Bimota TESI H2×ライドハイ

【ビモータ テージH2 試乗記】革新フロントハブステアと超絶ハイパーH2が合体!

●文:ライドハイ編集部(根本健) ●写真:折原弘之

イタリアの工房ビモータが開発した革新ハブステアで、ありったけの猛パワーでもおとなしく感じる安心感。それがビモータ・テージH2(Bimota TESI H2)だ。

ロケットダッシュを整然と安定させるスーパー車体

前に突き出たスイングアーム……ビモータのテージH2は、威圧的な大柄カウルも異様だが、前輪を支えるフロントフォークが見えない不気味さで異彩を放つ。
これはハブセンターステアといって、フロントホイールの中心にあるハブに、通常のバイクのステアリングヘッドが内蔵され、ハンドルとは細いロッドで結ばれて前輪を操舵する、まさに革新的な機構なのだ。

そしてスーパーチャージドのH2、通常の吸気に圧力をかけ爆発的パワーを生み出すこのカワサキエンジンとの組み合わせが繰り広げる驚愕の異次元体験をお伝えしよう。

――巨体と思ったのに軽い!?

→全文を読む|写真5点+映像(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報