第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

サクッと読めてためになる

Q57:だぁぁっ! パンクした… まずどうしたらいい?【30秒でわかる! バイクの疑問】

Q57:だぁぁっ! パンクした…  まずどうしたらいい?【30秒でわかる! バイクの疑問】

ライダー予備軍や免許取り立てなら、知らないことばかりなのは当たり前。だけどキャリアの長いライダーだって「知っているようで解らない」があったりする。理解しなくてもバイクは乗れるけれど、知っていればトクするコトや、バイクライフが深まるヒントもたくさん。コッソリ知って、貴方も今日からベテランだ。57問目はできることなら味わいたくない…出先でのパンクのギモン。


●文:ヤングマシン編集部

A57:空気が抜けているなら走らせないこと!

すでにタイヤの空気が抜けている場合は、それ以上バイクを走らせないことが鉄則。

極端に空気が抜けた状態でバイクを走らせると、タイヤが機能せず、軽く車体を寝かせただけでスリップ状態になったり、ちょっとした段差でホイールに損傷を与えたり、最悪の場合はタイヤが外れる。

任意保険またはJAFなどのロードサービスに頼るか、偶然にも近くにバイクショップがある場合は修理を依頼しよう。

チューブレスタイヤで異物が刺さっていて、あまり空気が抜けていない場合、ゆっくり短距離を走るぶんには耐えられることが多い。近くのショップまでくらいなら、自走できるかも……。

異物を確認

[写真タップで拡大]

バンク修理キットで対応

チューブレスタイヤなら、キットさえあれば自分での修理も簡単。異物がある場合は取り除き、穴を整形してボンドを付けた補修用ゴムをねじ込み、空気を入れるだけだ。ただし、損傷箇所や損傷部の大きさによっては修理不能な場合もある。 [写真タップで拡大]


※各設問の回答は編集部独自の見解であり、諸説あります。※画像の一部を加工しています。
※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース