水冷になって帰ってきた!

2018新型ボンネビルスピードマスター発表

  • 2017/10/5

【TRIUMPH Bonneville Speedmaster 正式写真 予定発売時期:2018年初春】 左はハイウェイキット、右はマーベリックキットとVance&Hinesエキゾーストキットのオプション装着車。

レイドバックスタイルのクルーザーとして定番のボンネビルスピードマスターは、並列ツインシリーズの中でも最もゆったりとしたライディングポジションのモデル。2016年にボンネビルシリーズが水冷化されてから2年、2018年モデルでラインナップに復帰することが発表された。

同時発表されたボバーブラックの装備を採用

10月4日、スピードマスターと同時に発表されたボンネビルボバーブラックは、WディスクやLEDヘッドライトなどの上級装備を搭載していたが、スピードマスターも同様だ。310mm径のブレーキディスクにはブレンボの2ポットキャリバーがセットされ、41mm径のカートリッジ式フロントフォークがこれを支える。特徴的な5インチのフルLEDヘッドライトも共通装備となる。エンジンの最高出力もボバーブラックと同じ77psで、空冷だった2015年式スピードマスターよりも25%もパワーアップしているのだ。

スピードマスター独自の装備は、ヘッドライトナセルやビーチバーハンドル、フォーワードフットコントロールなどで、クラシックカスタムデザインとゆったりとした「レイドバックライディングスタイル」を実現している。また、航続距離を考慮した12Lの燃料タンクを装備し、タンデム→シングルへの交換が簡単に行えるシートで利便性も確保する。

5インチフルLEDマルチファンクションヘッドライト。ハイビームおよびロービーム、フロントポジションライトにトライアンフ独自のLEDポジションランプを追加している。

カラーバリエーションは黒、赤、白×黒の3色をラインナップする。上からジェットブラック、グランベリーレッド×ジェットブラック、フュージョンホワイト×ファントムブラックだ。

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ