第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

標準タイヤ以外も楽しいぞ!

【Q&A】ツーリングタイヤとハイグリップタイヤは何が違う? スーパースポーツにツーリングタイヤはアリ?【バイクトリビア019】

タイヤが減ったらもちろん交換。なんとなく「標準タイヤ」が間違いないだろうと、新車時と同じ銘柄をずっと履いているけれど、違うメーカーやカテゴリーの異なるタイヤを履いたら、何か良いコトがあるの? 乗りにくくなったり、安全じゃないのは困るんだけど……。


●文:伊藤康司 ●写真:ホンダ、ヤマハ、ブリヂストン



新しいタイヤはナニがいい?

新車時に装着されているタイヤは、バイクメーカーとタイヤメーカーが共同で開発したり、バイクのキャラクターや性能に合ったタイヤを選定している。だからタイヤ交換の際に「間違いのない選択」として標準タイヤを選ぶのはまったく問題ない。

とはいえタイヤメーカーからは、レースにも使えるようなハイグリップタイヤから、サーキット走行も楽しめるスポーツタイヤ、雨天や寒い時期でも滑りにくく寿命の長いツーリングタイヤなど、様々な種類のタイヤが発売されている。どうせ交換するなら、今までとは違うタイヤを選ぶのもオススメだ。

タイヤ

ブリヂストンのオンロードスポーツタイヤの一例。この他にもハイグリップでサイズが豊富なRS10や、S22の前身であるS21、ツーリングのカテゴリーには80年代の旧車にもマッチするバイアスタイヤのBT46等を用意し、さらにクルーザー用やアドベンチャー用など多彩なラインナップを誇る。 [写真タップで拡大]

逆にいうとイロイロあり過ぎてわからない……という人もいるだろうが、そんな時こそヤングマシン当WEBのタイヤインプレッションをご覧になって頂きたい。サーキットでのスポーツ走行のインプレッションも大事だが、ストリートでの使い勝手や乗り味などを自分の使い方や乗り方に照らし合わせて読み解くと、大いに参考になると思う。

また「飛ばすワケじゃないし、自分にはタイヤの違いなんてわからない」と思っている方もいるようだが、タイヤ内部のカーカスやベルトの構造からコンパウンド(タイヤのゴム)の種類、トレッドパターン(表面に刻まれた溝)まで、どのタイヤメーカーも使用するシーンにとことん拘って開発しているので、どんなスキルのライダーでも、タイヤによる乗り味の違いはまず間違いなく感じることができる。そして自分の好みに合ったタイヤが見つかると、ライディングの楽しさが大きく変わる。

スーパースポーツにツーリングタイヤを履くのはありなのか?

先に答えを言ってしまえば、全然OK! レースに参戦するとかサーキットでタイムアタックする、というなら話は別だが、いわゆるスポーツライディングを楽しむような走りならサーキット走行も問題ない。なんとなく「ツーリングタイヤは減らないけどグリップ力が乏しい」と思っているライダーもいるようだが、それはかなり昔の話だ。

以下、スーパースポーツにツーリングタイヤを履いた際のメリットをあげてみよう!

●温度依存が少ない
走り始めたばかりや、急な雨などでも安心。特に冬のツーリングでは常に安心感を得やすい。ハイグリップタイヤは、暖まらないとどうしてもグリップ感が得られず、身体に力が入ってしまうがそんな緊張するシーンが減る。

●ハンドリングが穏やかになる
ハイグリップタイヤはタイヤのラウンド形状が尖っていてハンドリングはクイック。対してツーリングタイヤはタイヤのラウンド形状が緩やかなので、ハンドリングが穏やか。スーパースポーツでもメインのシチュエーションがツーリングや市街地ならツーリングタイヤが快適。

●ライフが長い
グリップを優先せざるを得ないハイグリップタイヤはどうしても柔らかいコンパウンドが必要になる。ツーリングタイヤはライフも重視しているため普段使いにも優しい。

逆にネイキッドにハイグリップもあり!

そういう意味ではネイキッドにハイグリップタイヤを履くのもあり。とくにビッグネイキッド系なら明らかにハンドリングが軽くシャープになるので、スポーツ走行でレベルの上がった走りを楽しめるだろう。ただしハイグリップタイヤは温度管理(タイヤの温め)をきちんとしないと存分に性能を発揮できないこともお忘れなく。

近年開発されたタイヤは、どのカテゴリーでも本当に驚くほど進化しており、またそのカテゴリーでしか性能を発揮できないわけではない。たとえばツーリングタイヤでも十分なグリップ力やスポーツ性能を備えたうえで、ツーリングに適したウエット性能や耐久性などに特に優れているというわけだ。また、昔のハイグリップやスポーツタイヤは極端に寿命が短かったりウエット路面に弱いものも少なくなかったが、これらの性能もツーリングタイヤには及ばないものの現在は随分と向上しているのだ。



とはいえタイヤのサイズは守ろう

どんなタイヤを選んでも楽しめるというものの、サイズは標準装着タイヤと同じものにしよう。たとえば純正のホイールのままで、標準装着タイヤより1サイズ太めのタイヤ(反対に細いタイヤも)を履くことは物理的には可能だし、同じタイヤ幅で異なる扁平率のタイヤを装着することもできる。

しかし幅の異なるタイヤを履くと、タイヤのプロファイル(断面の形状)が本来の形状と変わるため、大幅に乗り味が変わってしまう。同じタイヤ幅で扁平率を変えた場合も然りだ。これが良い方に変わればラッキーだが、そもそも狙ったハンドリングの設計から逸れるので、悪い方に変化するパターンの方が多い。それに乗り味の変化がタイヤのブランドやカテゴリーを変えたからなのか、サイズが変わったからなのかを判断するのも難しい。なので「太い方がカッコイイ」みたいな理由で安易なサイズ変更はしない方が良い。

というワケで、タイヤのサイズは幅だけでなく表記されている数字すべてを、標準装着タイヤと同じものを選ぼう。もし装着したいタイヤに適合するサイズが無ければ、そこは素直に諦めた方が無難だ。

タイヤの表記

タイヤ サイズ表記

上はカワサキNinja ZX-10Rの後輪のサイズ表記で、近年主流のラジアルタイヤのメトリック(ミリ)表示の例。タイヤを交換する際には、同じ表示のタイヤを選ぼう。 [写真タップで拡大]

タイヤには「賞味期限」がある

話は前後するが、そもそもタイヤタイヤの交換時期はいつなのか? よく言われるのが「スリップサインが見えたら交換」だ。とはいえスリップサインはタイヤの性能を保証するものではなく、スリップサインがタイヤ表面と同じ高さになったら溝の残りの深さが0.8mm以下になっているというサイン。

これは道路運送車両法で定められた使用限界なので、交換しないと違反になるというサインだ。だからスリップサインが見え始めたらできるだけ速やかに交換するのが楽しく乗る上でも安全のためにも大切だ。

そしてタイヤの溝が十分残っていても、製造から3年経ったら「賞味期限」が来たと考えて交換しよう。タイヤのゴムは大気中のオゾンや太陽の紫外線によって徐々に劣化するため、摩耗していなくてもグリップ性能やダンピング性能が落ちてしまうからだ。ぜひ愛車のタイヤの製造時期をチェックしてみよう。

スリップサイン

スリップサイン
○で囲った部分がスリップサインで、タイヤの溝の中に何カ所かある。タイヤが摩耗してくると溝が浅くなりスリップサインが見えてくる。 [写真タップで拡大]

製造時期の表記

製造時期の表記
タイヤの側面(どちらか一方)に刻印されている4桁の数字が製造時期。最初の2桁が製造週で残りの2桁が製造年。上図の表記であれば2020年の6月半ばに製造されたタイヤだ。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース