チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:外国車部門【BMWが2連覇の快挙】

マシン オブ ザ イヤー2021 外国車部門

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。’20年から外国車部門の目玉となったドゥカティとBMWの一騎打ち。’21年はM1000RRとパニガーレV4シリーズの熾烈な争いとなったが、僅差でBMW側に軍配が上がった。

●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明)

M1000RRが4度目の快挙!

’98年から始まった外国車部門は、ドゥカティの最高峰モデルが勝ち星を収めるのが恒例だった。しかし’20年に異変発生。BMWのS1000RRが8年ぶり通算3勝目を挙げたのだ。’21年には、その全身チューンド版であるM1000RRがデビュー。わずか2票差でドゥカティを離し、当部門24年の歴史でBMWが4度目の快挙を達成した。次回も2強の激突に注目だ!

第1位:BMW M1000RR〈117票〉ロケット加速で戴冠!

BMW M1000RR

[写真タップで拡大]

’19モデルで戦闘力を上げたS1000RRをベースに、全身を徹底改良したスーパーバイク参戦ウェポン。心臓部の直4ユニットは5ps増の212psに到達し、最軽量グレードでは192kgと超軽量だ。4輪で有名な”M”シリーズの名をバイクで初めて襲名したことでも話題に!

【読者の声:とにかくスゴイ!】●外車の最高峰ならこれ一択(三重A.K.) ●庶民でも手が届く、まんまレーサー(岡山H.M.) ●BMWの”M”の称号は、特別な存在感と憧れがありますね(群馬K.T.) ●外車に興味はないが、これだったら乗りたいと思う魅力がある(宮城Y.S.) ●反則でしょ♪(東京T.M.)


第2位:ドゥカティ パニガーレV4シリーズ〈115票〉ハナ差で首位を逃す!

DUCATI PANIGALE V4

[写真タップで拡大]

ドゥカティの最高峰スポーツで、モトGP直系の90度V4を引っ提げて’18年デビュー。’19年までドゥカティは部門7連覇をしており、通算では驚異の20勝を重ねてきた。雪辱が期待されたが、わずか2票差でBMWの後塵を拝す結果に。次回こそリベンジか?

【読者の声:カッコよさも性能も絶賛の嵐】●外車ではコレが一番気になる…!(北海道M.T.) ●モトGPでの強さは凄かった(兵庫M.T.) ●日本のSSに対抗する筆頭(東京J.D.) ●モトGPマシンに最も近いマシーン!(静岡T.S.) ●世界一美しいバイク(千葉T.N.)

第3位:ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250シリーズ〈86票〉野心作、表彰台へ

HARLEY DAVIDSON PAN AMERICA1250 series

[写真タップで拡大]

ハーレーがアドベンチャーの分野に進出した記念すべき1台。新設計の水冷Vツインは152psとパワフルで、電子制御サスペンション仕様も選べる。多くの読者に歓迎され、新登場で3位の好発進を決めた。

【読者の声:走りにも高い評価】●歴史あるメーカーが新規ジャンルに挑戦することの意味を評価したい(群馬A.T.) ●試乗して…今年の一番は間違いなくこいつだ! だ! だ!(東京T.K.)


第4位:ドゥカティ モンスター/+〈64 票〉新型になってジャンプアップ!

DUCATI MONSTER/+

[写真タップで拡大]

同社伝統ネイキッドが完全刷新。937ccLツインにアルミフレームなどで軽量コンパクト化を果たした。前年20位の旧型から大幅アップだ。

【読者の声】●賛否両論あるけど軽いのが正義(静岡T.Y.) ●日本仕様に至っては体格に問題がある方にもハードルを下げてくれた(兵庫H.K.)

第4位:BMW R18シリーズ〈64票〉歴代最大の1803ccボクサーツインを抱く

BMW R18 series

[写真タップで拡大]

歴代最大の1803ccボクサーツインを抱くレトロクルーザー。’21でバガースタイルを追い、初登場時の’20年より8つ順位を上げた。

【読者の声】●立派な車格、独自のエンジンが魅力(兵庫M.H.) ●優越感に浸れそう(広島J.S.) ●どんなもんだい! ハーレー君!(茨城H.K.)

MOTY 外国車部門 1~10位

マシン オブ ザ イヤー2021 外国車部門

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

[特集] マシン オブ ザ イヤー2021に関連する記事

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:外国車部門【BMWが2連覇の快挙】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。’20年から外国車部門の目玉となったドゥカティとBMWの一騎打ち。’21年はM1000RRとパニガーレV4シリーズの熾烈な争いとなったが、僅差でBMW側に軍配が上がった。 M1000RRが4度目の快挙! ’98年から始まった外国車部門は、ドゥカティの最高峰モデルが勝ち星を収めるのが恒例だった。 […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:スクーター部門【フルモデルチェンジのPCXが4連覇】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。スクーター部門では、PCXシリーズが4年連続の戴冠。研ぎ澄まされた実用性の高さが、安定した高評価を受けた形だ。 魅力アップで盤石の4連覇 ‘20年のMOTYでは、人気コミューターのPCXと新顔SUVのADV150が接戦を展開し、PCXが勝利。今回またも2強が抜け出すが、’21でフルモデルチェン […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:アメリカン部門【同門レブル対決は兄貴分の1100が勝利】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。アメリカン部門では’19年からレブル250が2連覇を達成しており、’21年は新たにラインナップされたレブル1100との同門対決に注目が集まったが、軍配は兄貴分の1100に上がった。 兄弟対決は兄貴に軍配 ’19年に常勝のゴールドウイングをレブル250が破り、初戴冠からの2連覇を達成。なんと言っ […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:オフロード部門【セロー涙のファイナルから2連覇】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。アドベンチャー系を含むオフロード部門では、’20年で生産終了となったロングでラーモデル・セロー250が、強豪アフリカツインと競り合い、2連勝を飾った。 37年目、最後の花道を飾った! アドベンチャー系を含むオフロード部門は、’85年デビューのセローが涙のファイナルとなり、見事栄冠を勝ち取ったの […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:ストリートスポーツ50~125cc部門【ハンターカブが破竹の勢いで快進撃】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ50~125cc部門はホンダCT125ハンターカブが圧勝。その他のホンダ車がランキングを占める中、2位に入賞したスズキGSX-R125の健闘にも注目だ。 トリプルスコアで野生児がV2マーク 当部門は、’13年以来グロム/モンキー125らホンダ勢が勝利を重ねている。前年は話題作 […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:ストリートスポーツ250cc部門【クラス唯一の4気筒が2年目の快挙】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ250cc部門ではカワサキのニンジャZX-25Rがデビューイヤーに続き2連覇の快挙。”250cc4気筒”という独自の地位を築き上げて、’21年も根強い人気を誇った。 唯一の4気筒が底力。最多得票で一人旅! ’20モデルでデビューした現行唯一のニーゴー4 […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:ストリートスポーツ400cc部門【新星GB350が部門賞を獲得】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシンオブザイヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ400cc部門では、例年CB400シリーズが人気を集めていたが、’21年は当年デビューのGB350が首位を獲得。幅広い層からの注目度の高さを改めて示した。 長老の2台に新星が競り勝ち 毎回、ロングセラーのCB400シリーズが強い当部門。通算24勝目を狙うCBと、’21で新登場した同 […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:ストリートスポーツビッグバイク部門【隼が総合部門との2冠を達成】

読者投票で人気ナンバー1を選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツビッグバイク部門ではスズキのハヤブサが選ばれ、総合部門と同時受賞を果たした。 やっぱり強い、隼が余裕のV 例年、各部門では総合部門とは異なるマシンが選ばれ勝利するのだが、今回は総合部門に続いて復活のハヤブサが2冠を達成。根強い人気を見せつけた。以降3位まで総合と同じ順番で、Z900RS/CB1100 […]

最新の記事

ホーム丸山浩の新型ヤマハYZF-R7高速走行インプレ【vsライバル徹底比較#4:RS660/CBR650R/ニンジャ650】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース