大阪、東京、名古屋MCショー出展へ

ついに来たーっ!! ホンダが新型「ダックス125」「スーパーカブ110」「ホーク11」ほかMCショー出展概要を発表!

ホンダは、「第38回大阪モーターサイクルショー2022」「第49回東京モーターサイクルショー」「第1回名古屋モーターサイクルショー」に、世界初公開となる2機種を含む合計37台(予定)のバイクを出展すると発表した。注目は初お披露目のダックス125、ホーク11、そして新型スーパーカブ110だ!

↓追記:欧州で詳細が発表されたので、下記リンク先で解説しています!

HAWK 11とダックス125は世界初公開!

ホンダのモーターサイクルショー出展概要が明らかになった。「第38回大阪モーターサイクルショー2022」「第49回東京モーターサイクルショー」「第1回名古屋モーターサイクルショー」に出展される37台(予定)のうち、以前から噂されていた「ダックス125」の世界初公開が確定。さらに、ティーザーで予告されていた「ホーク11(HAWK 11)」、そしてこちらも本誌スクープの既報通り「スーパーカブ110」のモデルチェンジ版も登場する。

このほか、国内正式発表されて間もない「NT1100」や、発売から30周年を迎えた初代モデル「CBR900RRファイアーブレード」、その30周年を記念してモデル「CBR1000RR-Rファイアーブレード30thアニバーサリー」など注目モデルを展開予定。このほか、電動スクーターの「ホンダe:ビジネスバイクシリーズ」とバッテリー交換ステーション「ホンダモバイルパワーパックエクスチェンジャーe:」のコーナーなど企画展示も行うという。

ブース全体のテーマは「HondaGOで広がるバイクライフ」とし、スマートフォンアプリ「HondaGO RIDE」の活用や、オンラインショップ「HondaGO BIKE GEAR」の紹介、バイクレンタルサービス「HondaGO BIKE RENTAL」によるバイクライフの提案などが催される。

リアルワールドとデジタルの連携として「Hondaモーターサイクルショー2022」特設サイトを展開するのもトピックだ。

HAWK 11(世界初公開)

すでにティーザー映像などが公開され、概要が少しずつ判明してきているホーク11は、CRF1100Lアフリカツイン系をベースとしたハーフカウルのカフェレーサースタイルが特徴の大型ロードスポーツモデルだ。今回の発表で明らかになったのは、ロケットカウルがFRP製だということ。

ホンダ ホーク11|Honda HAWK 11

先行特別映像の第2弾(関連記事参照)では、シートまわりの形状も明らかになったホーク11。実車が楽しみ! ※市販予定車 [写真タップで拡大]

ダックス125(世界初公開)

特徴的な鋼板プレス製のバックボーンフレームは往年のダックスを再現し、アップマフラーやLEDの丸型ヘッドライトでスタイリングを作り上げている。2人乗り対応のダブルシート、そしてクラッチレバーがない自動遠心クラッチ+ロータリー式ミッションの採用がうかがえる。絶好調のホンダ原付二種シリーズにAT免許で乗れる新顔が加わるぞ!

ホンダ ダックス125|Honda DAX 125
ホンダ ダックス125|Honda DAX 125

ダックスらしさを再現するため専用フレームを採用しただけでなく、ダウンフェンダーやメッキ仕上げのグラブバーなどディテールも追求。マニュアルクラッチのモンキー125とどっちを選ぼう……!? ※市販予定車 [写真タップで拡大]

スーパーカブ110

ロングストローク設定の新エンジンを搭載(一部海外ではすでに採用例があった)したほか、フロントディスクブレーキ化とABS採用、そして前後キャストホイール&チューブレスタイヤの採用が新しい。メーター内にはギヤポジションインジケーターや時計も追加してあるという。

ホンダ スーパーカブ110|Honda SUPER CUB 110

韓国仕様で採用例があったキャストホイールが日本のスーパーカブ110にも! エンジンはタイで先行採用されていたストローク63.1mmの新型単気筒だろう。キックスターターも引き続き装備する。リヤブレーキはドラム仕様で、ABSはフロントのみ作動の1chタイプ。 ※市販予定車 [写真タップで拡大]

第38回大阪モーターサイクルショーは2022年3月19日~21日にインテックス大阪1・2・3号館で開催。

第49回東京モーターサイクルショーは、2022年3月25日~27日に東京ビッグサイト 西1・2・3・4ホール、アトリウム、西屋上展示場にて。

第1回名古屋モーターサイクルショーは2022年4月8日~10日にAichi Sky Expoで開催される。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ホームモトグッツィ新型バイク総まとめ【’22完全新作は水冷化に可変カウルと初物尽くし!】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース