Life With HARLEY

仕事仲間がバイク仲間!ハーレーが生む”熱”の連鎖〈ハーレーダビッドソンのある暮らし〉

仕事仲間がバイク仲間!ハーレーが生む"熱"の連鎖〈ハーレーダビッドソンのある暮らし〉

手に入れれば、生活のすべてが変わる可能性を秘めている。それがハーレーダビッドソンという乗り物だ。そんな暮らしを満喫中の個性派オーナーたちを、ハーレー専門誌『ウィズハーレー』が全国を渡り歩いてピックアップ。今回はハーレートライクに乗る会社社長が従業員とともに楽しむ福利厚生=ハーレーライフを紹介しよう。

●文/写真:Makoto Watanabe ●取材協力:ハーレーダビッドソンセントラル春日部店

ハーレートライクが会社のレクリエーション!?

夜の宴席や麻雀にゴルフなど、”会社の付き合い”と聞くと様々なコトが思い浮かぶが、ここに紹介する株式会社RSTの場合、どうやら”フツー”の会社とは異なるようだ。一般的にはピンとこないものの、しかし我々にとっては馴染み深い「バイク」という存在が、重要なコミュニケーションツールになっているのだ。

会社のレクリエーションの一貫として皆でバイクを楽しむこと…、それ自体は社長がバイク好きな会社であればあり得るハナシだが、聞けば上写真の中心に立つ代表Tさんのバイク歴は1年ほどで、その車歴もナカナカ耳にしない類のもの。そうした部分が、どうやら”フツー”でない印象に繋がっているのかもしれない。

「それまでバイクには興味がなかったんですけど、マグナ50を貰ったことで火が付いちゃって(笑)。壊れた所を修理したりしているウチにハマってしまったんですよね。今ではZIIとかヨンフォアとか7台くらい持ってますかね。何でも”徹底的”にやってしまう性分なんです(笑)。大型免許を取る前にハーレーを買ってしまったり、みんなで乗りたいなって思ったのでコイツ(Kさん)に大型免許を取りに行かせたり。もうムチャクチャですよね(笑)」

上の言葉どおり、今回の取材に同席したKさんの教習所代をTさんはポケットマネーで支払ったそうだが、たった1年でバイク歴の一生分に値するかのような内外の名車を手に入れる行動力と決断力は、少々極端ながらやはり会社経営者としてふさわしい資質なのかもしれない。

「まぁ会社のレクリエーションみたいなもんですよ。社会の中で”付き合い”と言えば酒を呑みに行ったりとかが普通だと思うんですけど、ソレだとダラダラしちゃうじゃない? だから仕事と遊びをスパっと切り替えてバイクに乗るのがイイんですよね。我々の仕事は産廃処理業なんですけど、普段はなかなかキツい仕事なんですね。だから休日の路上では、せめて目立ってやろう思って。それでハーレーなんですよ」と豪快に笑うTさん。

ウーン、こんな福利厚生の会社なら……まったく羨ましい限りです、ハイ。

2020 FLHTCUTG Tri Glide

’20 HARLEY-DAVIDSON FLHTCUTG TRI GLIDE [写真タップで拡大]

2020 FLHTCUTG Tri Glide T.Hさん
2020 FLHTCUTG Tri Glide T.Hさん

【株式会社RTS代表・T.Hさん】1年前にマグナ50を貰ったことをキッカケに、その後は次々とバイクを乗り継ぎ、大型免許を取得した現在はこのトライグライドの他、ブレイクアウト/Z1/ヨンフォア/KH/マッハ350等々を所有。同社の代表にしてバイクでもリーダー的存在。乗り継いだバイク遍歴を見ると、ここ1年で興味を持ち出したという経緯が信じがたいが「何事も徹底的にやっちゃう性分」とのこと。今回紹介したトライグライドにしても、吸排気系やハンドルの交換、各部ディテールアップの他にLED電飾で飾るド派手仕様だ。 [写真タップで拡大]

2020 FLRT Freewheeler

’20 HARLEY-DAVIDSON FLRT FREEWHEELER [写真タップで拡大]

2020 FLRT Freewheeler K.Mさん
2020 FLRT Freewheeler K.Mさん

【同社従業員・K.Mさん】今回ご登場された御三方の中で最年少(38歳)のKさんは十代の頃からバイクに乗るマニア。このフリーウィーラーは社長Tさんの影響で手に入れたとのことだが、逆にカワサキZIなどの国産旧車は、そもそもKさんが乗っていたがゆえ周囲に影響を与えることになったという。ちなみにこれ以前にはハーレーのロードグライドに乗っていたとのことだが、大型免許を取得する際は「みんなで一緒にハーレーに乗るため」Tさんがサポート。この“福利厚生”はマッタク羨ましいかぎりだ。 [写真タップで拡大]

2020 FLRT Freewheeler

’20 HARLEY-DAVIDSON FLRT FREEWHEELER [写真タップで拡大]

2020 FLRT Freewheeler M.Mさん
2020 FLRT Freewheeler M.Mさん

【同社従業員・M.Mさん】このメンバーの中で最年長(59歳)にしてバイク歴がもっとも長いMさんは、このFLRT 以前にもハーレーのトライクを所有していたとのことだが、専用設計となった現行モデルは”段違いの性能”と語る。「昔のトライクは後ろ半分が社外製で乗りにくかったんですけど、今のハーレーは専用設計だけに全然違いますね。昔のは重い/曲がらない/ブレーキ効かないとヒドいもんでしたけど(笑)、今はすべてが逆。だから乗ってて楽しいですよ」とのこと。この車両もバンス&ハインズマフラーやネスのエアクリで既にカスタム済みだ。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報