ホンダNC750Xベースのツアードオフ「トランザルプ」復活か!?〈YM未来予想〉

●文:ヤングマシン編集部 ●CG:SRD

大谷サン並みの二刀流。アルプスローダー復活か

ヤングマシンのお家芸・未来予想ラインナップに、またも懐かしい車名が…。以前から噂のあったアフリカツインの弟分がいよいよ登場し、「トランザルプ」のネーミングを襲名するようだ。

トランザルプは’87年にデビューし、オンロード重視ながらオフロードもそこそこイケるアルプスローダーとして欧州で人気を博した。フロント19インチやワイヤースポークホイール/フルカバードボディを採用していたが、この特徴を新作も継承すると予想したい。

トランザルプとは?

車名の由来は「TRANS-ALPS=アルプス越え」で、650ccVツインを搭載したパリダカールラリー系ルックの万能ツアラーとして’87年デビュー。国内では400cc版もあった。日本で消えた後も海外で熟成を続け、700ccに発展。’12年まで生産された。

'08 ホンダ XL700V トランザルプ

【’08 XL700V TRANSALP】 [写真タップで拡大]

'87 ホンダ XL600V トランザルプ

【’87 XL600V TRANSALP】■水冷4ストV型2気筒OHC3バルブ583cc 52ps 5.4kg-m 197kg [写真タップで拡大]

ベースはNC750Xの模様だ。扱いやすく淡々と走れるエンジン特性や、タンク部分のトランクスペースがトランザルプのキャラにピッタリ。安楽なDCT版も設定されるだろう。なお「エンジンは排気量を800cc付近までアップした新作」との噂もある。

NC750Xは前後17インチのキャストホイールを採用し、’21年でサスペンション長をショート化するなど、オンロード寄りの方向にシフトした。今にして思えば派生車としてトランザルプの投入を見越した変更だったのかも知れない。

パラツインのアッパーミドルアドベンチャーモデルは、BMWのGSを筆頭に強大なライバルがひしめく激戦区。往年の車名復活で、ホンダが覇権を握るか?

ホンダ トランザルプ/DCT|商標
[写真タップで拡大]

【商標は日本でも継続したて】トランザルプの商標は世界で出願済み。欧州では’06年に出願され、’15年に更新。日本は’08年に出願し、’18年12月に更新。他の地域でも権利を保有したまま現在(’21年8月)に至る。米国では’16年に失効したが、’21年2月に改めて新規出願。動きがあるのは確実と見られる。

〈YM未来予想〉’22? トランザルプ/DCT

ホンダ トランザルプ/DCT

【’22? TRANSALP/DCT|予想モデル】●予想発売時期:’22年 ●想定価格帯:100~120万円 [写真タップで拡大]

ホンダ トランザルプ/DCT|ベース|NC750X
[写真タップで拡大]

【ベース兄弟車:NC750X】日常での実用性を重視したオン指向のSUV。’21で刷新し、23L容量を誇るメットインのほか、4種類の走行モードやトラコンを備えた。価格も魅力。■水冷4スト並列2気筒OHC4バルブ745cc 58ps/6750rpm 7.0kg-m/4750rpm ■214(224)kg シート高800mm タンク容量14L ■タイヤF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●価格:92万4000円(99万円) ※()内はDCT


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報