットアップが可能となった。

【YAMAHA YZF-R1M 2018年モデル】2017年モデルでユーロ4に対応したのを除くと初めてのモデルチェンジが実施されたことになるが外観上の違いはない。

オーリンズの電子制御サスペンションは制御系が進化。ドゥカティのパニガーレV4 Sと同じスマートEC2.0を採用する。

 

カラーバリエーションは1色でシルバーブルーカーボン(北米はカーボンファイバー×リキッドメタル)の色名は変わらず。アンダーカウルの色が銀→黒になっているのが外観上の違い。

 

YZF-R6には’18新色登場

2017年型で10年ぶりに刷新されたYZF-R6も新色に。他のRシリーズと同じ欧州は青と黒の2色がラインナップされており、アメリカが3色展開なのも2017年と同様だ。

【YAMAHA YZF-R6 2018年モデル】アメリカのカラーバリエーションは3色。上からチームヤマハブルー、マットグレー、インテンシティホワイト×マットシルバー。2017年型のマットブラックが廃版になりグレーになった。ホワイトは色名は変わらないがホイールが黄→黒となった。ブルーは銀とのツートンが黒に。

欧州仕様の2色。レースブルーはアメリカと同様の変更でテックブラックは継続。

手前からR1、R6、R3。ヤマハのレースを象徴するブルーはYZF-Rシリーズの共通カラーだ。

 

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事