オプションパーツカタログもあるよ!

2気筒のザッパーは有り? 無し? カワサキ「Z650RS」が目指した“カジュアルなレトロスポーツ”像

9月27日に欧州で発表されたカワサキの新型レトロスポーツ「Z650RS」は、日本を含めた世界中で話題騒然。ただ、搭載しているのはZ650と同じ並列2気筒エンジンということで、4気筒を待望していたファンからは「残念」「コレジャナイ」という声も。だがここには、カワサキのしたたかな戦略があるように思えてならない。

俊敏な運動性、風を切る音“ZAP”、それがザッパーの本質だ!

2017年末にZ900RSが登場した際にも、「“Z”スタイルなのに1本サス」や「空冷4気筒がよかったのに水冷か」といった声はあったが、その後の躍進は目覚ましく、2018年~2020年には401cc以上クラスの販売台数では文句なしの3連覇を遂げ、2021年も4連覇を狙う構えだ。

長年メディアに携わってきた身として実感しているのは、発表時に賛否ともに声が大きかった製品は長きにわたって愛されることが多いということ。デザインには寿命というものがあると言われるが、多少の違和感を持って迎えられ、それが消化されるまでに時間のかかる製品はデザイン寿命も長い傾向にある。なかなか埋もれない存在感があるといってもいいかもしれない。

デザインと言えばイタリア! というわけでもないが、ドゥカティのパニガーレシリーズや水冷ムルティストラーダ、古くは初代モンスターや916系なども、そんなところがあったように記憶している。もちろんイタリアに限らずとも、BMWの左右非対称フェイスを採用したGSシリーズや、スズキで言えば古くはカタナ、そしてハヤブサが先鞭を付けた縦眼+ラムエアダクトの顔は現在も、メーカーの代名詞として存在感を示している。

Z900RS/Z650RSが同じような道を辿るかどうかは時間が証明していくだろうが、そもそも1972年に登場したZ1の不滅のデザインを現代に継承したのがZ-RSでもあるわけで、Zの物語は今後も続くと見て間違いないだろう。

そこで気になるのは、Z650RSのスクープ記事を展開した時から聞かれる「4気筒じゃないのは残念」「こんなのザッパーじゃない」という声だ。

KAWASAKI 900 SUPER4_Z1[1972]

1972年に登場し、今も色あせないカワサキ900Super4、通称Z1(ゼットワン)。国内では法規の関係上ラインナップせず、1973年に排気量ダウンした国内版の750RS、通称Z2(ゼッツー)を41万8000円で発売した。※写真は1972年式Z1 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS[2018]

2018年モデルとして2017年末に発売されたZ900RSは、Z1/Z2の伝説が始まったときにまとっていた“火の玉カラー”を現代に再現。キャストホイールにモノショックなど細部は異なるがZのスタイリングを再現していた。初期型価格は129万6000円 [写真タップで拡大]

実のところカワサキ自身はこれを「ザッパーです」とは言っておらず、奥ゆかしく旧Z650(つまりザッパー)と並べた写真を公開しているのみ。むしろこれをザッパーの再来と騒ぎ立てているのは、我々をはじめとしたメディアのほうである。

その根拠は何かと言えば、まず単純に排気量が650ccであること。厳密には空冷4気筒652ccの旧Z650と水冷2気筒649ccのZ650RSではあるものの、カワサキが伝統的に強みとしてきた“マジックナイン”こと900ccクラスと対比すれば、大きなくくりでは650ccクラスはカワサキのもうひとつの伝統だ。

そしてもうひとつ、ザッパー(ZAPPER)の語源となった“ZAP”は英語圏における風を切る擬音であり、俊敏に動く様子を表現したものでもある、ということが根拠になる。言い換えれば軽快な加速や俊敏なハンドリングを持ったバイクということになり、フラッグシップのZ1/Z2に対し軽量コンパクトさで勝負した旧Z650のコンセプトを見事に言い表したのが“ザッパー”というキーワードだったのだ。そして、この“軽快で俊敏、コンパクトであること”を現代の技術やZ900RSとの立ち位置の違いなどから導き出したのが、新型レトロスポーツのZ650RSということになる。

KAWASAKI Z650RS[2022]
KAWASAKI Z650[1976]

KAWASAKI Z650[1976 model]■排気量652cc 最高出力64ps/8500rpm 最大トルク5.8kg-m/7000rpm 車重211kg 価格435,000円(諸元と価格は全てヤングマシン1977年1月号より)……当時の記事には「カワサキ最新のビッグ・モデル650ccDOHC4気筒のエンジンは、出力特性もすばらしく、750に十分対抗できる性能を持っている。吹き上がりの軽いエンジンと操作の確実なミッションは、スポーツ・ライディングを楽しくさせるはずだ。オートバイのおもしろさを感じさせるマシンといえる。」とあった。写真左はZ650RSと並んだもの。 [写真タップで拡大]

昔のバイクとスペック比較してみると……

旧Z650は最高出力64ps/8500rpmに乾燥重量211kgだったが、Z650RSは最高出力68ps/8000rpmに装備重量187kgである。装備重量とは、車体に全ての油脂類を装着&搭載し、ガソリンも満タンにした状態の車重で、現在はこの数値のカタログへの記載が主流。そして前世紀に主流だった乾燥重量とは、油脂類を含まずガソリンも空の状態での車重である。

時代にもよるが乾燥重量の数字はいい加減なもので、特にスペック競争の激しかった1980年代には、ガソリンどころかエンジンオイルも抜き、果てはフォークオイルやバッテリー液なども抜いたうえ、ゴムパッキンまで除外した車重を記載していたものもあるという。だから、燃料タンク容量が17~18L程度しかないのに乾燥重量と車両重量(装備重量と同じ)が20kg以上も違う、なんてことがままあったのだ。

もちろん旧Z650がそのたぐいというわけではないが、乾燥重量211kgは装備重量でいえば確実に220kg台後半以上になるはずで、いっぽうZ650RSの装備重量は乾燥重量に換算すれば170kg台、1980年代のような手口を使えば160kg台と記載することすら可能かもしれない。

45年前の車両と比較しても意味がないと考える向きもあるだろうから、現在の最新モデルでも考えてみたい。まず現行モデルZ900RSの車両重量は215kgであり、Z650RSの187kgは28kgも軽量だ。この単純な重量差だけでなく、クランクシャフトが短い2気筒はジャイロモーメントでも有利だし、最大の重量物であるエンジン自体が軽くコンパクトでもある。さらにホイールベースは1470mm(Z900RS)に対し1405mm(Z650RS)と短く、後輪は180/55ZR17(Z900RS)と160/60ZR17(Z650RS)と2サイズほど細い。細かいことを言えば、φ41mmの正立フォークもステアリングの慣性重量軽減に貢献するだろう。これら車重以外の要素も相まって、軽快で鋭い走りが形づくられていく。

もともと現行Z650は扱いやすいエンジン特性と素晴らしいハンドリングを兼ね備えており、これをベースとしたZ650RSの運動性も同様なはず。最高出力は68psでも、車重の軽さと2気筒ならではのソリッドなトルク特性によって、ストップ&ゴーの街乗りや低中速ワインディングで、乗り手によっては兄貴分を脅かすパフォーマンスを発揮するに違いない。

ただひとつ、サウンドについては「4気筒のほうが好き」と言われれば反論のしようがない。とはいえ、それならば4気筒のZ900RSを選べばいいだけである。Z900RSは138万8600円で、予想価格97万5000円前後のZ650RSとは価格差があるものの、215kgは軽快と言える範疇で初心者でも乗りやすく、また旧Zを彷彿とさせるようなゴワついた4気筒サウンドも健在。さらに上を望むなら、下記のようにオーリンズ製サスペンションやブレンボ製ブレーキで強化されたSEも来春には発売される予定だ。

KAWASAKI Z650RS[2022]

【KAWASAKI Z650RS[2022 model]】主要諸元■全長2065 全幅800 全高1115 最低地上高125 軸距1405 シート高820(各mm) 車重187kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ 649cc 68ps/8000pmm 6.5kg-m/6700rpm 変速機6段 燃料タンク容量12L■キャスター24°/トレール100mm ブレーキF=φ300mmダブルディスク+2ポットキャリパー R=φ220ディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●参考価格:7549英ポンド~(日本円換算約114万8000円) ※諸元や価格は全て欧州仕様 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS SE[2022]

【KAWASAKI Z900RS SE[2022 model]】主要諸元■全長2100 全幅865 全高1150 最低地上高140 軸距1470 シート高810(各mm) 車重215kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 948cc 111ps/8500rpm 10.0kg-m/6500rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L■キャスター25.0°/トレール98mm ブレーキF=φ300mmダブルディスク+4ポットキャリパー R=φ250mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:160万6000円 ●色:黒×黄 ●発売日:2022年春頃 [写真タップで拡大]

あえて相似形の縮小版とせず、2気筒エンジンを中心にZ650RSのキャラクターを組み立てたカワサキには、その割り切りぶりに感心するとともに、価格を抑えることで多くのユーザーにレトロスポーツZの世界観を提供したい、という強い意志を感じずにはいられない。以前の記事でも書いたように、もしもZ650RSを4気筒でつくっていたとしたら、高価なニンジャZX-6Rベースのエンジンを選択することになった可能性が高く、結局はZ900RSと変わらない価格で、少しコンパクトなマシンが出来上がっていただけかもしれないからだ。

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

日本仕様の発売時に全て同じものが揃うかどうかはわからないが、欧州発表の純正アクセサリーも紹介しよう。昭和っぽいパイプ製のグラブレールや旧い書体のカワサキロゴ、現代的なUSB充電ソケットなどが魅力的だ。

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

シート高が800mmになるローシート。日本仕様はこちらが標準装備になる可能性も? [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

こちらはシート高820mmの欧州標準シート。かなりフラットな形状で、ローシートとは佇まいも変わりそう。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

大文字かつ斜体がかかったソリッドな書体のタンクロゴ。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

小文字を組み合わせたコチラはノーマルタンク(参考)。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

タンクパッド。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

スイングアームピボットカバー。ノーマルはブラックだ。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

ニーブリップ部にあたるFIカバー。ノーマルはシルバーだ。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

ラジエターコアガード。比較的目が粗いハニカム状だ。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

メーターのインジケーターカバー。こちらはシルバー。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

同じくインジケーターカバーで、こちらはブラック。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

アクスルスライダー。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

フレームスライダー。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー
[写真タップで拡大]

アルマイト処理されたオイルフィラーキャップ。

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

荷掛けフック。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

USB充電ソケットはタンデムシート下に。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

引き起こしに便利なアシストブリップ(シルバー)。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

引き起こしに便利なアシストブリップ(ブラック)。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

昭和っぽいの好き……なグラブレール(シルバー)。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS の純正アクセサリー

同じくグラブレールだが、ブラックだと雰囲気が結構違う。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報