ホンダの兄弟車戦略、アフリカツイン→レブル→NTのお次はビッグネイキッド「GB1100」か?!〈YM未来予想〉

●文:ヤングマシン編集部

GBとレブル、人気車2台の血統がひとつに!? 親玉らしい味わいもアリ

「アフリカツインのエンジンを採用した、日本市場専用の新作ビッグネイキッド」。そんな噂が『ヤングマシン』誌スクープ班に舞い込んできた。

情報はそれだけで、詳細はまったくの不明。しかしながら、アフリカツインの水冷パラツインを積んだネイキッドらしきフレームの特許が、’18年8月にホンダから出願されていた。さらに’21年、アフリカツインの心臓を用いたレブル1100がリリースされたばかり。次の派生モデルとしてネイキッドがリリースされるのは不思議な話ではないだろう。

[写真タップで拡大]

ホンダが出願したフレームの特許。心臓はアフリカツインで、メインフレームは鋼管トレリス。サブにアルミを用いる。

そして今の時代、”国内向けのネイキッド”と言えば、懐古的スタイルのネオクラシックが鉄板。近頃リリースされたホンダのネオクラで、真っ先に浮かぶのは「GB350/S」だ。

ならば、と我々が想像したのが「GB1100(仮称)」。270度クランクの並列ツインは、レブルと同様にリッターオーバーらしい鼓動感を堪能でき、GB350のシングルを上回るテイストでライダーを酔わせてくれるハズ。スポーティさも兼ね備え、懐の深いGBのキャラにもピタリとハマる。車体はやはり新設計だろう。

価格にも期待大だ。レブル1100の110万円(セミオートマのDCT仕様は121万円)と同程度の、身近な価格帯に収まると予想したい。ただし発売は1年以上先になりそう。アフリカツイン派生モデルのツアラー・NT1100が欧州にて先行発表されたからだ。

GB350/レブル1100という大人気を博す2台の血統を合わせたサラブレッドのGB1100。これはもうヒット間違いなしでは? と予想。

〈YM未来予想その1〉’23? GB1100/DCT:大人気350の兄貴分としてスケールアップ

GB350のフォルムはそのままに、1100ccパラツインを載せてスケールアップ。レブル兄弟と同様に、多彩な排気量にシリーズ展開されるか? なお、アフリカツインエンジンの派生車としてはNT1100が’22モデルとして発表されたため、本当にGB1100が存在するのであれば、登場は’23モデル以降?

'23? ホンダGB1100/DCT[予想モデル]

【’23? HONDA GB1100/DCT|IMAGE CG】 [写真タップで拡大]

ホンダGB350/S
[写真タップで拡大]

【HONDA GB350/S】もともと「GB」とは’80年代に活躍したネオクラシリーズのこと。250から500まで存在したが、’97年で終売した。この名称が’21年、GB350として復活。GBらしいオーソドックスなデザインと戦略価格が受け、ヒット中だ。■空冷4スト単気筒OHC2バルブ 348cc 20ps/5500rpm 3.0kg-m/3000rpm ■180kg/178kg シート高800mm 15L ■タイヤF=100/90-19 R=130/70-18(150/70R17) ●価格:55万円/59万4000円

ホンダ レブル1100/DCT
[写真タップで拡大]

【ベース兄弟車:HONDA REBEL 1100/DCT】CRF1100Lアフリカツイン譲りの270度クランク1082cc水冷パラツインを独自フレームに搭載。オートクルーズなどの電脳も満載する。スタイル/足着き性/気軽なスポーティさなど、シリーズの美点を継承しつつ魅力を増している。■水冷4スト並列2気筒OHC4バルブ 1082cc 87ps/7000rpm 10.0kg-m/4750rpm ■223/233kg シート高700mm タンク容量13L ■タイヤF=130/70B18 R=180/65B18 ●価格:110万円/121万円

トラディショナルなヨーロピアン=ホーク仕様もイケる!?

さて、GBスタイルの提案に続いて、別バージョンとして「ホーク」仕様も妄想してみたい。

ホークとは、’77年にデビューした空冷2気筒のミドルネイキッド。直4を搭載したCB400フォアの後継機としての役割を担い、軽量なツインとダイヤモンドフレームなど当時の最新技術を注入したスポーツモデルだ。

膨張室付きマフラーの独特なサウンドから「バブ」の愛称で知られ、ヤンチャ系の旧車ファンから支持がアツイ。中古車相場は100万円超、中には200万円を超えるタマもある。何より新作ネイキッドとホークには、2気筒ネイキッドという共通項がある。

ネオクラという観点から見ても、国内で”ホーク復活”はインパクト十分だろう。またホンダはホークの商標を日本でのみ登録中。’12年に更新を申請し、’23年4月まで商標は有効だ。これもホーク仕様の可能性を裏付けると言える。

ホンダ|ホークの商標登録
[写真タップで拡大]

【日本でのみ登録継続】ホンダは’90年6月に「HAWK(ホーク)」を日本で商標出願し、93年4月に登録。商標は登録から10年で終了するが、更新すれば期限が10年伸びる。ホンダはこれまでに2回更新し、ホークの名称にこだわりを見せる。

スタイルに関しては…、悩ましい。ホークは初期型のヤカンタンク/角タンク/CB750F/900F風のホークIIIなどスタイルが様々だからだ。我々が推したいのは、ホークIII系。現在のネオクラはトラディショナル系が全盛だが、ヨーロピアンスポーツの出で立ちはライダーの目に新鮮に映るだろう。’20年春のショーでホンダが提示したCB1000Rベースの「CB‐Fコンセプト」は未だ登場していないが、いよいよそのデザインを活かした市販版が登場することにもなる。

この国内専用の次世代ネイキッドが登場すれば、ファイナルエディションとなった空冷直4ネオクラ=CB1100の後釜も担うハズ。ヨンフォアの後継がホークだったように、現代でも4気筒→2気筒へと世代交代されるのかもしれない。また、150万円超で直4のCB1300SFとの棲み分けも明確になる。いずれにせよ、リーズナブルな新生ツインネイキッドの登場が待ち遠しい!

ホークとは?:250cc&400ccが存在した2気筒CB

ホークは、高コストだった直4のCB400フォアに代わるミドルとして開発された。ショートストロークのパラツインは、250&400とも吸気のみ2バルブの3バルブ。400は当時クラス最高の40psを発生した。ダイヤモンドフレームやコムスターホイールなどの最新技術を与えつつ、価格も手頃だった。

'77 ホンダ ホークII CB400T

【’77 HONDA HAWK II CB400T】最初に発売されたのは400のホークII。やや遅れて250が登場した。ともに丸みを帯びた”ヤカン”タンクが特徴。■空冷4スト並列2気筒OHC3バルブ 395cc 40ps/9500rpm 3.2kg-m/8000rpm ■181kg [写真タップで拡大]

'78 ホンダ ホークII CB400T

【’78 HONDA HAWK-II CB400T】角張ったタンクと減衰力が可変するFVQダンパーを導入。DCTの先駆けであるホンダマチック仕様も400に追加した。 [写真タップで拡大]

'78 ホンダ ホークIII CB400N
[写真タップで拡大]

【’78 HONDA HAWK-III CB400N】’78で派生モデルを追加。CB‐F系の外装を与え、前輪Wディスク/6速化などで走りも強化した。翌年250版も登場。

〈YM未来予想その2〉’23? GB1100/DCT:スクエアなホークIIIスタイル

'23? ホンダGB1100/DCT[予想モデル]

【’23? HONDA GB1100/DCT|イメージCG】ホークIIIのCB-F系デザインで再現。新鮮な印象で、2気筒を抱いても違和感ナシ。CB-Fコンセプトはリヤモノサスだったが、ツインショックが似合う! [写真タップで拡大]

'20 ホンダCB-Fコンセプト [コンセプトモデル]
[写真タップで拡大]

【未登場のCB-Fコンセプト】’20年春のWEBショーで、水冷直4のCB1000RをベースにしたCB750/900Fイメージの「CB-Fコンセプト」が披露。市販間近と思われたが、未だ音沙汰がない。ホンダ内部では次期CBのあるべき姿として様々な案が検討され、CB-F案はお蔵入りの可能性が噂されていた。が、ここに来てツインでF復活の可能性も出てきた?

〈YM未来予想その3〉’23? GB1100TT:カフェタイプも存在するか?!

ノンカウル版に加え、ロケットカウル/低いハンドル/上級な足まわりなどを与えたスポーツ仕様が存在する可能性も。ホンダは17年秋のミラノショーでコンセプト車「CB4インターセプター」を出展。これもCB-Fコンセプトと同様にCB1000Rがベースだったが、未だ発売されていない。GB1100をベースにカフェレーサーとして仕上げれば、一粒で2度美味しいハズだ。

'23? GB1100TT[予想モデル]

【’23? HONDA GB1100TT|イメージCG】 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報