8月22日に出願情報が公開された

ホンダの新型 車名は「XL750トランザルプ」で決まり?! 商標を出願していたことが判明

本田技研工業は、2022年8月12日に新型車の名称と見て間違いない商標「XL750 TRANSALP」を出願し、同情報が8月22日に公開された。

排気量は750cc、新設計の並列2気筒エンジン搭載か

ホンダが2022年8月12日に商標『XL750 TRANSALP』を出願していた! この出願情報は2022年8月22日に公開され、本誌を含む複数のメディアがスクープ合戦を繰り広げてきた新型トランザルプ750の正式名称が明らかになるとともに、日本での発売もかなり可能性が高まったことが明らかになった。

2022年8月22日に公開された商標出願情報。 [写真タップで拡大]

今秋の登場が見込まれるホーネット750(欧州ではホーネット800を名乗る可能性も)の兄弟車と見られ、すでに公開されているホーネット750のティーザー映像などから新設計の並列2気筒エンジンを搭載することは確定的。また、CRF1100LアフリカツインやNC750Xとの棲み分けから、その名の通りアルプスローダー、つまりアルプスの荒れた舗装路を難なく走り越えていくためのモーターサイクルとして仕上げられるはずだ。

かつて存在したトランザルプシリーズは、挟角52度V型2気筒エンジンを搭載し、日本での人気はさほどでもなかったが、欧州などではアフリカツインをコンパクトにして公道に最適化したようなコンセプトで人気車に。日本でも限定発売された1987年の初代「トランザルプ600V」、1991年の「トランザルプ400V」から、欧州のみ発売の2000年登場のトランザルプ650」を経て2007年に登場した最終モデル「XL700V トランザルプ」(こちらも欧州仕様のみ)が2010年モデルまで販売された。

1987年型トランザルプ600V。日本では300台限定で同年4月10日に発売された。1991年には400cc版も登場している。 [写真タップで拡大]

2008年型XL700Vトランザルプ。前年秋に発表され、欧州で発売された。オンロードツアラーの兄弟車「ドゥーヴィル」も存在。 [写真タップで拡大]

新型トランザルプのエンジンは270度位相クランクの並列2気筒で、点火間隔は90度V型2気筒に準ずる。アフリカツインでは大きすぎるけど、前後17インチホイールのNC750Xよりはもう少し走破力とパワーが欲しい……そう感じるユーザーには、「待ってました!」の1台になりそうだ。

予想登場時期は2022年秋で、ホーネット750と同時発表の可能性も。価格は100~120万円くらいに収まると嬉しいが……。

なお、ホンダは今年の初夏にも「Honda CL」や「Honda NX」といった商標も相次いで出願している。

2022年8月24日発売のヤングマシン10月号では、新生ホーネットと合わせて詳報をお届けするのでお楽しみに!


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース