マシン・オブ・ザ・イヤー2018
Team KAGAYAMAが製作した新旧ハイブリッド

テイストオブ筑波優勝のGSX-1000R KATANAを解説

2018年5月20日、テイスト・オブ・ツクバ SATSUKI STAGEでTeam KAGAYAMAの加賀山就臣選手が優勝した。マシンは自身のチームで製作したカタナレーサー。カタナベースの鉄フレームにGSX-R1000L5系エンジン搭載した新旧ハイブリッド仕様だ。

フレームの上側はカタナのオリジナルを使用

全日本トップチームの一つで、スズキのGSX-R1000などで参戦するTeam KAGAYAMA&加賀山就臣選手が、日本最大の草レースに乗り込んできた。マシンはご覧の通りカタナレーサーで、テイスト最高峰のドーバー・ハーキュリーズクラスに参戦した。ハーキュリーズの規則は主に鉄フレームとT.O.Tらしいフォルムのみという自由さで、これを完全にクリア。Team KAGAYAMAのカタナレーサーはGSX1100Sカタナのオリジナルフレームを元にしており、外装もカタナフォルムを忠実に守る。ハーキュリーズとなると完全オリジナルフレームになるケースも多いが、このマシンはフレーム上側は元祖カタナとし、血統を守った旧車改レーサーなのだ。

【Team KAGAYAMA 刀1000R 2018テイスト・オブ・ツクバSATUKI STAGE仕様】マシンの正式エントリー名は刀1000Rでカウルで表示するマシン名はGSX-1000R KATANA。それを操る加賀山就臣選手は、スズキワークスライダー時代は海外のスーパーバイクで戦ったトップ選手だ。ちなみにHYOD(ヒョウドウ)のツナギは、カタナとコーディネートされたネオクラシックデザインのもので、化繊の部分を目立たないようにしている。

日本刀をモチーフにしたフォルムに尖ったアッパーカウルはあまりにも有名。小ぶりのスクリーンやセパハンもカタナ元来のスタイルでレーサーにしても違和感がない。テールカウルにはなぜかテールランプを装備しているが、これはバックフォグとして機能するのか。レンズは形状からカタナ用と思われる。

エンジンは先代のGSX-R1000を使用

2011年からGSX-R1000で全日本選手権に参戦するTeam KAGAYAMAと加賀山就臣選手。昨年からマシンは現行型L7系にフルモデルチェンジし、それまで使用していたL5系のエンジンがファクトリーに余っていたという。偶然にもカタナのフレームも転がっており、それがテイスト参戦に結び付いたのだ。エンジンと電気系は従来型レーサーのものがフルに使えるので、開発は車体に集中できたことが短期間でのマシン製作を可能とした。エンジンはノーマルでも185psを発揮するが、コンピューターなどはレース用を使うのでそれ以上出ているはず。大きく改造しなくてもテイストではエンジンパワーはトップレベルで、さらにトラコンなども使うことができる電気系ではあるが、加賀山選手の好みもあり今回は電子制御は使っていないという。

主要3軸を3角形配置した現代のリッタースーパースポーツエンジンは前後長がコンパクトになっている。当然カタナの時代のフレームにはコンパクトすぎるので、形式をダイヤモンドタイプにしつつピボット部も専用設計に。エアボックスは使用せず、燃料タンクはカバーの内側に収まっている。足まわりはCBRのユニットプロリンクやオーリンズ、ゲイルスピードなど様々なパーツの組み合わせで構成されている。

Team KAGAYAMAチームオーナーの加賀山就臣選手。2011年に自身のチームを立ち上げて全日本選手権に復帰。レース界盛り上げるプロデューサーとしても名を馳せており、2013年の鈴鹿8耐でケビン・シュワンツ氏をライダーとして参戦させたサプライズ企画は記憶に新しい。そして今回のテイスト参戦&優勝もその一つだ。

【おまけ】こんなカタナあったらいいよねが具現化

本誌2018年2月号(’17年12月24日発売)の初夢スクープとして発信した新KATANA。2017年11月のミラノショーではGSX-S1000ベースのKATANA3.0が欧州発の雑誌企画として製作されており、世界的に復活を求める声は大きい。本誌としてはGSX-S1000ではなく、やっぱりGSX-Rベースでしょう! ということでCGを制作したが、加賀山選手の手によってリアルなGSX-R1000エンジンのカタナレーサーが活躍するというのは全くの予想外。登場から36年を経た今でも多くのライダーに愛されており、最新のカタナが見たいというライダーの声に名プロデューサーが応えてくれたのだ。次戦の活躍も期待!

上がTeam KAGAYAMA製で下がヤングマシンCGのGSX-Rカタナ。元々世界最速を誇ったカタナだけに最新鋭のメカニズムが似合う。

撮影:真弓悟史
「新生カタナ“KATANA3.0”がミラノデビュー!」記事はこちら
「カタナ3.0は名車復活の呼び水になるか?!」記事はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018