CBR600RRベース車の素性を活かした高機能ボディパーツ〈マジカルレーシング〉

  • 2021/08/01
  • 【BRAND POST】マジカルレーシング
マジカルレーシングCBR600RR

’20年秋にビッグマイナーチェンジを受けて登場した新型ホンダCBR600RR。いよいよマジカルレーシングからボディパーツがリリースされることになり、装着したデモ車両が公開された。

●文/写真:箱崎太輔 ●BRAND POST提供:マジカルレーシング

最新600SSの魅力を引き出すカーボンパーツ群

操る楽しさをコンセプトに、パワーと扱いやすさを両立させて登場した新型CBR600RR。サーキットやストリートでも高評価を得ている600スーパースポーツマシンだ。

今回公開されたマジカルレーシングのデモ車である新型CBR600RRには、同社らしくベース車両の素性を活かして開発したパーツが装着されている。まず目を引くのはマジカルレーシング得意のカーボントリムスクリーン。ノーマルよりも高さが2.5cmアップ。高い風防効果と良好な視界を確保している。

そして注目したいパーツがキャリパークーリングダクトだ。走行風でブレーキキャリパーを冷却し、あらゆるコンディションで安定したブレーキ性能をキープする。オリジナルデザインのスタイリッシュさも魅力だ。

その他、高機能な前後フェンダー/チェーンガード/スイングアームカバー/タンクエンド/フェンダーレスキットなども装着され、快適にライディングできる仕上がりとなっている。

マジカルレーシングCBR600RR

[写真タップで拡大]

マジカルレーシングCBR600RR|カーボントリムスクリーン
[写真タップで拡大]

【カーボントリムスクリーン:高い風防効果と視界】ノーマルより2.5cm高いので優れた風防効果を発揮。視界も良好で快適な高速走行が楽しめる。クリア/スモーク/スーパーコートをラインナップ。●価格:3万1900円〜5万1700円

マジカルレーシングCBR600RR|フロントフェンダー
[写真タップで拡大]

【フロントフェンダー:フロントフォークをしっかりガード】フォークガードが一体のオリジナル形状を採用。飛び石などからフロントフォークのインナーチューブをしっかりガードできる。●価格:3万800円〜5万600円

マジカルレーシングCBR600RR|キャリパークーリングダクト
[写真タップで拡大]

【キャリパークーリングダクト:走行風でキャリパー冷却】走行風を取り入れてキャリパーを冷却するオリジナルデザインのエアダクト。安定したブレーキ性能をキープする。効果は同社のテストで実証済み。●価格:3万3000円〜4万5100円

マジカルレーシングCBR600RR|タンクエンド
[写真タップで拡大]

【タンクエンド:マシンホールド性が向上】中空モノコック構造を採用。ブレーキング時の安定感がアップ。さらに一連のコーナリングでマシンのホールド性も向上する。●価格:1万2100円〜2万5300円

マジカルレーシングCBR600RR|チェーンガード
[写真タップで拡大]

【チェーンガード:ノーマルスイングアームに対応】同社のリヤフェンダーと組み合わせたいアイテム。ノーマルスイングアーム用で、スイングアームカバーとの併用は不可。●価格:1万9800円〜2万350円

マジカルレーシングCBR600RR|リアフェンダー
[写真タップで拡大]

【リヤフェンダー:泥ハネを抑止し整流効果も向上】ノーマルより表面積をアップし、整流性と泥ハネ抑止性を向上。写真はマジカル製スイングアームカバー用だがノーマル用も設定。●価格:2万4200円〜3万5200円

マジカルレーシングCBR600RR|スイングアームカバー
[写真タップで拡大]

【スイングアームカバー:機能面とルックスがアップ】飛び石などからスイングアームを保護するアイテム。剛性も向上するなど、ルックスだけでなく機能面もアップする。●価格:3万5200円〜5万3900円 ※純正&マジカル製チェーンガード、純正リヤフェンダーは使用不可

マジカルレーシングCBR600RR|フェンダーレスキット
[写真タップで拡大]

【フェンダーレスキット:シャープなシルエットへ変身】センター出しマフラーに対応した形状のフェンダーレスキット。ナンバープレート灯付き(汎用リフレクターは別売)。●価格:4万1800円〜5万8300円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報