岡崎静夏のホンダ フォルツァ試乗インプレ【こんな世界もあったんだ! 走りが楽しめるスクーター】

’00年に「ニュースタイリッシュスポーツ」を開発コンセプトとして初代が登場したホンダ フォルツァは一躍人気を集め、250ccフルサイズスクーターの代名詞に。最新の5代目は’18年にリリース。’21年春にモデルチェンジを受け、エンジン/フレームが刷新された。本記事では現役女性レーサー・岡崎静夏さんの試乗インプレッションをお届けする。

●まとめ:ヤングマシン編集部(高橋剛) ●写真:楠堂亜希 ●外部リンク:ホンダモーターサイクルジャパン

岡崎静夏

【テスター:岡崎静夏】チャーミングな笑顔でも、中身はスパルタンな”バイクフリーク”。’09~’10年のMFJレディースロードレースで2年連続王者に。全日本はGP-MONOを経て’12年からJ-GP3に参戦中。TwitterFacebookInstagramYouTube [写真タップで拡大]

‘21 ホンダ フォルツァ

【‘21 HONDA FORZA】■ 全長2145 全幅750全高1360 軸距1510 シート高780(各mm) 車重186kg ■水冷4スト単気筒OHC4バルブ249cc 最高出力23ps/7750rpm 最大トルク2.4kg-m/6250rpm 無段変速式 燃料タンク容量11L ■タイヤサイズF=120/70-15M/C R=140/70-14M/C ●色:パールホライゾンホワイト/インディーグレーメタリック/マットガンパウダーブラックメタリック ●価格:65万8900円 [写真タップで拡大]

快適で爽快なフォルツァが新しい楽しさを見せてくれた

わたくしごとではございますが、’20年全日本ロード最終戦で転倒し、鎖骨を骨折しておりまして…。骨折箇所はプレートで留めていたのですが、約1年が経過し、このたび晴れてプレートを除去する手術を受けました!

体からプレートがなくなるって、気持ちいいものですね(笑)。お医者さんからは「プレートが入った状態で再び同じ場所を傷めたら、骨が砕けちゃうよ。プレートの方が骨より硬いからね。くれぐれも注意してね」なんて脅されていながら、レースに出たりバイクに乗ったりしていたので、内心ヒヤヒヤだったのでした。プレートが取り除かれて、ひと安心です。

’22年は新チーム「日本郵便ホンダドリームTP」にて、全日本ロードJ‐GP3クラスでの優勝をめざし、スッキリ鎖骨で頑張ります! やっぱりレースに勝たないと、自分の言葉にも説得力がありませんしね。

…それはいいんですが、今回の試乗はプレート除去手術のすぐ後でして。「バイクによってはちょっとしんどいかもしれないな〜」と思っていましたが、これがまた、狙い澄ましたようにフォルツァだったんです。

‘21 ホンダ フォルツァ|岡崎静夏|試乗インプレッション

[写真タップで拡大]

さすがはフルサイズのスクーターですね。おかげさまで超快適! 乗り心地がとてもいいので術後の体への負担も少なく、ロケはもちろん、プライベートでのツーリングも難なくこなすことができました。

フォルツァの足まわりは、衝撃吸収性能がとても高いんです。路面の凸凹/マンホール/高速道路の路面の継ぎ目などなど、気になる段差は結構あるんですが、通過しても突き上げるような強いショックがないので、術後の鎖骨も痛みません(笑)。

でも、私がフォルツァに感動したのは、乗り心地の良さだけではないんです。正直、「フルサイズのスクーターなら乗り心地が良くて当たり前」と思うところもありまして…。かといって、乗り心地が良ければいいのかと言うと、そうでもないんですよね。

乗り心地を追求するあまり、まるで動くソファーに乗っているような、「快適だけど、そうじゃない…」という感想を持つことが多いんです。

ところがフォルツァは、乗り心地がいいうえに、スポーティーな走りのフィーリングが楽しめてしまうんです。これにはちょっとビックリ! まさかフォルツァのライディングが楽しいと感じるなんて…。鎖骨の痛みも忘れてしまうってものです。

‘21 ホンダ フォルツァ|岡崎静夏|試乗インプレッション

[写真タップで拡大]

「フォルツァは、スクーターなのに楽しく乗れる」と言ってしまうと、語弊があるでしょうか? でも、これが私の本音です。

スクーターの多くは、バイクらしい運動性能を楽しむというより、利便性や快適性を追求していますよね。もちろんフォルツァもお買い物などに便利な大型ラゲッジボックスを始めとした便利装備が盛りだくさんだし、術後の自分でも気持ちよく乗れる快適性もあります。しかも、どの要素もすごくハイレベルです。

でも、私が特に注目したのは、フォルツァの運動性能なんです。私が大好きなギヤのないスクーターなので、”スポーツ”とまで言ってしまうとちょっと無理があるかな、とは思います。でも、確実にスポーティー。普通のスクーターよりは”バイクに乗って味わえる楽しさ”があるんです。

‘21 ホンダ フォルツァ|岡崎静夏|試乗インプレッション

[写真タップで拡大]

まず、見た目やライディングポジションはゆったりと大柄なのに、走り出してみるとすごくコンパクトに感じます。走り出した瞬間に、ヒュッと車体が小さくなる感覚、分かっていただけますか?(笑)

たぶん重心位置とか重量配分がすごく考え抜かれていて、ライダーの体の近くに集中するようにできているんだと思うんです。無駄に分散した重みがないから、小さく感じる。これってスポーツバイクの作り込みですよね。

そして、思ったように加速して、思ったように旋回し、思ったように減速してくれます。ただ前に進むだけじゃなくて、意思に沿ってくれる感じは本当に心地いい。気持ちに遅れるもっさり感がなくて、すごく爽快です。

ハンドリングも軽快。多くのスクーターはアンダーステア傾向というか、カーブに対してフロントタイヤが外へ行こうとします。じゃあ、と小回りさせるためには、ハンドルを切って曲がる必要があります。

「電動スクリーンや乗り心地のよさで快適。わだちにハンドルを取られにくいのもナイスです」(岡崎さん) [写真タップで拡大]

でもフォルツァは普通のバイクと同じように、車体をバンクさせて曲がることができるんです。これってすごく大きなこと。フレームの剛性やサスペンションとのマッチング/セッティングがバイク寄りなんでしょうね。たぶんやり過ぎなぐらいの開発が行われた成果だと思います。

高速道路を走ってもわだちに足元を取られるようなことがありません。よくあるスクーターだと車体全体がグニュッとする感じがするんですが、フォルツァはあくまでもしっかり。ロングツーリングも終始気分よく走りを味わうことができました。

私の鎖骨も、早くボルトの穴がふさがって、しっかりするといいな。…って、たとえがスパルタンか(笑)。

‘21 ホンダ フォルツァ|岡崎静夏|試乗インプレッション

「ツーリングできるスクーターはいろいろありますが、スポーティー度合いの高さがフォルツァの良さ! この軽快な操縦感覚、バイク好きにはたまりません。走りを楽しめますよ~!」(岡崎さん) [写真タップで拡大]

フォルツァ:SHIZUKAの評価

  1. スタイリング:シンプルで洗練されたスタイリッシュさがカッコいいですね。ツートーンカラーのこだわり感も気に入りました。
  2. スポーツ性:スポーツバイクではなく、れっきとしたスクーターですが、ただのスクーターではないスポーティさが絶妙です。
  3. ツーリング:振動が少なくて快適なので、何時間でも走れます。思い通りに加減速できる特性も、疲労を抑えてくれますね。
  4. 街乗り:堂々とした車格からは想像できないほど街乗りしやすい! 前後サスの動きが的確で、発進停止も苦になりません。
  5. コストパフォーマンス:チョイ乗りからロングツーリングまで、街乗りからスポーティな走りまでこなせるから、決して高くは感じません。
‘21 ホンダ フォルツァ|岡崎静夏|試乗インプレッション|メーター
‘21 ホンダ フォルツァ|岡崎静夏|試乗インプレッション|ラゲッジスペース

【SHIZU’sお気に入りポイント】聞いてください! スピード&タコメーターがアナログ針なんですよ。走り好きにはたまらない演出ですよね。その一方でシート下には広々収納スペースが。楽しさと便利さの融合が見事です! [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ホンダ フォルツァの価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ フォルツァ

ホンダ フォルツァ

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 66価格種別 中古車 8

本体

63.87万円

価格帯 58~68.8万円

本体価格

本体

31.21万円

価格帯 9.8~52.8万円

諸費用

3.86万円

価格帯 4.98~6万円

諸費用

諸費用

4.17万円

価格帯 3~6.47万円

乗り出し価格

67.74万円

価格帯 64~73.78万円

乗り出し価格

乗り出し価格

35.38万円

価格帯 12.8~59.27万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
ホームカワサキはアメリカ進出を“ステーキ”で攻略! Z1の開発の作戦名はニューヨークステーキ!?
WEBヤングマシン|新車バイクニュース