「B+COM」のあるバイクライフ <ソロツーリング編>

  • 2021/11/09
  • 【BRAND POST】サイン・ハウス

●BRAND POST提供:サインハウス

オートバイは、どこかに愛車と一緒に「行ける」「巡る」ことが魅力的な乗り物です。

気軽に一人で「ふらっと」、時には家族や仲間と「ワクワク」しながらと、ライダーの楽しみはやっぱりオートバイに乗ること。バイクライフの楽しみの1つであるツーリングには、バイク用Bluetoothインカム「B+COM」があると旅路の想い出がより深まります。

そこでバイク乗りが集うサイン・ハウスの中でも、特にソロツーリングが得意な社員が休日に過ごす「B+COM」ライフをご紹介します。

気ままの日帰りツーリング

予定がない、朝目覚めてやることがない休日は、道の駅への日帰り旅

スマホアプリの「Yahoo! カーナビ」や「Googleマップ」などで行先を設定すれば、「耳」でナビ案内を確認することができます。

また、ナビアプリと同時に音楽アプリを立ち上げて、その日の気分に合わせた曲を再生すれば、気軽に1人の自由な時間を楽しむことができます。

予定をしっかり立ててのツーリング

夏休みなどに遠方の景勝地や観光地を巡るロングツーリング。知らない土地でも「B+COM」が大活躍します。

充電を気にすることなく、専用品ならではの細かいガイドをしてくれる「Bluetoothバイク用ナビ」を使えば、お気に入りの音楽をナビに取り込んで、楽しみながら目的地まで移動ができます。

また、知らない土地では「バイク用レーダー」も大活躍。
「B+COM」なら、デバイスを同時に2台接続ができるので、ナビの音声・音楽を聴きながら、レーダーの警告を受信することもできます。

※利用するナビ・レーダーの機種により、同時使用不可の場合がございます。

一期一会に大活躍

旅先で知り合ったソロライダーとの会話が弾み、この先どっちに進むか聞いたら同じ方向だった時。

相手が他社インカムでも「B+COM」なら独自の「ユニバーサル接続」機能で、束の間のライディングを一緒に楽しむことができます。

相手機種にユニバーサル機能がない場合でも、「B+COM」が持つ「ユニバーサルインターコール」機能を使えば、名前の知らないライダーと特別なひと時を過ごすことができ、一期一会を大切にできます。

ソロなら、困ったときも安心

道を間違えてしまったり、時間通りに宿につけないときなど知らない土地でのトラブル。

そんな時は、「B+COM」からスマートフォンの音声認識機能を起動させ、「ホテルの場所」の検索や「電話」の発信を走行中に行うことができます。

また、突然おなかがすいたときなどは「近くのラーメン屋」検索なども役立ちます。

まとめ

「B+COM」があれば、旅の道中を自由気ままに充実した時間を過ごせます。
そして、手軽にいい音で楽しめる「B+COM ONE」ソロツーリングに特におすすめです。

早朝からスタートする長時間ツーリングでも、音楽再生時間は最大約14時間の充電いらずで、また本体は防水機能も備えているので突然の雨でも安心して利用できます。

タフなボディを携える「B+COM」と一緒に、気持ちよく自分の好きなペースでツーリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

※本記事はサインハウスから寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

WEBヤングマシン|最新バイク情報