とにかく明るい!暗い夜道も安心で安全のオートバイ専用LEDヘッドライトはH.I.Dを凌ぐ明るさ!

  • 2021/12/01
  • 【BRAND POST】サイン・ハウス

●BRAND POST提供:サイン・ハウス

最近のオートバイは高性能化が進み、LEDライトを純正装備されている車種が増えています。

しかし最近人気の中古車等ではハロゲン装着車もまだまだ多く存在しています。そこで明るく安心をお求めのお客様におすすめしたいのが「LED RIBBON REVO(エルリボン レボ)」です。

「LED RIBBON REVO」のおすすめポイント

明るさは純正の約3倍、H.I.Dに匹敵する明るさ
  純正ハロゲン1000lm/LED RIBBON REVO 約3000lm

消費電力は省電力でバッテリーへの負担を激減
  純正ハロゲン55w/LED RIBBON REVOは約29w

寿命はハロゲンの約100倍!ロングライフ設計
  ハロゲン400時間/LED RIBBON REVO 約40,000時間
  ※LED単体の寿命でありバルブシステムの寿命を保証するものではありません。

保安基準対応
  車検同等の保安基準に対応します。

新次元の明るさを誇るLED ヘッドライトバルブ「LED RIBBON REVO(エルリボン レボ)」

特許取得の従来技術を進化させたデュアルヒートパイプによる冷却システムは、銅製基板を2 本の銅製ヒートパイプで挟み込み半田溶接するという前代未聞の独創的なシステムを採用しています。

また、発熱する発光部にヒートセンサーを搭載し、高温時には出力を下げて発熱を制御。LED の寿命低下を抑止します。

必要なところに必要な光を届け、かつ広い視界と高い視認性も確保

LED RIBBONのこだわりは、高輝度LEDの性能を最大限に活かせるようリフレクターの使い方を計算し、欲しいところに十分に光を届け、視認性・被視認性のどちらも高めることのできる配光を実現しています。

特に、Hiビームではハロゲンバルブよりもワイドに照らすことができ、郊外や山道の暗い道路や住宅街等の路地走行も、強く遠くまで照射します。また、カットラインを明確にし、余計な光を上に漏らさないので対向車から見てもまぶしくありません。

ハロゲンの明るさ

ハロゲン の明るさ [写真タップで拡大]

LED RIBBONの明るさ

LED RIBBONの明るさ [写真タップで拡大]

取付けもシンプルで簡単、高い防水性と耐久性

バルブ、リボン状ヒートシンク、コントローラーと、部品点数の少ないシンプルな構造で、ほとんどの車両に加工することなくそのまま取付けすることが可能です。H4型バルブの多くの車両では、純正の防水ブーツをそのまま使用できます。

また、H7型バルブの車両では、灯具がフタで密閉されているタイプのバイクでヘッドライトをLED に交換する場合、すき間が生じ防水性が低下してしまうデメリットがありましたが、「H7 type2」にはフレキシブルのゴムブーツが付属されており、へッドライト本来の防水性を保つことができます。

まとめ

ただ明るいだけではなく、ハロゲンバルブのフィラメントに近い「ベスト」な配光で夜間走行も安心できる「LED RIBBON REVO」。特にHiビームはハロゲンの照射域を3倍明るく照らすことができ、街灯が少ない郊外や山道などで十分なパフォーマンスを発揮します。

また、6500K(ケルビン)のラグジュアリーな白色光は、対向車からの視認性もよく、より夜道を安全・安心に皆様のバイクライフを心強くサポートします。

※本記事はサイン・ハウスから寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ホームインディアン「チャレンジャー」 デザイン責任者インタビュー
WEBヤングマシン|新車バイクニュース