第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

商標「XL750 TRANSALP」は確認済み

【ラストスクープ】ホンダ新型「トランザルプ」の実車を捉えた! ほぼ量産モデルのXL750で間違いなし

EICMA開幕まであと24時間! そこで発表される可能性が極めて高いホンダ「XL750 トランザルプ」の実車を捉えた写真を入手したのでお届けしたい。車体には“TRANSALP”の文字が入り、並列2気筒エンジンや大径フロントホイールなども確認できる。


PHOTO: ©Actumoto.ch / Jean-Baptiste Rozain ※写真の無断転載を禁じます

公式発表前のトランザルプを発見!

イタリア語を話す協力者からヤングマシン編集部にタレ込みがあったのは9月上旬。スイスのactumoto.chに新型トランザルプのスクープ写真が掲載されていると言うので、我々はさっそく記事の写真を撮ったフォトグラファー Jean-Baptiste Rozain 氏にコンタクトを取り、それらの写真を入手した。

この車両を捕捉できたのは偶然だという。イタリアで行われたハードアルペンツアー(HAT)に参加したActuMotoチームが撮影をしていた際、同じ道を行ったり来たりしていた1台の車両に興味をそそられ、望遠レンズで試しに撮影してみところ、車両に『TRANSALP』の文字があったというのだ。車両は今までに存在したトランザルプではなく、明らかにニューモデル。これは巷で言われている新型トランザルプと見て間違いない……!

かくして写真を入手した我々は、車両をつぶさに観察することに。

ラジエターシュラウドには車名の「TRANSALP」ロゴが大きくあしらわれ、サイドカウルには750の文字。これまでに掴んでいる「XL750トランザルプ」の情報通りである。

エンジンは並列2気筒で、NC750シリーズのような前傾シリンダーではなく、また400X(海外ではCB500X)系とも異なる新しいもの。エンジン下には大型のアルミ製エンジンプロテクターと小ぶりなパイプガードが装備され、意外にコンパクトマフラーは、アフリカツインよりも小排気量であることをうかがわせる(NC750Xと同程度の大きさで跳ね上げ角度は大きめ)。クラッチワイヤーが存在するようなので、少なくとも写真の車両にDCTは搭載していないようだ。

ホンダ|XL750 トランザルプ

PHOTO: ©Actumoto.ch / Jean-Baptiste Rozain [写真タップで拡大]

ホンダ|XL750 トランザルプホンダ|XL750 トランザルプ

PHOTO: ©Actumoto.ch / Jean-Baptiste Rozain [写真タップで拡大]

ホンダ|XL750 トランザルプ

PHOTO: ©Actumoto.ch / Jean-Baptiste Rozain [写真タップで拡大]

ホンダ|XL750 トランザルプホンダ|XL750 トランザルプ

PHOTO: ©Actumoto.ch / Jean-Baptiste Rozain [写真タップで拡大]

ホンダ|XL750 トランザルプ

PHOTO: ©Actumoto.ch / Jean-Baptiste Rozain [写真タップで拡大]

ホンダ|XL750 トランザルプホンダ|XL750 トランザルプ

PHOTO: ©Actumoto.ch / Jean-Baptiste Rozain [写真タップで拡大]

ホイールサイズは前21/後18インチまたは前21/後17インチ程度だろうか。リムを見る限りは一般的なスポークホイールであり、履いているのはチューブタイヤだろう。フロントブレーキはダブルディスクで、キャリパーはアキシャルマウントの片押し2ポットに見える。スイングアームはおそらくアルミ製だ。サスペンションのストロークは、本格的なオフローダーほど長くはないが、荒れた路面でも気にせず長距離を走れる180~200mm程度は確保しているはず。

ヘッドライトは縦目のLEDと思われ、その形状は400Xに酷似。テールランプまわりやウインカーはアフリカツインと共通だろうか。大きめのリヤキャリアはグラブバーを兼ね、その形状はアフリカツインのものよりも頑丈そう。“アルプス越え”を語源に持つその名の通り、ロングツーリング性能をうかがわせる装備である。

シートは前後が繋がった段付きタイプで、足着き性はアフリカツインよりもよさそう。燃料タンクはかなりの容量を確保しているように見える。ライディングポジションはアップライトなもので、ナックルガードは標準装備。立ち気味のスクリーンは防風性も高そうだ。

1987年に誕生したトランザルプ600Vに近いコンセプト

コンセプトは1987年に登場した初代トランザルプ600Vに近い、荒れた路面をものともせずにアルプス山脈を越えられる、いわゆる“アルプスローダー”だ。その後の世代ではフロント19インチホイールの採用などオンロード色を強めたものもあるが、新型は原初のコンセプトに回帰しているように思える。

想定ライバルとなると、同じ方向性のマシンは意外と少なく、ヤマハ テネレ700やアプリリア トゥアレグ660のようなガチンコ系オフローダーよりも、ハスクバーナ ノーデン901やBMW F850GS、もしくは意外なところでロイヤルエンフィールド ヒマラヤあたりが近しいと言えるだろうか。奇をてらわず自然に溶け込むデザインと質実剛健の乗り味で、あらゆる道を交えながら苦もなく距離を進めていく姿が目に浮かぶ。

予想される正式発表の時期は2022年秋で、エンジンのベースを共有するであろうホーネット750と同時発表の可能性も。価格は100~120万円程度に収まればうれしいが……。

ホンダ|XL750 トランザルプホンダ|XL750 トランザルプ

スクリーンはそれほど大型ではなく切り立った角度でマウントされている。メーターユニットは比較的コンパクトだが高さのある構成だ。スリムなナックルガードも装備。PHOTO: ©Actumoto.ch / Jean-Baptiste Rozain [写真タップで拡大]

ホンダ|XL750 トランザルプホンダ|XL750 トランザルプ

フロントフォークは倒立タイプで、フロントブレーキにはウェーブディスクをダブルで装着。画像を明るく加工してみると、キャリパーはアキシャルマウントの片押し2ポットに見える。PHOTO: ©Actumoto.ch / Jean-Baptiste Rozain [写真タップで拡大]

ホンダ|XL750 トランザルプホンダ|XL750 トランザルプ

エンジンは新設計の並列2気筒のようで、ケースカバーのスッキリしたデザインはCBR1000RRを思わせる。ホーネット750(仮称)のサウンドからは270度位相クランクっぽく思えるが……。PHOTO: ©Actumoto.ch / Jean-Baptiste Rozain [写真タップで拡大]

ホンダ|XL750 トランザルプホンダ|XL750 トランザルプ

装着タイヤはメッツラー・カルー ストリートだろうか。ホイールは一般的な構造のワイヤースポークタイプ。スイングアームはアルミ製のように見える。大型キャリアが頼もしい。PHOTO: ©Actumoto.ch / Jean-Baptiste Rozain [写真タップで拡大]

ホンダ|XL750 トランザルプホンダ|XL750 トランザルプ

惜しくもメーターは隠れているが、モノクロLCDのように見えなくもない。燃料タンク容量はかなり大きそうで、淡々と距離を稼ぐことにおいてはアフリカツインをも上回っていそう。PHOTO: ©Actumoto.ch / Jean-Baptiste Rozain [写真タップで拡大]


ホンダ|トランザルプ600V

参考:1987年型トランザルプ600V。日本では300台限定で同年4月10日に発売された。1991年には400cc版も登場している。 [写真タップで拡大]

ホンダ|XL700Vトランザルプ

参考:2008年型XL700Vトランザルプ。前年秋に発表され、欧州で発売された。オンロードツアラーの兄弟車「ドゥーヴィル」も存在。 [写真タップで拡大]


※本記事は2022年9月7日に配信した記事を再編集したものです。 ※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース