チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

岡崎静夏のホンダ スーパーカブC125試乗インプレ【アイデンティティを守りつつ進化するというカッコよさ】

日本の道路の原風景のひとつ=スーパーカブ。岡崎静夏さんもお気に入りの1台だ。今回は’21年9月にリリースされた新型C125に試乗。小変更ながら大きな進化が感じられたとのことだ。

●まとめ:ヤングマシン編集部(高橋剛) ●写真:楠堂亜希 ●外部リンク:ホンダモーターサイクルジャパン

テスター:岡崎静夏

【テスター:岡崎静夏】チャーミングな笑顔でも、中身はスパルタンな”バイクフリーク”。’09~’10年のMFJレディースロードレースで2年連続王者に。全日本はGP-MONOを経て’12年からJ-GP3に参戦中。TwitterFacebookInstagramYouTube [写真タップで拡大]

ホンダ スーパーカブC125

【’21 HONDA SUPER CUB C125】初代スーパーカブC100は、本田宗一郎と藤澤武夫の直接指揮により開発され、’58年にデビュー。以降、長きにわたり愛され続けている。C125最新モデルは’21年9月登場。従来型に対し、エンジンをロングストローク化し出力特性を見直した。ABSも標準装備だ。■全長1915 全幅720 全高1000 軸距1245 シート高780(各mm) 車重110kg ■水冷4スト単気筒OHC2バルブ123cc 最高出力9.8ps/7500rpm 最大トルク1.0kg-m/6250rpm 常時噛合式4段リターン 燃料タンク容量3.7L ■タイヤサイズF=70/90-17M/C R=80/90-17M/C ●色:パールニルタバブルー パールネビュラレッド ●価格:44万円 [写真タップで拡大]

ホンダ スーパーカブC125

【ライディングポジション】気になるところがまったくないナチュラルさ。身長158cmでもしっくり来るが、こぢんまりとはしていないので、大柄な方でも受け入れられるはず。足着き性は良好だが、シート幅が気になる人はいるかも。 [写真タップで拡大]

ルックスはカブらしさキープ。走りは別物にアップグレード

驚きました! こんなに印象が変わっているなんて。スーパーカブC125、新型になって激変してました。めちゃくちゃ乗りやすい。

すぐ気付いたのは、シフトアップ/ダウン時のギクシャク感がほぼないこと。スーパーカブはクラッチがない分、エンジンブレーキを調整しにくいんですが、気になるクセがなくなっていました。

そして、加速がスムーズ! 従来型は発進時の元気の良さが印象的だったんですが、新型はスルスル〜ッと加速して、さらにもうひと伸びがあるんです。これは本当にビックリ!

125ccという排気量の範囲内ではありますが、新旧モデルで明らかに違います。ファイナルをロングにしたような感じ──たとえるなら、従来型が筑波サーキット仕様だったのに対し、新型は鈴鹿サーキット仕様になったような印象なんです。分かってもらえますかね?(笑)

実際の公道では、従来型はシフトアップのタイミングが短めで、そのたびに「後ろからクルマに追いつかれてないかな」と気になります。でも新型はシフトアップの回数が減り、伸び伸び走らせられるんです。新型に乗っている時の方が心に余裕があって、周囲に気を配ることもできるから、安全性が増しているように感じました。

ホンダ スーパーカブC125

[写真タップで拡大]

スムーズなエンジンの恩恵で、走りの安定性も高まっています。加減速時はもちろん、コーナリング時のフィーリングもかなり向上してますね。

コーナリング中って、微妙にスロットルを開け閉めしてスピードコントロールすると思うんですが、その際のツキが滑らかなので、車体姿勢も安定するんです。

これ、決して大げさに言うわけじゃないんですが、車体まわりやサスペンションがアップグレードしたんじゃないか、と思ったほどなんです。エンジンの改良って、こんなに効果的なんですね。今回の試乗中、何度もビックリさせられました。

そしてもっとビックリしたのは、スペックを見比べた時! なんと数値上は、従来型の最大出力9.7psに対して新型は9.8ps。そして最大トルクは同じだったんです。

でも、最大トルク発生回転数は新型の方が1250rpmも高まっているんですね。そういえばファイナルも変更されていてごくわずかですがロング気味になっていました。

こういう小さなことの積み重ねで、完成度を高めているんですね。

ホンダ スーパーカブC125

【やっぱり街をトコトコ行くのが似合う】エンジンがスムーズになったので、ストリートランでのストップ&ゴーがまったく苦になりません。走りが快適だから、今までよりちょっと先まで行ってみたくなるのが高ポイント! [写真タップで拡大]

スーパーカブC125のエンジンがすごくよくなったことは、私の中のレーシングライダー的な欲張りを刺激します。つまり、今までは「カブはそういうもの」と思っていたところが、ちょっと気になってきたんです。

それは、フロントとリヤの安心感のバランスです。さぁマニアックな話になってきましたよ(笑)。

スーパーカブC125は、リヤの安心感がとても高いんです。設定速度域が低めで、基本的にはハンドルを切って曲がるタイプだから、リヤ重視の作り込みは大正解だと思います。

でも、新型はエンジンがいいから、気持ちよくバンクさせてコーナリングしたくなってしまうんですよね。そうなると、フロントタイヤの位置がちょっと分かりにくく感じます。

フロントの接地感は確実にあるし、不安はまったくありません。でも、サーキットでもうひと攻めしようと思うと、もう少しフロントタイヤが存在感を放ってくれるといいな、と。そのためにはたぶんもう少しハンドルを下げて、ステップ位置も…って!

思わず「サーキットを攻めるなら」という前提で話をしてしまいましたが、それぐらい面白くて完成度が高いんですよ、スーパーカブC125は。だから”レーシングライダーとしての欲張り”が出てきてしまうんです。

ちなみに、皆さんとっくにお分かりだと思いますが、街乗りしている分には何も問題はありません。めちゃくちゃ優秀。ただ、デキがいいバイクに乗ったものだから、「サーキットを攻めたら…」と想像してしまっているだけ。でも、実際にカブのレースも流行ってますしね。ベースがいいんだと思います。

ホンダ スーパーカブC125

[写真タップで拡大]

つい「バイク」と呼んでいますが、本音を言えば”カブはカブ”って感じがします。”単車”でもなく、もちろん”スーパースポーツ”でもない。やっぱり”カブはカブ”っていうアイデンティティの強さがスゴイ!

スーパーカブのデビューは’58年。64年も前から今に至るまで”カブらしさ”を守りながら、中身をしっかりとアップグレードし続けるブレのなさが、本当にカッコいいと思います。

ホンダ スーパーカブC125

[写真タップで拡大]

スーパーカブC125:SHIZUKAの評価

  1. スタイリング:誰がどこから見てもカブと分かるデザインは、さすがのひと言。それなのに現代的なエッセンスもちゃんと感じます。
  2. スポーツ性:本当によくできてるんですが、せっかくならもう一歩の高性能が欲しくなるのはレーシングライダーのワガママ!?
  3. ツーリング:高速道路に乗れないので遠出はできないけど、ご近所ツーリングには最高。快適だからいつしか距離が延びてます。
  4. 街乗り:スムーズな特性で発進停止がしやすいのと、シフトアップのタイミングがまわりの交通と合ってきた印象ですね!
  5. コストパフォーマンス:仕上がりのよさ、満足度の高さからするとかなりお値打ち。超低燃費& 高耐久性で乗れば乗るほど安くなりますよ。
ホンダ スーパーカブC125|岡崎静夏
ホンダ スーパーカブC125|岡崎静夏

郵政カブみたいな色合いですが、実はキレイなラメが入っていてすごくオシャレ! ワンポイントのエンブレムも立体で、しかも歴史を感じさせるデザインです。ホント、こだわり抜いてます。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

[連載] 岡崎静夏がじっくり乗ってみましたに関連する記事

岡崎静夏のホンダ モンキー125試乗インプレ【楽しさに上質さが加わって、ちょっと大人になりました】

スムーズな加速&減速でより長く、より遠くへ! それはまるで、19歳の同窓会のようでした。新しいモンキー125に乗って、私が感じた印象です。 小学生の頃の友達は、みんなおてんば娘&わんぱく坊主でした。ただひたすら遊ぶことに夢中だったあの頃。ケンカしたり、壁にぶつかったりしながら、ワイワイと楽しかったな…。 同窓会で久しぶりに会ったみんなは、もう19歳。小学生の頃の面影は残っているのに、すっかり大人の […]

岡崎静夏のホンダCBR400R試乗インプレ【親友との会話のようにひたすら楽しいだけの時】

扱いやすさはそのままにスポーティさが大幅アップ 交差点をひとつ曲がっただけで分かりました。’21年末に登場した新型CBR400R、かなりスポーティーです! 交差点を曲がる時は、バイクをほどんと寝かせませんが、それでも接地感の高さとクルッと回ってくれる軽快感が感じられます。 ワインディングはもう水を得た魚という感じで、走りが楽しい! CBR250RRのような”トガったリアルレ […]

岡崎静夏のホンダ スーパーカブC125試乗インプレ【アイデンティティを守りつつ進化するというカッコよさ】

日本の道路の原風景のひとつ=スーパーカブ。岡崎静夏さんもお気に入りの1台だ。今回は’21年9月にリリースされた新型C125に試乗。小変更ながら大きな進化が感じられたとのことだ。 ルックスはカブらしさキープ。走りは別物にアップグレード 驚きました! こんなに印象が変わっているなんて。スーパーカブC125、新型になって激変してました。めちゃくちゃ乗りやすい。 すぐ気付いたのは、シフトアップ/ダウン時の […]

岡崎静夏のホンダ フォルツァ試乗インプレ【こんな世界もあったんだ! 走りが楽しめるスクーター】

’00年に「ニュースタイリッシュスポーツ」を開発コンセプトとして初代が登場したホンダ フォルツァは一躍人気を集め、250ccフルサイズスクーターの代名詞に。最新の5代目は’18年にリリース。’21年春にモデルチェンジを受け、エンジン/フレームが刷新された。本記事では現役女性レーサー・岡崎静夏さんの試乗インプレッションをお届けする。 快適で爽快なフォルツァが新しい楽しさを見せ […]

岡崎静夏のホンダGB350S試乗インプレッション【公道を楽しむにはピッタリ。絶妙な”ちょいスポーティー”】

日常での扱いやすさを重視した空冷単気筒20psのエンジンを搭載し、手頃な価格と心地よい鼓動感で人気のホンダGB350/S。スポーティーバージョンのGB350Sは、前後フェンダーの樹脂化/専用デザインのサイドカバー/マット塗装のマフラー/2kgの軽量化などで差別化を図っている。本記事では、人並み外れた”ライディング感性”を備える現役レースライダー・岡崎静夏さんが、半年前に乗っ […]

岡崎静夏のホンダCBR1000RR-R SP試乗インプレ【高性能をモノにする挑戦は宇宙空間への冒険のよう】

本気でレースに勝つことを目的としたホンダCBR1000RR-R。サーキットで臆することなく颯爽とRR-R SPを操る姿は、さすがリアルレーシング女子! 岡崎静夏さんが現役全日本ライダーだということをあらためて認識させられた。 メインステージはサーキット。でも意外と乗りやすい街乗り CBR1000RR-R SPをお借りした初日。街乗りからスタートして、正直「無理!」と思いました。「通勤にRR-R S […]

岡崎静夏のホンダCRF250L試乗インプレ【オンロードもめちゃくちゃ楽しいオフロードモデル】

ホンダCRF250Lは世界各国に展開するグローバルモデルで、累計販売台数は約13万台。デザイン性/利便性/パフォーマンス/そしてリーズナブルさで人気で、その最新モデルは”誰もが何にでも使える特性”をオン/オフの両面から高めている。本記事では現役女性レーサーの岡崎静夏さんがオンロード/オフロード試乗したインプレッションをお届けする。 ちょっと自信を持って山道に入っていけそう 正直に告白します。自分、 […]

岡崎静夏のホンダ NC750X DCT試乗インプレ【スポーツ性能を高めながら、本分を忘れない実直な姿勢】

変わるべきは大胆に変える。でも、変えるべきではないところはしっかりと守る。新型ホンダNC750X DCTに乗った岡崎静夏さんは、新鮮さと安心感のバランスに魅了されたようだ。 発進しただけで感じた驚き。変わることを恐れないNC 意外性って大事だと思いませんか? 例えばメンズで言えば、めっちゃマッチョなのにめっちゃ声が高くて優しいとか。いえ、そういう人が好きってワケではありませんが、とりあえずは強く印 […]

最新の記事

ホンダ スーパーカブC125の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ スーパーカブC125

ホンダ スーパーカブC125

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 79価格種別 中古車 40

本体

44.47万円

価格帯 42.36~46万円

本体価格

本体

41.95万円

価格帯 34.5~49.5万円

諸費用

3.34万円

価格帯 2.9~4.11万円

諸費用

諸費用

1.48万円

価格帯 0.84~4.5万円

乗り出し価格

47.81万円

価格帯 45.26~50.11万円

乗り出し価格

乗り出し価格

43.44万円

価格帯 39~50.34万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
ホームフロント2輪+ダブルウィッシュボーンサスが楽しい電動ビークル「スイングスポーツ」に乗ってみた
WEBヤングマシン|新車バイクニュース