日本GPヤマハブースで国内初公開!

2018新型マジェスティSはフルLEDライト

NMAX155の登場でその役割を終えるかと思われた同じ155ccスクーターのマジェスティSが、平成28年排ガス規制に対応するとともに外観上もイメージチェンジを図った2018年モデルを国内で発売することが明らかになった。本日、10月13日から走行が始まる日本GPのヤマハブースに展示されている新型を従来型と比較してみよう。

正式発表は10月25日、発売は年始頃か

日本GPが開催されているツインリンクもてぎのヤマハブースに突如現れた2018年型マジェスティSは、正式発表に先駆けた展示で詳細はまだ明らかにされていない。情報によると、正式発表は10月25日で価格や発売日、カラーバリエーションなどはその時に明らかになるだろう。発売は年始頃を予定しており今回展示された白を含めてカラバリは4色程度になるという。2017年にはNMAX155が発売されスクーターはMAXシリーズに統一していくと思われたが、ステップスルータイプも乗り降りのしやすさや積載性などのメリットから根強い人気があり、国内続投が決まったようだ。排ガス規制に対応するとともにフルLEDヘッドライトでイメージも刷新。250は生産終了がアナウンスされたが、155が「マジェスティ」の名を残していくのだ。

【YAMAHA 上:2018新型マジェスティS 展示写真 発表予定日:10月25日】今回最も大きな変更点は見ての通り、ヘッドライトだ。スクーター王国として有名な台湾生産で現地ではSMAXの名前で発売されている人気シリーズだ。

テールまわりのデザインは踏襲しているが、従来型最終モデルからLEDテールランプ内のカラーがメッキ→ブラック系になっておりイメージが引き締められている。フロントブレーキは新旧で変わっていないようだ。

12V電源追加で利便性アップ

排ガス規制対応でもスペックに変更はほとんどないという。一方でヘッドライト他ディテール面は向上している。最大の追加はキーシリンダー近くに12V電源を設置したことだろう。フロントポケットにスマホを入れて充電したり、電源につないだままハンドルにスマホをマウントしナビを表示させたりなど利便性がアップ。シート下はフルフェイス1個+αのスペースはそのままキープ、シャッターつきメインキーなども踏襲している。

新型のフルLEDヘッドライトは内側2つがロー、外側2つのプロジェクターがハイビームで、ハイビーム時には4つが点灯する。ポジション灯はライン発光のLEDに変更された。フロントもレンズ内を反射部以外はブルーにカラーリングしており、かなり新鮮な印象だ。ウインカーは電球タイプで従来型でポジション灯があった位置に移動している。

新型はキーシリンダーの下に12V電源を追加。その下がポケットになっておりスマホの充電に配慮している。その他の装備は新旧とも変わらず。

排ガス規制対応とともにマフラーのデザインを刷新、直線基調のシャープな造形となった。ラジエターカバーのフィンの枚数が変わっているのも外観上から分かるポイントだ。水平マウントのリヤサスやブレーキは新旧変わらずと思われる。

こちらは新型のメーター。レッドゾーン回転数や計器、表示類も新旧で違いは見られないようだ。日本GP決勝が終わる10月15日まではヤマハブースに展示されているので、気になる人は要チェック!

 

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事