ヤマハ3気筒ありそうでなかった

XSR900がカウル装着でスポーツ度アップ

アメリカで発表されたXSR900ベースのヤードビルトカスタム。

9月21日、北米ヤマハが新しいヤードビルトカスタムを発表した。ヤマハのカスタムビルダーとして草分け的存在のJeff Palhegyiが今回手掛けたのはXSR900で’70~’80年代に活躍したTZ750にインスパイアされた一台だ。

こんなXSR900の市販版も希望したい

2014年にMT-09が発売されて以来、未だに実現していない3気筒フルカウルスポーツ。実際にそんなモデルが発売するかどうかは別として、ヤードビルトカスタムでついに形になった。元ヤマハスタッフというキャリアをもつJeff Palhegyi氏が手掛けたXSR900は、センターのカウルが省略されているがシルエットはフルカウルスポーツそのもの。デザインはオーセンティックとし、往年のTZ750がモチーフだ。

カラーリングはもろTZ750イメージ。ワイズギアから発売されているオーセンティック外装も元ネタは一緒だ。写真はボンネビル・ソルトフラッツで撮影された。

ディテールも抜かりなくスポーティに

外観だけでなく、足まわりは現行R1用のダイマグを採用するなど、走りはXSR900から更なるレベルアップを図っている。公表されたカスタム内容一覧は以下の通りだ。

•YZF-R1用ダイマグホイール(アクスルシャフト、スプロケット、スペーサーは取り付けのためにJeff Palhegyi Designsが製作)
•Graves Motorsportsチタン排気システム
•Graves Motorsportsクリップ式ハンドルバー
•佐藤レーシングステップセット(日本では「ベビーフェイス」ブランド)
•ブリヂストン製バトラックスレーシングストリートRS10タイヤ
•Mead Speed vintageガスキャップとフロントスクリーン
•Howard McKeeカスタムシート
•ドライブチェーン&スプロケット
•Benny Floresによるカスタムペイント

他にも写真で確認する限り、YZF-R1やMT-10、YZF-R6と同様のKYB製フロント倒立フォーク、ブレンボキャリパー、オーリンズ製リヤショックの装着が確認できる。スーパースポーツほど突き詰めずにサーキット走行やスポーツ走行を楽しむにはちょうどよさそうな仕上がり。また、スーパースポーツのイカつい外観は苦手という向きにもこのパッケージはマッチするだろう。この路線で市販版も期待したいがどうだろうか?

クラシックな外装と走りに振ったパーツが絶妙なバランスを見せる。メーターはXSR900のノーマルでトップブリッジはR1用。Sato Racingのステップは日本ではベビーフェイス名でリリースされており、大阪ゴールドのカラーリングが売りだが、このブラック仕上げも渋く決まっている。

ニュース提供:北米ヤマハ

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事