第49回『マシン・オブ・ザ・イヤー2021』人気投票受付スタート【今年のイチバン、決めちゃいます!】

第49回『マシン・オブ・ザ・イヤー2021』人気投票

●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明)

伝統のガチンコ企画。すべての現行車から”推し”を選べ!

「マシン・オブ・ザ・イヤー(MOTY)」は、その年に販売された新型バイクから人気ナンバー1を決めるヤングマシン恒例イベント。読者からの1票で順位が決まるヤラセ一切なしのガチ企画は、今回でなんと49年目! ’72年創刊の『ヤングマシン』は、翌’73年からカー・オブ・ザ・イヤーのバイク版としてこの企画をスタート。現在も続いている2輪&4輪のプライズとして国内最長&最古を誇る。

MOTYの投票は部門ごとに分かれているが、中でもアツいのは総合部門。日本で買える国産+外国車の全ラインナップから、排気量やジャンルの垣根を超えて1台を選ぶため、ここで栄冠を獲得した1台は文字通り当年の”顔”ということになる。

総合部門のここ10年間を振り返ってみたのが下の表だ。以前からハヤブサやH2など突出した高性能ビッグバイクが勝利する傾向にあったが、近頃は潮目が変わりつつある。’19年はカタナ、’20年はニンジャZX‐25Rと独自の個性を持つモデルが栄冠に輝いているのだ。また小排気量車が上位に喰い込んできたのも近年の特徴。年を追うごとに順位の予測がつきにくくなっているのが正直な感想だ。

’21年の注目株としては、3代目ハヤブサ/GB350/パンアメリカらの新顔。それに長い歴史に幕を降ろしたSR400やセロー250などラストモデルの動向も気になるところだ。

新型コロナが猛威を奮ったが、意欲的な新作が登場し、入手困難モデルが続出するなどバイクブームも一段と加速した’21年。そんな中で選ばれるイチバンは必ず価値があるハズ。決めるのはアナタの1票だ!

MOTYヒストリー

記念すべき第1回の投票結果は’73年9月号に掲載。総合部門は当時”最優秀車”の名称で、他に”ロードスポーツ””オフロードスポーツ”など3部門があった。最優秀車には、同3月に発売されたカワサキのZ2(750RS)が輝き、’78年まで6勝をマーク。これは歴代2位の記録で、最多勝はハヤブサの通算9勝だ。過去10年のメーカー別では、カワサキが5回、スズキが3回制覇。2強のツバ競り合いに、ホンダとヤマハの最高峰マシンが1回ずつ“待った”をかけた状況だ。

過去10年の総合部門ランキング[2011〜2020]

※写真タップで拡大します。

MOTY投票の手順

1.『ヤングマシン メンバーズ』に登録する(無料)

MOTY投票にあたり、下記ご案内ページを確認いただいた上で、登録料/年会費無料のメンバーシップサービス『ヤングマシン メンバーズ』にご登録ください。

2.メンバーズページにログインする

メンバーズページにログインし、MOTY2021投票バナーをタップ(クリック)します。

3.応募フォームから投票する

バナーをタップ(クリック)した後に表示される投票フォームにて、以下のA〜H部門および総合部門の9項目について、今年あなたがもっとも高く評価した1台を選んでください(各部門のノミネート車両については下のリスト参照)。

その他のアンケートにお答えいただき、投票完了です!

※ 投票期間:’21/10/25〜12/20

部門別ノミネート車両リスト

A:ストリートスポーツビッグバイク部門

【ホンダ】
CB1300シリーズCB1100シリーズ
CBR1000RR-R/SPCB1000R
VFR800FCBR650R
CB650RCBR600RR
【ヤマハ】
FJR1300A/ASYZF-R1/M
MT-10/SPMT-09/SP
ナイケンGTXSR900
MT-07XSR700
【スズキ】
ハヤブサKATANA
GSX-R1000RGSX-S1000
GSX-S750SV650/X
【カワサキ】
ニンジャH2カーボンニンジャH2 SX SE/SE+
ニンジャZX-10RシリーズZ H2/SE
ニンジャ1000SXZ1000
Z900RSシリーズZ900
メグロK3W800シリーズ
ニンジャ650/KRTZ650
ニンジャZX-6R/KRT

B:ストリートスポーツ400cc部門

【ホンダ】
CB400SF/SBCBR400R
GB350/S
【ヤマハ】
SR400ファイナルエディション/リミテッドYZF-R3
MT-03
【カワサキ】
ニンジャ400/KRTZ400

C:ストリートスポーツ250cc部門

【ホンダ】
CBR250RRCB250R
【ヤマハ】
YZF-R25MT-25
【スズキ】
GSX250RジクサーSF250
ジクサー250ジクサー150
【カワサキ】
ニンジャZX-25Rシリーズニンジャ250/KRT
Z250

D:ストリートスポーツ50〜125cc部門

【ホンダ】
モンキー125グロム
CB125RCT125ハンターカブ
スーパーカブC125クロスカブ110/50シリーズ
スーパーカブ110/プロスーパーカブ50/プロ
【スズキ】
GSX-R125GSX-S125
【カワサキ】
Z125プロ

E:アメリカン部門

【ホンダ】
ゴールドウイング/ツアーレブル1100/DCT
レブル500レブル250/Sエディション
【ヤマハ】
ボルトRスペック
【カワサキ】
バルカンS

F:オフロード部門(クロスオーバー含む)

【ホンダ】
CRF1100LアフリカツインシリーズVFR800X
NC750X/DCT400X
CRF250LCRF250ラリー
X-ADV
【ヤマハ】
トレーサー9 GTテネレ700
セロー250 ファイナルエディショントリッカー
【スズキ】
Vストローム1050/XTVストローム650/XT
Vストローム250
【カワサキ】
ヴェルシス1000SEヴェルシスX250ツアラー
KLX230

G:スクーター部門

【ホンダ】
フォルツァPCXシリーズ
ADV150リード125
ディオ110ジョルノシリーズ
タクト/ベーシックダンク
ベンリィ110/プロベンリィe:II/プロ
ベンリィ/プロベンリィe:I/プロ
ジャイロシリーズジャイロe:
【ヤマハ】
TMAX560シリーズトリシティ300
XMAXマジェスティS
NMAX155/125トリシティ155/125
アクシスZシグナスX
ジョグ/デラックスギアシリーズ
ビーノイービーノ
【スズキ】
バーグマン400バーグマン200
スウィッシュ/リミテッドアドレス125
アドレス110アドレスV50
レッツ/バスケット

H:外国車部門

【ドゥカティ】
パニガーレV4シリーズパニガーレV2シリーズ
スーパースポーツ950シリーズストリートファイターV4/S
モンスター/+ディアベル1260シリーズ
Xディアベルシリーズ
ムルティストラーダV4シリーズムルティストラーダV2シリーズ
ムルティストラーダ1260エンデューロムルティストラーダ950/S
ハイパーモタード950シリーズ
スクランブラー1100シリーズスクランブラー800シリーズ
スクランブラーシックスティ2
【BMW】
M1000RRS1000RR
R1250RSK1600シリーズ
R1250RTR1250R
S1000RF900R
G310R
R nineTシリーズR18シリーズ
R1250GS/アドベンチャーS1000XR
F850GS/アドベンチャーF750GS
F900XRG310GS
C400X/GT
【トライアンフ】
スピードトリプル1200シリーズストリートトリプルシリーズ
トライデント660
ボンネビルT100/T120シリーズスピードツイン
ボンネビルボバーボンネビルスピードマスター
スクランブラー1200シリーズスラクストンRS
ストリートツインシリーズストリートスクランブラーシリーズ
タイガー1200シリーズタイガー900シリーズ
タイガー850スポーツタイガー800シリーズ
タイガー660ロケット3シリーズ
【アプリリア】
RSV4ファクトリートゥオーノV4ファクトリー
RS660トゥオーノ660
RX125SX125
【MVアグスタ】
F4シリーズスーパーベローチェシリーズ
F3シリーズラッシュ
ブルターレシリーズドラッグスターシリーズ
ツーリズモベローチェシリーズ
【モトグッツィ】
V7シリーズV85TTシリーズ
V9シリーズ
【ビモータ】
ビモータ テージH2
【KTM】
RC390
1290スーパーデュークシリーズ890デュークシリーズ
390デューク250デューク
125デューク
1290スーパーアドベンチャーシリーズ890アドベンチャーシリーズ
390アドベンチャー250アドベンチャー
690エンデューロR690 SMC R
【ハスクバーナモーターサイクルズ】
ヴィットピレン401スヴァルトピレン401/250/125
701スーパーモト701エンデューロ
FS450
【ハーレーダビッドソン】
ツーリングシリーズソフテイルシリーズ
スポーツスター1200シリーズスポーツスター883シリーズ
スポーツスターSパンアメリカ1250シリーズ
トライクシリーズCVOシリーズ
【インディアン】
FTR1200シリーズスカウトシリーズ
ビンテージシリーズチーフシリーズ
スプリングフィールドシリーズチーフテンシリーズ
ロードマスターチャレンジャーシリーズ
【ロイヤルエンフィールド】
メテオ350シリーズコンチネンタルGT650シリーズ
INT650シリーズヒマラヤ
【ファンティック】
キャバレロシリーズエンデューロシリーズ
モタードシリーズ
【SWM】
グランツーリズモ400シルバーベース400
アウトロー125エースオブスペード125
ヴァレーゼ125
SM125RRS125R
【ベネリ】
レオンチーノ250TRK251
TNT249STNT125
【マットモーターサイクルズ】
FSR125/250アキタ125/250
レイザーバック125/250モングレル125/250
ヒルツ125/250ファットサバス125
RS-13 125/250スーパー4 125/250
サバス250マスティフ250
【レオンアート】
パイルダー125デイトナ125
ヘリテイジ125ベッセル125
トラッカー125
【GPX】
デーモンGR200Rレジェンド250ツインシリーズ
ジェントルマンレーサー200デーモン150GR FI
レジェンド150シリーズ
【ヒョースン】
GV125S
【フェニックスエンジニアリング】
ガンナー50ガンナー100
【ベスパ】
プリマヴェーラシリーズLX125i-GET
スプリント150シリーズGTSシリーズ
【ランブレッタ】
V200スペシャルV125スペシャル
V50スペシャル
【イタルジェット】
ドラッグスターシリーズ
【プジョー】
ジャンゴシリーズシティスター125シリーズ
スピードファイト125シリーズツイート150 ABS SE
【アイディア】
アイディア AAカーゴシリーズ
【キムコ】
AK550ダウンタウン125i
Gディンク250iレーシングS150/S125
ターセリーS150/S125GP125i
【SYM】
マキシムTLDRG BT
クルージム250ジョイマックスZ250
ジェットSオービット3
【PGO】
ティグラシリーズGマックスシリーズ
ジェイブブ125S/デュオスボン125
【ウラル】
ギアアップシリーズCT
【BRP】
カンナム スパイダーシリーズカンナム ライカーシリーズ

[特集] マシン オブ ザ イヤー2021に関連する記事

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:外国車部門【BMWが2連覇の快挙】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。’20年から外国車部門の目玉となったドゥカティとBMWの一騎打ち。’21年はM1000RRとパニガーレV4シリーズの熾烈な争いとなったが、僅差でBMW側に軍配が上がった。 M1000RRが4度目の快挙! ’98年から始まった外国車部門は、ドゥカティの最高峰モデルが勝ち星を収めるのが恒例だった。 […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:スクーター部門【フルモデルチェンジのPCXが4連覇】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。スクーター部門では、PCXシリーズが4年連続の戴冠。研ぎ澄まされた実用性の高さが、安定した高評価を受けた形だ。 魅力アップで盤石の4連覇 ‘20年のMOTYでは、人気コミューターのPCXと新顔SUVのADV150が接戦を展開し、PCXが勝利。今回またも2強が抜け出すが、’21でフルモデルチェン […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:アメリカン部門【同門レブル対決は兄貴分の1100が勝利】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。アメリカン部門では’19年からレブル250が2連覇を達成しており、’21年は新たにラインナップされたレブル1100との同門対決に注目が集まったが、軍配は兄貴分の1100に上がった。 兄弟対決は兄貴に軍配 ’19年に常勝のゴールドウイングをレブル250が破り、初戴冠からの2連覇を達成。なんと言っ […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:オフロード部門【セロー涙のファイナルから2連覇】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。アドベンチャー系を含むオフロード部門では、’20年で生産終了となったロングでラーモデル・セロー250が、強豪アフリカツインと競り合い、2連勝を飾った。 37年目、最後の花道を飾った! アドベンチャー系を含むオフロード部門は、’85年デビューのセローが涙のファイナルとなり、見事栄冠を勝ち取ったの […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:ストリートスポーツ50~125cc部門【ハンターカブが破竹の勢いで快進撃】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ50~125cc部門はホンダCT125ハンターカブが圧勝。その他のホンダ車がランキングを占める中、2位に入賞したスズキGSX-R125の健闘にも注目だ。 トリプルスコアで野生児がV2マーク 当部門は、’13年以来グロム/モンキー125らホンダ勢が勝利を重ねている。前年は話題作 […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:ストリートスポーツ250cc部門【クラス唯一の4気筒が2年目の快挙】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ250cc部門ではカワサキのニンジャZX-25Rがデビューイヤーに続き2連覇の快挙。”250cc4気筒”という独自の地位を築き上げて、’21年も根強い人気を誇った。 唯一の4気筒が底力。最多得票で一人旅! ’20モデルでデビューした現行唯一のニーゴー4 […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:ストリートスポーツ400cc部門【新星GB350が部門賞を獲得】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシンオブザイヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ400cc部門では、例年CB400シリーズが人気を集めていたが、’21年は当年デビューのGB350が首位を獲得。幅広い層からの注目度の高さを改めて示した。 長老の2台に新星が競り勝ち 毎回、ロングセラーのCB400シリーズが強い当部門。通算24勝目を狙うCBと、’21で新登場した同 […]

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:ストリートスポーツビッグバイク部門【隼が総合部門との2冠を達成】

読者投票で人気ナンバー1を選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツビッグバイク部門ではスズキのハヤブサが選ばれ、総合部門と同時受賞を果たした。 やっぱり強い、隼が余裕のV 例年、各部門では総合部門とは異なるマシンが選ばれ勝利するのだが、今回は総合部門に続いて復活のハヤブサが2冠を達成。根強い人気を見せつけた。以降3位まで総合と同じ順番で、Z900RS/CB1100 […]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|新車バイクニュース