“バイクでソロキャンプ”荷物の量を決める大型シートバッグの選び方【初心者は大きいサイズを選ぶべし】

自分一人分の荷物をバイクに積んで、気の向くままに時を過ごせるソロキャンプスタイルは、他の手段では得られない格別な”自由”を堪能できるのだという。では何をどうすればその自由を手に入れられるのか? 本記事ではキャンプに必要な荷物を運ぶ大型シートバッグの選び方について取り上げる。バッグの大きさによって荷物の全量が決まるだけに、そのサイズ選びが重要。初めてなら大きなバッグを選んでおくとよい。

●文:谷田貝洋暁 ●写真:武田大祐

バイクでソロキャンプ|ガイド役:谷田貝洋暁
[写真タップで拡大]

【ガイド役:谷田貝洋暁】登山/自転車/カヌーによるキャンプ歴が、バイク歴より随分長いライター。運ぶ荷物が限られる縦走登山からの反動か、バイクキャンプはとにかく大荷物。

初心者はとにかく大きなバッグを買おう!

キャンプ初心者にとってシートバッグ選びは難しい。というのも、ひと通りアイテムが揃っていてその全量が把握できているなら、すべてが入る容量のバッグを選ぶことができる。しかし、キャンプビギナーは荷物が揃いきってなかったり、好みが定まってなかったりする。つまりはまだ自分の荷物の量の把握ができていないのだ。しかもキャンプ道具は、えてして軽量コンパクトなモノは高価で、安いアイテムは収納サイズが大きくかさばる。最初は右も左も分からず安めのアイテムで揃えがちだが、回数を重ねるとさらにモノが増えたり、こだわりが出たりして、いろいろ買い換えたくなるものだ。これからキャンプを始めるなら、まずは安価なアイテムでも色々持っていける容量60L以上のサイズを選んでおくと、“もう荷物が入らない!”なんてことが少なくなるだろう。

バイクでソロキャンプ|荷物

左から、クッカー&バーナーなど炊事用品/サンダル/調味料/まな板/ホットサンドメーカー/スキレット/敷物/チェア/焚き火台/テント/シュラフ/エアマット/テーブル/ガスボンベ×2水筒/ペグなど小物/トイレットペーパー/ランタン類/マグカップ/グランドシート [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|荷物

ヘンリービギンズのDH-750Cの場合、メインの荷室が65Lで周囲のポーチが12L。荷物はテント/シュラフ/チェア/テーブルを含め、これだけの荷物が収納可能。ただ荷物にはさらに着替え/レインウエアなどの基本的な装備や食材も必要だから、容量はいくらあっても足りないのだ。 [写真タップで拡大]

大型シートバッグの選び方

その1:システムタイプか防水タイプか?

バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|選び方

[写真タップで拡大]

キャンプで使う大型のバッグで主流なのは、防水タイプとシステムタイプ。防水性が違うのはもちろんだが、最大の違いはバイクに積んだまま荷物が取り出せるかそうでないか? 防水バッグは密閉性が高い分、荷物を取り出すには一度バイクから下ろす必要がある。一方、システムタイプは積んだまま荷物が出し入れできるよう各社工夫を凝らしている。

その2:愛車に積みやすいか?

バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|選び方

[写真タップで拡大]

「積んだまま荷物を取り出せるならシステムタイプの方がいいじゃん?」と誰もがそう思うだろう。だが、システムタイプはタンデムシートの座面形状やフックの取り付け位置によっては安定させにくい場合もある。たいていは創意と工夫でなんとかなるが、防水タイプの方が車種を選ばずガッチリ固定できる場合が多い。不安なら用品店で愛車とのマッチングを確かめさせてもらおう。

その3:平物/長物で幅が決まる

バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|選び方

[写真タップで拡大]

シートバッグに荷物を詰める(パッキング)ときのセオリーは、”底に平物→端に長物→大物で形を整え→小物を隙間に詰める”。こうするとシートバッグが型崩れしにくく、多くの荷物を入れられる。また、頻繁に出し入れしたり道中使いたいものは、取り出しやすい場所に入れる。ちなみに平物とはテーブル、長物はテントやタープのポールだ。

その4:サブの荷室が結構重要

バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|選び方

[写真タップで拡大]

レインウエア/モバイルバッテリー/お風呂セット/コーヒーセット/ファーストエイドキットなどなど。バイクで走っている最中に取り出したいものが多いなら、ポーチやポケットなどのサブスペースの量量が多いモデルを選ぶと便利。暗くなってから到着した場合にまず取り出したいランタン類なども、すぐ取り出せる場所に収納しておきたい。

大型シートバッグ〈システムタイプ〉

バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|ヘンリービギンズ DH-750C キャンプシートバッグシステム コンプリートセット(ポーチ付き)

【ヘンリービギンズ DH-750C キャンプシートバッグシステム コンプリートセット(ポーチ付き)】デイトナの新製品は拡張機能を廃してシンプルさを追求。自社でキャンプアイテムも開発しているだけに、荷物の収まり具合がものすごくいい。サイドのポーチも全部で12Lあり、キャンプ小物がほぼすべて入る印象だ。●サイズ:H350×W550×D350mm(ポーチ除く) ●容量:65L+ポーチ12L ●価格:2万8050円 [デイトナ] [写真タップで拡大]


バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|イガヤ キャンプツーリングシートバッグ

【イガヤ キャンプツーリングシートバッグ IGY-SBB-R-0040】50→64Lの可変システムに両サイド開閉機構、ウエアなどの荷物を挟み込める上部のフラップ構造、レインカバー付属などなど。キャンプ用シートバッグとしての基本的な装備を備えながら、税込1万5000円以下を実現したコストパフォーマンスの高い商品。●サイズ:H310×W600→730×D350mm ●容量:50→64L ●価格:1万4080円 [プロト] [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|イガヤ キャンプツーリングシートバッグ
[写真タップで拡大]

サイドファスナーを全開にして折り畳めばコンパクトになるため、収納時に場所をとらない親切設計。

バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|モトフィズ グランドシートバッグ

【モトフィズ グランドシートバッグ MFK-222】ハードシェルタイプの下層ボックス(30L)で安定した土台を作り、その上にさらに40Lのバッグを載せるという大容量を実現するための新発想システムを採用。車両に固定するストラップのバックルが小型で引き代も多く、車両を選ばず積載しやすいのも特徴だ。●サイズ:上部:H200×W600×D350mm 下部:H190×W600×D350mm ●容量:上部:40L/下部:30L ●価格:5万2800円 [タナックス] [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|モトフィズ グランドシートバッグ
[写真タップで拡大]

濡れ物と濡らしたくない物など、収納場所を分類できるのもとても便利。もちろん、上部下部ともに単体での使用(購入)も可能だ。


バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|ゴールドウイン ツーリングリアバッグ53

【ゴールドウイン ツーリングリアバッグ53 GSM27001】平型が多い大型シートバッグにおいて、前後長を290mmと短めにすることで、タンデムシートの短いスポーツモデルにも積みやすくしている。容量は最大53Lなので今回のシートバッグの中では小ぶりな方だが、こなれたキャンパーにはこのくらいの容量がちょうどいい。●サイズ:H300×W460→620×D290mm ●容量:42→53L ●価格:1万7930円 [ゴールドウイン] [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|ゴールドウイン ツーリングリアバッグ53
[写真タップで拡大]

サイドの開口部は大きく荷物が取り出しやすい。

バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|コミネ ロングジャーニーシートバッグ

【コミネ ロングジャーニーシートバッグ SA-242】最大容量82Lがとにかくすごい! テントやシュラフはもちろん、チェア/テーブル/焚き火台まで、よっぽど嵩張るアイテムばかりを選ばなければ、たいていの荷物が入るだろう。ただそれだけに最大幅は、バイクによってはハンドル幅より大きい830mmとかな~りワイド。●サイズ:H330×W630→830×D350mm ●容量:59→82L ●価格:1万6390円 [コミネ] [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|コミネ ロングジャーニーシートバッグ
[写真タップで拡大]

幅20cm/容量23Lもアップ! 振り分けバックやパニアケースと併用するか、アドベンチャーツアラーなど積載面の大きなバイクが適。


バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|SWモテック プロテールバッグ プロカーゴバッグ

【SWモテック プロテールバッグ プロカーゴバッグ BCHTA0030630000】ボディを包み込むような“へ”の字型の形状は”ユニバーサルフィット”と呼ばれ、さらにシートに接する部分には滑りにくい素材を採用することで多くの車種にフィット可能。長物の収納に便利なオプションアイテムのテントバッグ(18L)追加すれば、さらに積載の幅が広がる。●サイズ:H500×W700×D330mm ●容量:50L ●価格:3万800円 [アクティブ] [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|SWモテック プロテールバッグ プロカーゴバッグ
[写真タップで拡大]

マシンにフィットする形状は低重心化と荷物のぐらつき防止に効果的。荷物を積んでもスポーツしたいライダーにピッタリ。


バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|ラフ&ロード コンテナシートバッグ64 RR9038

【ラフ&ロード コンテナシートバッグ64 RR9038】ラフ&ロードの新機軸・コンテナバッグ40が容量アップして64Lの大容量に! ハイトを低く抑え、サイドハッチに成形パネルを使用することでカタ崩れを防止。重ね積載をしやすくしている。またサイドハッチの内側にはメッシュ付きのマチがあり、小物類の収納に便利。●サイズ:H230×W600→700×D380mm ●容量:55→64L ●価格:2万6400円 [ラフ&ロード] ※写真は拡張した状態 [写真タップで拡大]

バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|ラフ&ロード コンテナシートバッグ64 RR9038
[写真タップで拡大]

シートバックの上にさらにバックや長物をタンデム積載。その状態でもサイドパネルを開けば荷物にアクセスすることが可能だ。

大型シートバッグ〈防水タイプ〉

バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|防水タイプ
[写真タップで拡大]

防水バックの多くが採用するロールアップ式。読んで字の如く巻き込んで密閉するタイプのハッチで、気密性は高いが荷物が取り出しが一手間かかる。

バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|ツアラテック アドベンチャードライバッグ

【ツアラテック アドベンチャードライバッグ サイズL(49L)】頑丈なパニアケースで有名なドイツのツアラテック社と、防水バッグで有名なオルトリーブ社が共同開発したダッフルタイプのドライバッグ。頑丈ながら重さ1kgと軽量で、赤/青/橙/銀/黒/黄とカラフルな6色展開が特徴的。他に31L/89Lのサイズもある。●サイズ:H320×W610×D340mm ●容量:49L ●価格:1万6093円 [ツアラテックジャパン] [写真タップで拡大]


バイクでソロキャンプ|大型シートバッグ|ラフ&ロード AQA ドライコンテナー RR5609

【ラフ&ロード AQA ドライコンテナー RR5609】72Lの大容量防水バッグ。取り付けベルトはバイクから荷物を下ろすことなくメインハッチにアクセス可能な工夫が盛り込まれ、フィッティングパーツも豊富。ロールアップ式のため巻き込むことで容量調節が可能だ。3Lのポーチが付属する。●サイズ:H650×W520×D350mm ●容量:72L+ポーチ3L ●価格:1万5400円 [ラフ&ロード] [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報