ツーリングの会話が楽しい!他社インカムとも簡単に接続できる最強のユニバーサル接続はB+COMだけの「二刀流」

  • 2022/02/24 19:00
  • BRAND POST[PR]: サイン・ハウス

●BRAND POST提供:サイン・ハウス

近年スマートフォンをはじめとする便利なBluetoothアイテムが身近となり、また、海外インカムブランドの国内販売も増え、最近はインカムユーザーが増加中です。

バイク用インカムは各メーカーが独自の通話方式を採用し、「同メーカー・同モデル」が接続の基本となり、より高いパフォーマンスでインカム接続を楽しむことができます。

しかし、ユーザーが増えたことで、仲間同士でも別メーカーのインカムを持っているなど、他社との接続方法について注目が集まっています。

そこで、B+COMが持つバイク業界唯一のユニバーサルインターコール・レシーブ機能を持つ「ユニバーサル接続」についてご紹介します。

B+COMの通話機能

B+COMの通話機能


★「ユニバーサル接続」とは…?
他社Bluetoothインカムやヘッドセットとの通信ができ、最近のバイク用インカムの多くが搭載する便利な機能で、各メーカーの独自通話機能とは異なる汎用性の高い通話機能です。

B+COMだけが持つ2つの「ユニバーサル接続」機能

B+COMは2つのユニバーサル接続機能を持つことにより、より多くのインカムと接続が可能です。

一般的に、「他社」のインカムやヘッドセットと接続する際は「ユニバーサルインターコール」機能で相手機種と接続します。相手機種は「携帯電話」を接続する方法でペアリングをします。

一方、B+COMは唯一「ユニバーサルインターコール・レシーブ」機能も持っており、「ユニバーサル接続」機能を持つ他社インカムとは、相手機種の「ユニバーサル接続」方法でペアリングができます。

B+COMなら他社インカムと通話中もデバイス接続ができる

B+COM独自の「ユニバーサルインターコール・レシーブ」機能は、ユニバーサル接続中もスマートフォンなどのデバイス接続が可能です。また、B+COMと接続した他社インカム側にも「ユニバーサル接続とデバイス接続の同時使用」の機能があれば、お互いにデバイスとの接続ができます。

しかも、他社インカムの橋渡しが可能!

B+COM独自の「ユニバーサルインターコール・レシーブ」機能は、B+COM 1台で最大2台の他社インカム同時接続が可能です。

今回ご紹介した「ユニバーサル接続」機能は、より多くのインカムと接続できる便利な通話機能です。しかし、汎用機能となるため、相手機種によって接続・呼び出し操作が異なり、音質や距離の劣化などが生じやすいためご注意下さい。

まとめ

現在販売している「SB6X」「ONE」は、より多くのアイテムと接続できる機能を持っています。
でもやっぱり通話は、「B+LINK(ビーリンク)」が一番!
ペアリング・接続も簡単で、ナチュラルでクリアな会話をみんなで楽しむことができます。


※本記事はサイン・ハウスが提供したもので、一部プロモーション要素を含みます。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。