“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:アメリカン部門【同門レブル対決は兄貴分の1100が勝利】

マシン オブ ザ イヤー2021 アメリカン部門

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。アメリカン部門では’19年からレブル250が2連覇を達成しており、’21年は新たにラインナップされたレブル1100との同門対決に注目が集まったが、軍配は兄貴分の1100に上がった。


●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明)

兄弟対決は兄貴に軍配

’19年に常勝のゴールドウイングをレブル250が破り、初戴冠からの2連覇を達成。なんと言っても今回は、’21で追加された親玉レブル1100との同門対決に注目が集まっていた。フタを開けてみれば、1100が勝利! 兄貴分の貫禄とコスパが評価された格好だ。

第1位:ホンダ レブル1100/DCT〈548票〉新顔の親玉に追い風!

ホンダ レブル1100/DCT

[写真タップで拡大]

エントリー数が減った当部門における久々の新作。アフリカツイン譲りの並列ツインに独自チューンを施し、専用フレームに搭載する。強敵の弟分を下し、見事デビューウィンを飾った!

【読者の声】●かっこよさと乗りやすさの両立(東京T.K.) ●安い速い面白い(岡山Y.M.) ●好き嫌いは別として、よく出来たバイク(北海道K.O.) ●充実装備でこのプライスはお買い得(栃木T.K)

第2位:ホンダ レブル250/Sエディション〈360票〉次は3勝目なるか?

ホンダ レブル250/Sエディション

[写真タップで拡大]

【読者の声】●このモデルが呼び込んだビギナーはとんでもない人数でしょう。その貢献を考えると、やはり一番です(北海道K.H)

第3位:ホンダ ゴールドウイング/ツアー〈207票〉ニッポンの旗艦!

ホンダ ゴールドウイング/ツアー

[写真タップで拡大]

【読者の声】●唯一無二の存在感(東京K.K.) ●大きく、豪華でどこまでも走れそう(愛知T.M.) ●日本車のフラッグシップ(大阪T.N.)

MOTY アメリカン部門 1~5位

マシン オブ ザ イヤー2021 アメリカン部門

[写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース