渡辺一樹選手に代わってヨシムラGSX-Rを駆る!

「代役、俺」発令! 引退した加賀山就臣さんがライダーに復帰、全日本ロードレース第7戦・岡山大会に参戦決定

監督が選手に代わって参戦!? 昨季限りで全日本選手権から引退し、今季は「ヨシムラスズキライドウィン」のチームマネージャーを務めている加賀山就臣さんが、9/17-18に開催される全日本ロードレース第7戦・岡山大会に自チームのライダーとして参戦することになった。代役としての出場ではあるが、レース界の盛り上げに奮起する加賀山さんらしいサプライズだ。

●文:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:ヨシムラジャパン

駆るのはヨシムラチューンのGSX-R!

今回の措置は、加賀山さんがチームマネージャーを務める「ヨシムラスズキライドウィン」の正ライダー・渡辺一樹選手の世界耐久選手権(EWC)最終戦・ボルドール24時間への参戦が決まり、日程が重なる全日本に出場できなくなったことに起因する。もちろん、この1戦のみの暫定的な決定のはずだが、ファンにはヨシムラチューンのGSX-R1000Rを駆る加賀山さんの勇姿を再び拝める、またとないチャンスと言えよう。

加賀山さんといえば、鈴鹿8耐にケビン・シュワンツを招聘したり、現役時代からテイスト・オブ・ツクバにGSX-Rエンジン搭載のカタナや、引退後もオリジナル鉄フレームのハヤブサ“鐵隼(テツブサ)”を製作して参戦するなど、常にレース界を盛り上げる話題作りに邁進している。今回の“代打”全日本参戦も、いかにも加賀山さんらしいサプライズだ。

加賀山さんはヨシムラジャパンのホームページ上にて、渡辺一樹選手のEWC参戦は非常に喜ばしく、チームとしても気持ちよく送り出したいとした上で、「代役選手を多方面で検討していましたが、チームマネージャーである私が開発などを含め最適と判断して“代役は俺”を発令する事になりました。一樹を日本から応援しながら、少しでも全日本マシンの開発を進められればと思います」とコメント。どんな走りを見せてくれるのか、大いに期待したい!

全日本選手権|ヨシムラスズキライドウィン|渡辺一樹

ヨシムラスズキライドウィンチームのGSX-R1000R。車両のチューニングはヨシムラが、運営を加賀山さんのチーム・ライドウィンが担当。ライダーの渡辺一樹選手は先のモトGP・サンマリノGPに次ぐ海外挑戦となる。 [写真タップで拡大]

全日本選手権|ヨシムラスズキライドウィン|加賀山就臣|渡辺一樹

そのサンマリノGPには補佐役として渡辺選手に同行していた加賀山さん。勝手知ったるヨシムラGSX-Rを駆っての、全日本でのパフォーマンスが期待される。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース