上・手・近・道「工具あれこれ」

バイク整備工具は適材適所がキモ。72歯ラチェット&スリムでコンパクトなソケット群〈コーケン〉

72歯ラチェット&スリムでコンパクトなソケット群〈コーケン〉

バイクのメンテナンスでは、ハンドルとソケットの組み合わせによってさまざまな作業を効率良く進められる。これはソケットレンチの専売特許のようなもの。’21年にリリースした差込角3/8インチのZ-EAL72歯ラチェットハンドルがヒット中のコーケンは、ソケットレンチ専門メーカーとして多様なラインナップを展開している。

●文/写真:モトメカニック編集部 ●外部リンク:山下工業研究所

明確な個性で場面ごとに使い分け

どれを選べば分からなくなるほど多様なラインナップを誇るコーケンのソケットだが、この記事で紹介する製品に限ってもアイテムごとの個性が明確に分かれている。

例えば、72歯のラチェットが優秀なことに異論はないが、スピンナハンドルの方が重宝する場面もある。「自分はこの工具で作業する」と決めてしまうと、それが足かせになることもある。専門メーカーがユーザーニーズに応えて開発した製品には、どれも必然性があるのだ。

適材適所で使い分けたいラチェットハンドル&スピンナハンドル

ソケットレンチを使うならハンドルはラチェットを使うのが常識。そんな固定観念を覆すのがスピンナハンドル。ボルトナット周辺の干渉物を避けられトルクを掛けやすいロングタイプは、ブレーキや足まわりのメンテ作業で重宝する。250mmタイプは早回しも得意。

発売以来大ヒット中の72歯3/8Z-EALラチェット3725Zに対し、2725Z-3/8は1/4のボディと3/8の差込角の組み合わせが特長。ギアは36歯だが、全長114mmの手のひらサイズで狭い場所での優位性がある。

Z-EAL|ラチェットハンドル

【コーケン Z-EALラチェットハンドル3725Z/2725Z-3/8】●希望小売価格:6950円/7100円 [写真タップで拡大]

Z-EAL|スピンナハンドル

【コーケン Z-EALスピンナハンドル[250mm]3768Z-250/[400mm]3768Z-400】●希望小売価格:4500円/7270円 [写真タップで拡大]

Z-EAL|スピンナハンドルとラチェットハンドル
[写真タップで拡大]

全長400mmのスピンナハンドル3768Z-400と114mmの2725Z-3/8ではこれほどの差がある。差込角は同じ3/8インチでも、このリーチの違いでできる作業が変わってくる。

狭い場所での使い勝手の良さとねじれに強い、劇的に短い全長25mmのヘックスビット

狭い穴の奥にあるキャップボルトに対応できるよう、ヘックスビットソケットは軸長が長くなるのが一般的。ところがコーケンでは差込角3/8で全長25mm(!) という超ショートタイプを用意している。ボルト上部のクリアランスが少ない場面で有利で、軸のねじれがないためトルクをしっかり伝えられる。

Z-EAL|ヘックスビットソケット

【コーケン Z-EALヘックスビットソケット3010MZ-50/3012M-25】対辺5mm●希望小売価格:1160円/1440円 [写真タップで拡大]

Z-EAL|ヘックスビットソケット
[写真タップで拡大]

ともに対辺5mmながら、全長50mmのZ-EALに対して25mmの3012M-25は劇的に短い。ラチェットハンドルにセットしてもなお50mm以下なので、狭い場所で強い。

ロングスピンナ|使用例
[写真タップで拡大]

ロングスピンナと超ショートビットの組み合わせは、締め付けトルクが大きいキャリパーマウントボルトに最適。ロングスピンナは締め付け時のオーバートルクに気をつけよう。

組み込まれた場所やボルトナットの種類で長さが異なるソケットを使い分ける

狭い場所での作業性を追求したZ-EALのスタンダードソケットは、六角部を浅く背を低くすることでクリアランスを確保しているのが特長。ただしこれだけではボルト周辺に干渉する場合もあるので、セミディープとディープも用意してある。どれも外径の細さが際立つ。

6角ソケットセットシリーズ

【コーケン Z-EAL 6角ディープソケットセットRS3300MZ/8/6角セミディープソケットセットRS3300XZ/8/6角ソケットセットRS3400MZ/8】差込角3/8のZ-EALスタンダードソケットのサイズは5.5~22mm/セミディープ&ディープ7~19mmだが、ソケットレール付き8個組セットの入組は8/10/11/12/13/14/17/19mm。各サイズはセット品だけでなく単品でも販売されている。●希望小売価格:1万5000円/1万2400円/8220円 [写真タップで拡大]

スタンダードソケット
6角ソケットセットシリーズ

六角部の浅さを追求したスタンダードソケットは、対辺の寸法によって全長が若干異なる(19~23mm)が、セミディープとディープは対辺寸法を問わず35mmと55mmで統一。 [写真タップで拡大]

ソケットセット|付属ソケットレール
[写真タップで拡大]

ソケットセット付属のソケットレールはボールロック式のクリップがスムーズにスライドし、レール裏側にマグネットが仕込まれているなどクオリティが高い。単品購入も可能。

セミディープソケット|使用例
セミディープソケット|使用例

スリムなセミディープソケットとスピンナハンドルを組み合わせれば、周囲に余裕のない場所のボルトもアクセスしやすい。ハンドルを立てればドライバーのように早回しできる。 [写真タップで拡大]

指の掛かりの良い外周加工はコンパクトなソケットを回すのに最適

ラチェットハンドルとソケットの間にセットする3/8インチのZ-EALのクイックスピンナーには、スタンダード/小径のコンパクト/差込角を変換するアダプターの3タイプがある。スタンダードの外径は28mmで、スリムなソケットを単品で回す際にも便利。

Z-EAL|クイックスピンナー

【コーケン Z-EALクイックスピンナー3756Z】●希望小売価格:2200円 [写真タップで拡大]

Z-EAL|クイックスピンナー
Z-EAL|クイックスピンナー

コーケンのラチェットハンドルは空転トルクが軽く、緩んだボルトやナットも回せるのが長所だが、クイックスピンナの併用で作業がさらに楽になる。ハンドルを使わず指でソケットを回す時にもサイズがちょうど良い。 [写真タップで拡大]

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報