林道ツーリングにピッタリの高機能なバックパック×11選〈前編〉

林道ツーリングにピッタリの高機能なバックパック

ダート路を走る林道ツーリングのお供となるバックパックには、ライダーの動きにフィットする走行時の安定感や快適な背負い心地に加え、突然の雨や泥ハネなどにも対応できる防水&撥水機能があるものを選びたい。そこでゴーライド編集部が厳選した防水&撥水バッグパック×11選を2回に分けて解説する。本記事では前編として防水バックパック×7選を紹介するゾ!!

●文/写真: 小泉裕子(ゴーライド副編集長)

より機能性や快適性を求めたバックパックの進化

どんなに避けても、誰でも一度はツーリング中に雨に降られたことがあるハズ。とくに近年、突然のゲリラ雷雨や予期せぬ季節外れの大雨、コロコロと変わる天気予報などに見舞われる中、どのように雨から荷物を守りつつツーリングや林道遊びをするかも、バッグを選ぶ際の大事なポイントのひとつになっている。そこで今回は、雨でも荷物が濡れる心配がなく、快適な背負い心地や安定感などの嬉しい機能も詰まった林道ツーリングにぴったりなバックパックを紹介する。

防水と撥水の違いを知っておく

“防水加工”とは、生地そのものが水を通さない素材で作られていたり、生地に隙間ができないようにゴムや合成樹脂を塗り込んで水を通さないようにしているものを指す。一方で”撥水加工”とは、生地の表面や生地を作る糸そのものに撥水コーティングを行う加工のことを言う。

防水加工は、素材自体を水が通らないように加工しているので、防水効果が落ちにくく、撥水に比べて水に濡れることはない。が、通気性もないのでカビやすい。撥水加工は、撥水コーティングしていても生地の隙間は完全に塞げないので、生地自体が水を通すうちに効果がなくなることがある。そのぶん、通気性はいい。メリットとデメリットを知った上で、使用状況や好みで選びたい。

防水と撥水の違い
[左:撥水] 生地表面に水が付着した場合、水が生地表面をコロコロと転がり落ちることを撥水という。[右:防水] 生地表面に水が付着した場合、生地の裏側まで水を通さないことを防水という。 [写真タップで拡大]

カッパ WA402Sウォータープルーフバックパック

ロールトップタイプの開閉システムを採用するイタリアブランド・カッパ[KAPPA]の防水バックパック。荷物の量に合わせてバックサイズをロールの巻き数で調整でき、荷物が少ない時もつねに最適なシルエットと快適な背負い心地を確保する。サポート付きウエストベルト/厚みのあるショルダーストラップ/背面プロテクションパッドを装備しながら、本体は驚くほど重さを感じさせない。側面にひとつずつ反射板を装備。

防水バックパック|カッパ WA402Sウォータープルーフバックパック

【KAPPA WA402S WATERPROOF BACKPACK】抜群のフィット感と快適な背負い心地で、ライダーの動きを妨げずダートでも大活躍。●容量:30L ●サイズ:幅29cm×奥行20cm×高さ58cm ●カラー:ブラック ●重さ:1270g(編集部実測) ●価格:1万4300円 |ダートフリーク [写真タップで拡大]

防水バックパック|カッパ WA402Sウォータープルーフバックパック|フロント

ウエストベルトあり/チェストベルトあり [写真タップで拡大]

防水バックパック|カッパ WA402Sウォータープルーフバックパック|ヘルメットバッグ装備
[写真タップで拡大]

取り外し可能なヘルメットバッグを装備する。普段はバックパック背面下部にスッキリ収納可能。

防水バックパック|カッパ WA402Sウォータープルーフバックパック|プロテクションパッド
[写真タップで拡大]

身体との高いフィット感に貢献する背面のプロテクションパッドは、ライディングスタイルや状況に合わせて簡単に取り外し可能だ。

防水バックパック|カッパ WA402Sウォータープルーフバックパック|ショルダーストラップ
[写真タップで拡大]

厚手ながらメッシュで蒸れにくいショルダーストラップが、荷重から肩の負担を軽減する。

クリーガ トレール18バックパック

バイク乗りのためのバッグとしてイギリスで生まれたブランド・クリーガ[KRIEGA]。革新的な機能や技巧が惜しみなく投入された防水バックパックは、使い勝手/耐久性/機能性など一切の妥協なし。スタイリッシュかつ3セクション構成で使い勝手のいい構造もさることながら、度肝を抜かれるのが身体にピッタリと添う作りとホールド力、そして肩の可動域の広さだ。林道走行においてあまり荷物を持たずなるべく空身で走りたいライダーにオススメ。

防水バックパック|クリーガ トレール18バックパック

【KRIEGA TRAIL 18 BACKPACK】異次元のホールド感に利便性を熟慮した構造。空身気分で必要充分を林道に携帯させてくれる。●容量:18L ●サイズ:H44.5×W29.5×D22.5cm ●カラー:ブラック、ライム、オレンジ ●重さ:1640g(編集部実測) ●価格:3万4980円|ニッセイ [写真タップで拡大]

防水バックパック|クリーガ トレール18バックパック|フロント

ウエストベルトあり/チェストベルトあり [写真タップで拡大]

防水バックパック|クリーガ トレール18バックパック|防水ミニポケット
[写真タップで拡大]

スマホや財布など小物系に特化して収納できるロールトップタイプの防水ミニポケット。

防水バックパック|クリーガ トレール18バックパック|ハイバロンネット
[写真タップで拡大]

クリーガ独自のレーザーカットを施した耐熱&耐候性に長けるハイパロンネットを装備。

防水バックパック|クリーガ トレール18バックパック|背面コンパートメント/防水ミニポケット/メインコンパートメント
[写真タップで拡大]

ジッパーアクセスの背面コンパートメント、同エリア内にロールトップ防水ミニポケット、ロールトップ100%防水メインコンパートメントの3セクション構成。

エンデュリスタン ハリケーンバックパック 25L

いかに過酷な状況下でも、荷物を雨/泥/埃から守り切るエンデュリスタン[ENDURISTAN]の完全防水防塵防砂バックパック。バック本体も引き裂き/摩擦/破れに強い優れた耐久性を持ち、荒く扱っても壊れにくい。また、バッグ上部にメッシュポケットとバンジーコードを配し、利便性も高い。ただ、戸惑うほど硬いファスナーと素材なので、使用前後に付属のグリスを塗り込むなどメンテナンスが必要だ。だが、そこさえ面倒くさがらなければ、最強の逸品。

防水バックパック|エンデュリスタン ハリケーンバックパック 25L

【ENDURISTAN HURRICANE BACKPACK 25L】愛せば愛するだけ永く応え続ける最強の友に。ダート無敵かつ自分好みにカスタムできる。●容量:25L ●サイズ:全長52cm×幅30cm×高さ16cm ●重さ:2050g(編集部実測) ●価格:2万2880円|ジャペックス [写真タップで拡大]

防水バックパック|エンデュリスタン ハリケーンバックパック 25L|フロント

ウエストベルトあり/チェストベルトあり [写真タップで拡大]

防水バックパック|エンデュリスタン ハリケーンバックパック 25L|背中側/バッグ内側
[写真タップで拡大]

[左] 背中/肩と接触部はクッション性に優れ、腰も大きくホールドでき、身体全体で背負える設計。[右] バッグ内側にペンホルダー/ファスナーポケット/キーリングを装備する。

防水バックパック|エンデュリスタン ハリケーンバックパック 25L|シークレットポケット
[写真タップで拡大]

背面のパッド下にシークレットポケットを備える。

ハリケーンバッグをより楽しむポイント

防水バックパック|エンデュリスタン ハリケーンバックパック 25L|オリジナルネームプレート

【左:オリジナルネームプレートを作れる!!】ハリケーンバックパック購入者特典として、本国公式サイトでメルマガ登録をすれば、バックパック表のベルクロ部分に取り付け可能なオリジナル刺繍ネームプレートをゲットできる。【右:塗り込むことでファスナーが軽くなる!!】ファスナーを開いた状態でファスナー用グリス少量を手に取りエレメント部分になじませ、全体に伸ばす。使用後はファスナーについた土やホコリなどの汚れを取り除きいてお手入れを。 [写真タップで拡大]

ホンダ WPバックパック

RSタイチとのコラボモデルとなる防水仕様バックパック。軽快でカジュアルな外観ながら、位置調整可能なチェストベルトやウエストベルトを備え、ライディング中も荷物のブレに左右されないフィット感を持つ。また確実にロールアップを行えるベルクロフラップやデイジーチェーン、一時的に容量を増やせる長めのベルトを採用するなど、状況に合わせた使い勝手のよさも考慮されている。

防水バックパック|ホンダ WPバックパック

【HONDA WP BACKPACK】ソフトフィットで軽い林道のお供に。カジュアルで気軽に使えるスグレモノ。●容量:25L ●サイズ:W35×H50×D15cm ●カラー:デザート カモフラージュ ●重さ:930g(編集部実測) ●価格:8360円|ホンダモーターサイクルジャパン [写真タップで拡大]

防水バックパック|ホンダ WPバックパック|フロント

ウエストベルトあり/チェストベルトあり [写真タップで拡大]

防水バックパック|ホンダ WPバックパック|メイン気室
[写真タップで拡大]

メイン気室はフラップ&ロールアップ式で、普段使いもできるカジュアルな外見だ。

防水バックパック|ホンダ WPバックパック|メイン気室
[写真タップで拡大]

メイン気室は防水仕様になっており、雨天時でも荷物を濡らす心配がない。

防水バックパック|ホンダ WPバックパック|アウターポケット
[写真タップで拡大]

ファスナー付きのアウターポケットを装備し、小物の分類に役立つ。なお、このアウターポケットは防水ではないので、入れるものは考慮した方がいい。

防水バックパック|ホンダ WPバックパック|アウターポケット
[写真タップで拡大]

メイン気室とは別に、フロント部分にもフラップによる簡易防水構造を持つ間口の広いアウターポケットを装備する。

タナックス MFK-255 タフザックSQ15

軽量で耐久性のある防水素材TPUを使用した、バックパックとシートバッグの2WAY防水バックパック。溶着による加工の一体構造で、雨や泥の侵入を完全に防いでくれる。開閉はロールトップタイプで開口部も広く、楽に荷物の出し入れができる。また繰り返して脱ぎ着するウェアやグローブをサッと置けるバンジーコードを装備。思いつきで無造作に荷物を詰めても荷ぶくれせず、気軽に走りに行けて、楽に扱えるのだ。

防水バックパック|タナックス MFK-255 タフザックSQ15

【TANAX MFK-255 TOUGH SACK SQ15】荷詰めや積載まで熟練メーカーの技術を満載した、驚異の耐久性を持つ2WAY防水バックパック。●容量:15L ●サイズ:H38.5×W28×D13.5cm ●カラー:ブラック ●重さ:1010g(編集部実測) ●価格:1万3750円|タナックス [写真タップで拡大]

防水バックパック|タナックス MFK-255 タフザックSQ15|フロント

ウエストベルトなし/チェストベルトあり [写真タップで拡大]

防水バックパック|タナックス MFK-255 タフザックSQ15|背面
[写真タップで拡大]

背面に身体にフィットする肉厚ウレタン素材とメッシュ素材を採用。走行風が通りやすく、蒸れずに快適なフィット感を持つ。

防水バックパック|タナックス MFK-255 タフザックSQ15|シートバッグ化
[写真タップで拡大]

付属のKシステムベルトとの接続バックルを備え、簡単にシートバッグとして愛車に積載可能。

防水バックパック|タナックス MFK-255 タフザックSQ15|エアーバルブ
[写真タップで拡大]

バッグ内部の空気をスムーズに抜き、効率よく荷物を詰められるエアーバルブを採用、15Lの容量をフル活用できる。

ラフアンドロード RR9304 AQAドライバックパックプロ

直感的に荷物の出し入れが可能なシンプルなBOX型の2WAY防水バックパック。調整可能なチェストベルトやウエストベルトはやや長めに設定され、大柄な人でも対応可能だ。背中の接触部分にはショルダーストラップ幅のパッドを装備。詰めた中身で背中の当たりは少し左右されるが、硬いものなどは背中から離せば問題はない。大型フロントポケットもインナー防水加工が施され、荷物の種類分けが便利だ。

防水バックパック|ラフアンドロード RR9304 AQAドライバックパックプロ

【ROUGH AND ROAD RR9304 AQA DRY BACKPACK PRO】メイン気室もフロントポケットもダブル防水。使いやすくオフ車のシートにピッタリ装着できる。●容量:25L(ポケット容量込) ●サイズ:W28×D15×H45cm ●カラー:ブラック カモ レッド ●重さ:1440g(編集部実測) ●価格:1万4080円|ラフアンドロード [写真タップで拡大]

防水バックパック|ラフアンドロード RR9304 AQAドライバックパックプロ|フロント

ウエストベルトあり/チェストベルトあり [写真タップで拡大]

防水バックパック|ラフアンドロード RR9304 AQAドライバックパックプロ|フロントポケット
[写真タップで拡大]

間口の広いメイン気室はもちろん、大型フロントポケットも防水仕様。

防水バックパック|ラフアンドロード RR9304 AQAドライバックパックプロ|バイク取り付け
[写真タップで拡大]

シートバッグとして簡単にバイクに装着できる取り付けパーツを標準装備。オフロードバイクにもしっかり取り付けできる。

防水バックパック|ラフアンドロード RR9304 AQAドライバックパックプロ|背面
[写真タップで拡大]

背面にあるスリットにショルダーストラップをそのまま収納できるので、マシンへの積載時にジャマにならず、シートとバックパックとのクッションの役割も果たす。

コミネ SA-208 ウォータープルーフライディングバッグ 20

普段使いにもちょうどいいサイズの防水バックパック。防水バックパックとしての機能をしっかり確保しつつ驚きの価格設定を実現している。開閉には開口部の広いロールアップ式を採用、両サイドから独立したバックル留めを用いて長さ調節を可能にし、荷物の量に対応したコンパクトなバッグサイズにできる。また、シートバッグとしてマシンに装着可能。長旅のサブ防水バックパックとしてもオススメだ。

防水バックパック|コミネ SA-208 ウォータープルーフライディングバッグ 20

【KOMINE SA-208 WATERPROOF RIDING BAG 20】リーズナブルかつお値段以上の機能性で、メインでもサブでも使い方次第で大活躍。●容量:20L ●サイズ:W29cm×H49cm×D14cm ●カラー:リフレクティブブラック ブラック ●重さ:940g(編集部実測) ●価格:4400円|コミネ [写真タップで拡大]

防水バックパック|コミネ SA-208 ウォータープルーフライディングバッグ 20|フロント

ウエストベルトあり/チェストベルトあり [写真タップで拡大]

防水バックパック|コミネ SA-208 ウォータープルーフライディングバッグ 20|メッシュポケット
[写真タップで拡大]

両サイドにペットボトルが入るサイズのメッシュポケットを装備。中に入れる必要のないものを楽に取り出せる。

防水バックパック|コミネ SA-208 ウォータープルーフライディングバッグ 20|メイン気室
[写真タップで拡大]

水の侵入を許さないメイン気室。防水ながら生地は比較的柔らかく、クルクル巻けるので携帯時の収納に困らない。

防水バックパック|コミネ SA-208 ウォータープルーフライディングバッグ 20|スタッフバッグ化
[写真タップで拡大]

ショルダーストラップを背面に収納できるので、スタッフバッグとしてマシンに装着もできる。ジッパー付きでスッキリした外観に。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報