KUSHITANI RIDING METHOD|KUSHITANI LOGS

エンジンの回転、ドコを使うのが楽しい? – ライテクをマナボウ ♯17

いまどきのバイクのエンジンは、高回転まですごい勢いで回転が上がる。たくさん回した方がスポーティに走っている満足感もある……のだけど、実際はとんでもないほどスピードが出ちゃって内心ドキドキ。本当のところ、どれぐらいの回転数で走るのが良いんだろう?

●文/まとめ:KUSHITANI LOGS

いまどきのビッグバイクは猛烈にパワーがある

2ストレプリカ全盛期の80年代は、スポーティに走るには「パワーバンドをキープ」と言われたこともある。パワーバンドとは、文字通りもっともパワーを発揮できる回転域のことで、一般的には最大トルクを発生する回転数から最高出力を発生する回転数の間を指す。バイクのスペック表を見ればわかるが、けっこうな高回転だ。

しかし現在のスポーツバイク、とくにビッグバイクでそんな回転域まで回したら、文句なしに速いのは間違いないが、公道ではあり得ないスピードが出てしまう。そして何より、自分の意思できちんとコントロールできない領域になってしまう。

それでは何回転くらいで走るのが気持ち良くて楽しいのか? じつはいまどきのビッグバイクなら街中やツーリングで走るワインディングなら3000~4000回転がいちばん美味しい回転域だ。


※本記事は”ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事


WEBヤングマシン|新車バイクニュース