最強CBR1000RR-Rにふさわしいレースクオリティカスタム〈マジカルレーシング〉

  • 2021/03/31
  • 【BRAND POST】マジカルレーシング
最強CBR1000RR-Rにふさわしいレースクオリティカスタム〈マジカルレーシング〉

マジカルレーシングが誇るおなじみカーボントリムスクリーンやフェンダーレスキットをはじめとしたストリートボディワークのCBR1000RR-R用製品群が完成し、続々リリースされた。これらは同社がサーキットで培ってきたノウハウを公道でも存分に楽しめるパーツだ。

●文:宮田健一 ●写真:箱崎太輔 ●BRAND POST提供:ホンダCBR1000RR-R|マジカルレーシングカスタム

最強スーパースポーツだからこそレースクオリティが活きる

マジカルレーシングといえば、サーキットでも確実な実績を築き上げてきた名門外装ブランド。それだけに最強スーパースポーツの呼び声も高いホンダCBR1000RR-R用に新発売となった外装類も、その魅力を公道からサーキットまで究極に引き出してくれそうだ。

その最たるものが「キャリパークーリングダクト」で、同社としては初の製品化となったアイテム。これはサポートしているレーシングライダーがかなりのハードブレーキングの使い手で、いつもフェードやブレーキディスクの耐久性に悩まされていたので試しに作ってみたところ、症状が劇的に改善されたことがリリースの決め手だったという。

その他、オイルキャッチ構造を持たされたアンダーカウルやハードブレーキング時のホールド性を高めるタンクエンド、クリアな視界と空力性能の両立を狙って考案されたカーボントリムスクリーンなど、サーキットからのフィードバックが色濃く反映されているのは同社製品ならでは。真の速さに応えられるからこそストリートでもその実力は折紙付きだ。

ホンダCBR1000RR-R|マジカルレーシングカスタム|キャリパークーリングダクト

CBR RR-R用が初の製品化となる「キャリパークーリングダクト」は、これからのハイパワースーパースポーツには必須装備となりそうなアイテム。ノーマルフロントフェンダーでも使用可だ。※現在の適合確認車はSPモデルのみ(’21年3月現在) [写真タップで拡大]

ホンダCBR1000RR-R|マジカルレーシングカスタム|カーボントリムスクリーン
[写真タップで拡大]

カーボントリムスクリーンは上方がノーマルより3cmアップしており、空気抵抗を低減。スクリーン色で3色、カーボン仕様で2種の計6タイプを設定する。

ホンダCBR1000RR-R|マジカルレーシングカスタム|フロントフェンダー
[写真タップで拡大]

フロントフェンダーはインナーチューブを守るフォークガードと一体形状。キャリパークーリングダクトとの併用がオススメだ。

ホンダCBR1000RR-R|マジカルレーシングカスタム|タンクエンド
[写真タップで拡大]

モノコック構造のタンクエンドはブレーキングの際に身体を受け止めるストッパー効果を狙い、タンク後端を尖らせた形状。

ホンダCBR1000RR-R|マジカルレーシングカスタム|アンダーカウル
[写真タップで拡大]

同社のアンダーカウルはすべてサーキット走行対応のオイルキャッチ構造になっているのが特徴。RR-R用ももちろんその例外ではない。

ホンダCBR1000RR-R|マジカルレーシングカスタム|リアフェンダー
[写真タップで拡大]

リアフェンダーはノーマルより大幅に延長して整流性向上と泥ハネ抑止を狙っている。チェーンガード一体形状で見た目もスッキリだ。

ホンダCBR1000RR-R|マジカルレーシングカスタム|フェンダーレスキット
[写真タップで拡大]

スタイリッシュなフェンダーレスキットがシャープなテール周りを演出。ナンバー灯は同梱され、ウインカーは純正を使用する。※汎用リフレクターキットは付属しません。

ホンダCBR1000RR-R|マジカルレーシングカスタム

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報