ZX-25Rの潜在能力を極限まで引き出せ

ニンジャZX-25Rで実測200km/hに挑戦#2【吸排気フルチューン仕様で大台突破なるか!?】

ニンジャZX-25Rで実測200km/hに挑戦#2【吸排気フルチューン仕様で大台突破なるか!?】

世界最強のニンジャZX-25R計画を進めているトリックスター。これまでの解析によって明らかになったパワーアップへの糸口の数々を結集して、実証する新ステージに到達した。その一発目として、エンジンはノーマルのまま、吸気系/マフラー/サブコンピューターのポン付けチューンだけで、世界初の実測200km/hオーバーに挑む。後編ではいよいよトリックスターが手がけた吸排気フルチューン仕様車が登場だ!

[写真タップで拡大]

【テスター:(左から)丸山浩/鶴田竜二/山本剛大】実測200km/hアタックに挑むのは、ヤングマシンのメインテスターとしておなじみの丸山浩氏に加え、トリックスター代表の鶴田竜二氏、そしてアジア選手権AP250クラス初代チャンピオンの山本剛大氏という3人だ。

真打ち登場! トリックスター吸排気フルチューン仕様車

前ページでまとめた通り、まずフルノーマルでのテストは実測180.0km/h。次にアクラポヴィッチとイカヅチの2本のJMCAマフラーでテスト。ファイナルもロングにしたイカヅチ装着車では実測191.9km/hへとポンとスピードアップしてしまった。これなら吸気系までイジった本命フルチューン仕様なら楽勝のはずだ。

カラーペイントも施された、トリックスターのフルチューン仕様車。レーシング仕様のイカヅチマフラーに特製ラムエアダクトをプラス。さらにラピッドバイク・レーシングで燃調&バタフライに加えて点火タイミングも制御。前後スプロケットも変更し、タイヤもハイグリップタイプを履く。 [写真タップで拡大]

【JMCAと基本は共通のレーシング】異型6角断面サイレンサーが特徴のイカヅチマフラーは公道不可のレーシングバージョンを装着。公道用JMCA版との違いは触媒の有無や消音機能くらいでエキゾーストパイプレイアウトはほぼ同一。そのため公道版でもこれに迫る性能を発揮する。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

最高速を伸ばすために前後スプロケットを換えて最終減速比をロングにしている。最終的にフロント15T&リヤ46Tでトライ。チェーンはDIDのゴールドチェーンを使用した。

[写真タップで拡大]

ラムエアダクトはトリックスター製(2万680円)。開口部の面積はグッと大きくなり、容量も純正より約1.4倍ほど増えている。

フルチューン仕様にはラピッドバイクの最上級版である「レーシング」を使用。エボに加えて点火タイミングやトラクションコントロールなどまで制御できる全部入りFIサブコンピューター。テストにはラピッドバイクジャパン(JAM)の成毛浄行氏が同行してくれた。 [写真タップで拡大]

【念入りに最終調整】フルチューン仕様でのアタック本番計測に備えて山本剛大選手のライディングで最終調整。RAPiD BIKEやスプロケのファイナル調整などが念入りに行われた。公道仕様で195km/hだったので、フルチューンならイケるはず! [写真タップで拡大]

「あと2km/h…」がどうにも詰められない

そして、いよいよフルチューン仕様での本番アタックがスタート。さすがに出だしから速い。メーター読みでも軽々と200km/hに到達する。

だが…、メーターの動きは最高速に近づくにつれて鈍くなり205km/hから上に行ってくれない。これだと実測では微妙なところか…。デジスパイスの実測データを確認すると、やはり実測では198.1km/h。あと2km/h足りない…。

アタックした山本選手によると、タコメーターはレブリミットまでまだ1000rpm以上残した1万7000rpmでストップ。パワー不足を指摘する。次に丸山浩がトライするも、やはり同様の結果。ファイナルを換えてみるか? しかし丸山は「ファイナルはすでにいいところにある」と指摘。軽量化のために外せるものは何かないか? それももう見当たらない…。

【本番アタック。だが…パワーが足りない】山本選手が満を持して本番計測にトライ。メーター読みで205km/hまで到達したが、実測では198.1km/hとあと一歩というところで200km/hに及ばず。山本選手は「レッドゾーンより手前の1万7000rpmあたりから上に到達してくれない。わずかにパワーが足りない」と嘆く。 [写真タップで拡大]

【あと2km/hなのに】ファイナルはこれ以上ロングにしても無理と判断。「何か軽くできるものは?」とスーツのバンクセンサーまで外して丸山/鶴田が挑むも、最後の2km/hが詰められない。 [写真タップで拡大]

ならば奥の手=H2Rスリップ作戦発動!

あと2km/h…。邪魔なものは”空気の壁”だ。ならばと、鶴田代表が引っ張り出してきたのが、なんとボンネビルチャレンジ用のニンジャH2R改。これのスリップストリームでZX-25Rを引っ張ろうという奥の手作戦だ!

【こんなこともあろうかと!】「ならば奥の手だ!」と登場したのが、ボンネビル最高速トライ用のニンジャH2R改。400km/hを目指すモンスターマシンのスリップストリームでZX-25Rを引っ張ろうという掟破りの作戦だ。 [写真タップで拡大]

【ジャマする空気の壁をH2Rが露払い!!】鶴田選手の乗るニンジャH2R改が空気の壁を切り裂く。丸山浩の乗るフルチューンニンジャZX-25Rは、スリップストリームに入ると「伸びる! イケルぞ!」ちなみにこのトリックスターニンジャH2R改は、’21年のボンネビルで最高速記録塗り替えに挑む。今回はそのシェイクダウンも兼ねていたのだ。 [写真タップで拡大]

見せた鶴田の意地。ついに実測200km/h達成!

そしてラストトライ。最後のひと伸びに賭けた実測値は…、やったぞ202.3km/h! 念願のニンジャ ZX-25R世界初200km/hオーバーを達成だ。

実測198.1km/h/スリップストリーム併用で202.3km/h(後輪実測出力:44.52ps)

[写真タップで拡大]

【25Rで世界最速の男に!】ミラーのないニンジャH2R改を、後ろを振り返りながら駆る鶴田代表とフルチューンニンジャ ZX-25Rを駆る丸山浩の息の合ったコンビネーションでスリップストリームを最大限に活用。エアポケットから飛び出し、最後のひと伸びに賭けた25Rに搭載したデジスパイスの実測パネルが「202.3km/h」を指し示す。ついに目標を達成だ! [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

もちろん動画もアリ!

最新の記事

カワサキ ZX-25Rの価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

カワサキ ZX-25R

カワサキ ZX-25R

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 57価格種別 中古車 5

本体

87.52万円

価格帯 79~93.5万円

本体価格

本体

96.98万円

価格帯 82~108.8万円

諸費用

5.03万円

価格帯 3.5~4.76万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

92.56万円

価格帯 82.5~98.26万円

乗り出し価格

乗り出し価格

89.88万円

価格帯 82~97.77万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|最新バイク情報