チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:ストリートスポーツ400cc部門【新星GB350が部門賞を獲得】

"マシン オブ ザ イヤー2021"結果発表:ストリートスポーツ400cc部門

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシンオブザイヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ400cc部門では、例年CB400シリーズが人気を集めていたが、’21年は当年デビューのGB350が首位を獲得。幅広い層からの注目度の高さを改めて示した。

●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明)

長老の2台に新星が競り勝ち

毎回、ロングセラーのCB400シリーズが強い当部門。通算24勝目を狙うCBと、’21で新登場した同門のGB350がツバ競り合いを見せ、GBがわずか11票差で逃げ切った。部門別の最多勝はVMAXの25勝で、あと2勝でCBが並ぶ。生産終了の噂をはね除けてCBが勝ち星を重ねるのか、このままGBに世代交代するのか注目が集まる。これらに負けじとファイナルのSRも票を集め、僅差で3位に入った。

第1位:ホンダGB350/S〈429票〉見事デビューウィン!

ホンダGB350/S

[写真タップで拡大]

この時代に空冷シングルを新設計し、味わいと快適さを両立した人気ネオクラ。50万円台の価格も魅力的で、’21年の話題をさらった。10代からオジサマまで幅広い年齢層から支持され、空冷を好む読者も多し!

読者の声:新しい時代が始まった】●スタイル/価格/クオリティが良い(東京K.S.) ●SRよりも現代風なところが良い(香川K.N.) ●”シングルクラシック”新しい時代の幕開け(静岡T.S.)

第2位:ホンダCB400SF/SB〈418票〉圧倒的な完成度に拍手!

ホンダCB400SF/SB

[写真タップで拡大]

【読者の声】●クラス唯一の4気筒。永遠の名車です(静岡M.Y.) ●バランスの良い完成されたバイク(愛知T.M.) ●とても乗りやすかった(大分T.K.)

第3位:ヤマハSR400ファイナルエディション/リミテッド〈381票〉国産バイクの宝よ永遠に!

ヤマハSR400ファイナルエディション/リミテッド

[写真タップで拡大]

【読者の声】●独自路線を貫いて、真似の出来ない存在まで昇華しました(三重K.N.) ●日本MCの宝(福島K.K.) ●これぞジャパニーズスタンダード(兵庫Y.H.)

MOTY ストリートスポーツ400cc部門 1~5位

マシン オブ ザ イヤー2021|ストリートスポーツ400cc部門

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホーム[’22前期版]国産新型バイクカタログ:126~250cc軽二輪総まとめ#2(ネイキッド&クルーザー)
WEBヤングマシン|新車バイクニュース