[’81-]ホンダ CBX400F:ヨンヒャク4気筒バトル堂々の最後発!【青春名車オールスターズ】

’75年、自動二輪免許は小/中/大の3区分となった。大型免許が教習所で取得できない当時は、多くのライダーはいわゆる中免。彼らにとって最上位クラスにあたる「400」は性能も装備も向上を続けていく。本記事ではカワサキZ400FX、ヤマハXJ400、スズキGSX400FSという400cc4気筒シリーズに続き、最後発として登場したホンダ CBX400Fを取り上げる。※本記事はヤングマシン特別号 青春単車大図鑑からの転載です。


●文:ヤングマシン編集部

盛大に歓迎されたホンダの新マルチ【ホンダ CBX400F】

ヨンフォアの生産終了後、2気筒のホークII、ホークIIIをリリースしてきたホンダだったが、ついに’81年11月、400cc4気筒戦線に突入。CBX400Fが解き放たれたのだ。

さすがに最後発だけあり、エンジンは空冷DOHC4バルブを採用した超コンパクトな並列4気筒を新開発。最高出力はクラストップの48psを発揮した。

さらにエア加圧式フロントフォークやリンク式モノショック、中空アルミスイングアーム、鋳鉄ディスクのインボードブレーキなど、最先端のメカニズムを満載。

また、車名のXを象徴するかのようなクロスしたエキゾーストパイプはヨンフォアを思わせるが、実はデザイナーは同一人物。テールカウルにビルトインされた灯火類も斬新だった。さらに、ハーフカウルを装備したインテグラや上級版の550も設定された。

鳴り物入りでデビューしたCBXだったが、実際、その性能も非常に優れていた。当時人気のあったSS400やTT-F IIIといったレースでも高い戦闘力を発揮。特に’82シーズンは勝てるマシンとしてその名を轟かせたのである。

ストリートモデルとしても扱いやすく、しかも高性能でスタイリッシュと来れば、人気を集めるのも必然。CBXは飛ぶように売れ、見事に成功を収めたのだ。

ホンダ CBX400F

【’81 HONDA CBX400F】■空冷4スト並列4気筒 DOHC4バルブ 399cc 48ps/11000rpm 3.4kg-m/9000rpm ■173kg ■タイヤサイズF=3.60H18 R=4.10H18 ●価格:48万5000円 [写真タップで拡大]

ホンダ CBX400F

豊かな低中速トルクを狙った360度方式(1-4番と2-3番のエキパイを先に集合)のマフラーと高回転化&高効率化を追求したエンジンの組み合わせで、全域にわたる高性能を実現。腰下のコンパクトさにも注目だ。 [写真タップで拡大]

ホンダ CBX400F

11000rpmという高回転で48psを発揮。エア加圧式フロントフォークはアンチダイブ機構も備えている。 [写真タップで拡大]

ホンダ CBX400F

鋳鉄ディスクを内径部からはさみ、冷却風を強制排気するインボードベンチレーテッドディスクは世界初の採用。 [写真タップで拡大]

ホンダ CBX400F
ホンダ CBX400F

上記は初代のカタログ。II型(’84年)のカタログには「すべてのスーパースポーツが目標としたロングセラー400マルチ。精悍さを増して、登場。」のキャッチコピーが躍る。 [写真タップで拡大]

ホンダ CBX400Fの系譜

’81 ホンダ CBX400F

ホンダ CBX400F

【’81 HONDA CBX400F】初期型にはツートンカラーのほか、1万5000円安い単色のモンツァレッドも用意された。 [写真タップで拡大]

’82 ホンダ CBX400F

ホンダ CBX400F

【’82 HONDA CBX400F】’82年7月には、写真の青×白カラーも追加され計3色設定に。ホイールは銀だ。 [写真タップで拡大]

’82 ホンダ CBX400F INTEGRA

ホンダ CBX400F インテグラ

【’82 HONDA CBX400F INTEGRA】カウル付きモデルとして国内初の認定を受けたモデル。オートキャンセルウインカーも装備。 [写真タップで拡大]

’84 ホンダ CBX400F

ホンダ CBX400F

【’84 HONDA CBX400F】’84年10月に再生産されたII型。白×赤のほか、黒×赤も用意。ブラックコムスターホイールが特徴。 [写真タップで拡大]

ホンダ CBX400F 兄弟モデル

’82 ホンダ CBX550F INTEGRA

ホンダ CBX550F インテグラ

【’82 CBX550F INTEGRA】輸出向けにはネイキッド仕様もあったが、国内はカウル付きのみ。フロントのインボードディスクはダブルを採用。■空冷4スト並列4気筒 DOHC4バルブ 572cc 60ps/10000rpm 4.7kg-m/8000rpm■190kg ■タイヤサイズF=3.60H18 R=4.10H18 ●価格:58万9000円 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース