チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:オフロード部門【セロー涙のファイナルから2連覇】

マシン オブ ザ イヤー2021 オフロード部門

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。アドベンチャー系を含むオフロード部門では、’20年で生産終了となったロングでラーモデル・セロー250が、強豪アフリカツインと競り合い、2連勝を飾った。

●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明)

37年目、最後の花道を飾った!

アドベンチャー系を含むオフロード部門は、’85年デビューのセローが涙のファイナルとなり、見事栄冠を勝ち取ったのが前回。今回はエントリーから外れると思いきや、ラインナップに残っていたため、継続参戦する事態に。結果、前年と同様またも強豪アフリカツインと競り合い、セローが2連勝を果たした。3位は全面刷新したトレーサー9GTで、ランク外から躍進。同率でスズキのアドベンチャー旗艦、Vストローム1050が3位に入った。

第1位:ヤマハ セロー250ファイナルエディション〈248票〉ラストで2連覇!

ヤマハ セロー250ファイナルエディション

[写真タップで拡大]

“マウンテントレール”という独自の世界観で初代225が登場したのは’85年。熟成を重ねてきたが、規制強化により’20モデルで生産終了となった。ファイナル仕様は初代イメージの車体色と特製エンブレムが特徴だ。近年は’15/’18年と勝ち星を挙げており、今回で連覇も達成した。

【読者の声:万能さと扱いやすさが愛された】●なんでなくなってしまうのか、残念でならない。最高のマシン(福岡K・S) ●2台持ち可能なら絶対欲しい(東京T・H) ●愛される日本のオフローダー(北海道M・I) ●スニーカーの様に何にでも使えて扱いやすい(三重K・N) ●今後のヤマハに期待します(岩手M・M)


第2位:ホンダCRF1100Lアフリカツインシリーズ〈202票〉安定の冒険王

ホンダCRF1100Lアフリカツインシリーズ

[写真タップで拡大]

’16の登場から通算3勝を挙げているホンダの最高峰アドベンチャー。’20で1000→1100に強化し、さらに戦闘力と人気を高めた。セローが消えた次回以降、長期政権を築くか?

【読者の声:性能に絶賛集まる】●大型でもオフが楽しめる(兵庫M・H) ●素晴らしさは乗った人間しかわからない。一度乗ると、他のアドベンチャーは選択肢に上がらなくなる(群馬A・T) ●山で遊ぶってなったらこれかな!(北海道R・K)

第3位:ヤマハ トレーサー9GT〈133票〉刷新で大躍進!

ヤマハ トレーサー9GT

[写真タップで拡大]

読者の声】●新型となり出来がよかった(京都D・Y) ●コスパが良いから(千葉T・F ) ●豪華装備とデザインがすばらしい(神奈川A・M)

第3位:スズキ Vストローム1050/XT〈133票〉旗艦が意地の表彰台

スズキ Vストローム1050/XT

[写真タップで拡大]

読者の声】●デザイン良いしお値段もいい感じで欲しい(岡山K・Y) ●積載量が他のバイクを凌駕するしなにより燃費が凄まじい(和歌山S・M)

MOTY オフロード部門 1~5位

マシン オブ ザ イヤー2021 オフロード部門

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

[特集] マシン オブ ザ イヤー2021投票結果に関連する記事

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:外国車部門【BMWが2連覇の快挙】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。’20年から外国車部門の目玉となったドゥカティとBMWの一騎打ち。’21年はM1000RRとパニガーレV4シリーズの熾烈な争いとなったが、僅差でBMW側に軍配が上がった。 M1000RRが4度目の快挙! ’98年から始まった外国車部門は、ドゥカティの最高峰モデルが勝ち星を収めるのが恒例だった。 […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:スクーター部門【フルモデルチェンジのPCXが4連覇】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。スクーター部門では、PCXシリーズが4年連続の戴冠。研ぎ澄まされた実用性の高さが、安定した高評価を受けた形だ。 魅力アップで盤石の4連覇 ‘20年のMOTYでは、人気コミューターのPCXと新顔SUVのADV150が接戦を展開し、PCXが勝利。今回またも2強が抜け出すが、’21でフルモデルチェン […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:アメリカン部門【同門レブル対決は兄貴分の1100が勝利】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。アメリカン部門では’19年からレブル250が2連覇を達成しており、’21年は新たにラインナップされたレブル1100との同門対決に注目が集まったが、軍配は兄貴分の1100に上がった。 兄弟対決は兄貴に軍配 ’19年に常勝のゴールドウイングをレブル250が破り、初戴冠からの2連覇を達成。なんと言っ […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:オフロード部門【セロー涙のファイナルから2連覇】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。アドベンチャー系を含むオフロード部門では、’20年で生産終了となったロングでラーモデル・セロー250が、強豪アフリカツインと競り合い、2連勝を飾った。 37年目、最後の花道を飾った! アドベンチャー系を含むオフロード部門は、’85年デビューのセローが涙のファイナルとなり、見事栄冠を勝ち取ったの […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:ストリートスポーツ50~125cc部門【ハンターカブが破竹の勢いで快進撃】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ50~125cc部門はホンダCT125ハンターカブが圧勝。その他のホンダ車がランキングを占める中、2位に入賞したスズキGSX-R125の健闘にも注目だ。 トリプルスコアで野生児がV2マーク 当部門は、’13年以来グロム/モンキー125らホンダ勢が勝利を重ねている。前年は話題作 […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:ストリートスポーツ250cc部門【クラス唯一の4気筒が2年目の快挙】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ250cc部門ではカワサキのニンジャZX-25Rがデビューイヤーに続き2連覇の快挙。”250cc4気筒”という独自の地位を築き上げて、’21年も根強い人気を誇った。 唯一の4気筒が底力。最多得票で一人旅! ’20モデルでデビューした現行唯一のニーゴー4 […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:ストリートスポーツ400cc部門【新星GB350が部門賞を獲得】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシンオブザイヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ400cc部門では、例年CB400シリーズが人気を集めていたが、’21年は当年デビューのGB350が首位を獲得。幅広い層からの注目度の高さを改めて示した。 長老の2台に新星が競り勝ち 毎回、ロングセラーのCB400シリーズが強い当部門。通算24勝目を狙うCBと、’21で新登場した同 […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:ストリートスポーツビッグバイク部門【隼が総合部門との2冠を達成】

読者投票で人気ナンバー1を選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツビッグバイク部門ではスズキのハヤブサが選ばれ、総合部門と同時受賞を果たした。 やっぱり強い、隼が余裕のV 例年、各部門では総合部門とは異なるマシンが選ばれ勝利するのだが、今回は総合部門に続いて復活のハヤブサが2冠を達成。根強い人気を見せつけた。以降3位まで総合と同じ順番で、Z900RS/CB1100 […]

最新の記事

ホーム1着のオフロードパンツから、4つのパリダカールラリータイトル獲得まで
WEBヤングマシン|新車バイクニュース