ハヤブサ対抗? 最新電脳でカワサキ ニンジャZX-14Rが復活するか?!〈YM未来予想〉

ハヤブサ対抗? 最新電脳でカワサキ ニンジャZX-14Rが復活するか?!〈YM未来予想〉

●CG:白圡学

まだ不確実情報だが、状況的には”大アリ”

カワサキの世界最速フラッグシップとして君臨したニンジャZX-14R。排ガス規制のために国内や欧州では’19モデル限りでファイナルとなってしまったが、この14Rを復活させても良いのでは? と思える状況が揃いつつある。

ZX-14Rの後継車はスーパーチャージドツアラーのニンジャH2 SXだが、少なくとも日本では14Rの方が売れている。ファイナルとなった’20年も785台(二輪車新聞調べ)を販売、401ccクラス15位にランクインしているのに対し、H2 SXは40位以下なのだ。装備が充実しているとはいえ、14Rよりも50万円近く高いプライスタグが購入のハードルになっていることは否めないし、1441ccという最大排気量の数字にフラッグシップとしての価値を求めるユーザーもいるだろう。しかもスズキがライバルのハヤブサを新型にして送り込んできたワケで、カワサキとしては黙っているわけにはいかないのではないか?

国内で”生産終了”と言っても14Rの生産ラインがなくなったわけではなく、排ガス規制の内容が異なる北米では現在も販売は継続。ニューカラーとなった’21モデルも発表されている。それなら、14Rをユーロ5に対応させて復活させれば…。派生モデルに力を入れる同社の方針からもありえる話だろう。

カワサキ ニンジャH2 SX SE+
[写真タップで拡大]

【’21 KAWASAKI Ninja H2 SX SE/SE+】バランス型スーパーチャージャーを搭載した新世代のグランドツアラー。国内ではコーナリングライトを装備したSE以上をラインナップ。’21は電制サス装備のSE+も追加された。※写真はSE+

カワサキ ニンジャH2 SX|次期型レーダー搭載か?
カワサキ ニンジャH2 SX|次期型レーダー搭載か?

【次期型はレーダー実装か?!】2輪用レーダーをボッシュが実用化しドゥカティが採用。H2 SXの次期型にも同様の機能を搭載か? [写真タップで拡大]

YM未来予想車=ニンジャZX-14R+:最新電脳をオールイン?!

ZX-14Rが復活するとしたら、あくまでユーロ5対応がメインで、車体やエンジンは前モデルを踏襲か。電子制御の強化はあるか?

YM未来予想:カワサキ ニンジャZX-14R+[イメージCG]

【KAWASAKI Ninja ZX-14R+|IMAGE CG】 [写真タップで拡大]

フル電子制御サスペンション

【フル電子制御サスペンション】H2 SX SE+のほか、ZX-10Rやヴェルシス1000にも導入されている最新電制サスを14Rにも採用してほしい。まさに極上ツアラーだ。 [写真タップで拡大]

上下対応クイックシフト

【上下対応クイックシフト】電制スロットル化することにより、上下対応クイックシフターも可能に。やはりツアラーとして必須の装備だろう。 [写真タップで拡大]

スマホ連動カラーTFTメーター

【スマホ連動カラーTFTメーター】ユーロ5対応のために電子制御を強化するなら、メーターも新型になるか。どうせならスマホ連動機能も追加したらどうか。 [写真タップで拡大]

フルLED&コーナー灯

【フルLED&コーナー灯】灯火類はフルLEDに改められるのはもちろんのこと、グランドツアラーとしてコーナリングライトも欲しい。 [写真タップで拡大]

ベースモデル:’21 ニンジャZX-14R[北米仕様]

スズキ ハヤブサを凌ぐ1441ccの大排気量を誇り、自然吸気ながら最高出力200psを発揮。GPZ900R → GPZ1000RX → ZX-10 → ZZR1100 → ZZR1400と連綿と続いたカワサキ世界最速フラッグシップの系譜に連なる。’19で国内&欧州は終了したが、どっこい北米では今も現役。’21ニューカラーも登場した。

カワサキ ニンジャZX-14R[北米仕様]

【’21 KAWASAKI Ninja ZX-14R】 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-14R[北米仕様]
[写真タップで拡大]

【伝統のモノコックフレーム】モノコックバックボーンという、世界でも唯一の特徴的なフレームを採用する14R。長年に渡る改良で操安性も熟成の極みにある。

カワサキ ニンジャZX-14R[北米仕様]

自然吸気でH2 SXと同じ200psを発揮するエンジン。ユーロ5に対応するためには電制スロットル化が必須か? [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-14R[北米仕様]

アナログメーターの上に大型のモノクロ液晶を持っていた。電子スロットル化に合わせここはカラーTFT化か? [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報