ニンジャZX-25R情報局

続々リリース!ニンジャZX-25R用新作パーツセレクション〈×7ブランド〉

続々リリース!ニンジャZX-25R用新作パーツセレクション〈×7ブランド〉

●文:ヤングマシン編集部(中村友彦) ●写真:山内潤也

ヨシムラ 機械曲R-11チタンサイクロン:ミッドレンジの力強さに感動

助走区間を排除することで守備範囲を大幅に拡大

排出ガス/騒音規制が厳しくなった昨今、アフターマーケット製マフラーの主な美点は音質と軽さ、という説がある。それには一理あって、ヨシムラのZX-25R用「R-11チタンサイクロン」も、ノーマルとは一線を画する重厚な排気音が堪能できるし、約4kgの軽量化で車体の動きが俊敏になっているのだが、この製品で筆者がもっとも感心したのは、”ストリートにドンピシャ”と言いたくなる出力特性やエンジンフィーリングを実現していることだった。

ヨシムラ ZX-25用 機械曲R-11チタンサイクロン カーボンエンド 政府認証
ヨシムラ ZX-25用 機械曲R-11チタンサイクロン カーボンエンド 政府認証

【ヨシムラ ZX-25用 機械曲R-11チタンサイクロン カーボンエンド 政府認証】R-11チタンサイクロンは純正より約4kg軽量。サイレンサーは素材/カラーの違いで3タイプを設定。ステンレスエキゾーストパイプ仕様もラインナップする予定。価格:21万4500円〜 ●発売予定:’21年4月 ■ヨシムラジャパン [写真タップで拡大]

と言うのも、1万5500rpmでピークパワーを発揮するZX-25Rにとって、極端に言うなら8000rpm以下は助走区間で、ノーマルの場合はコレといった面白味はないと感じている。でもヨシムラ装着車は5000~8000rpm近辺ですでに「エンジンを回してパワーを引き出している」という充実感が得られるし、その領域でのトラクションも濃厚。だからエンジンを回しにくい市街地やタイトな峠道でも250ccマルチの魅力が堪能できる。

しかも中回転域が力強くなったからか、ヨシムラ車は8000rpmを超えてもエンジンの勢いが持続し、そのままレッドゾーンが始まる1万7000rpmまでイッキに回る。最高出力はノーマル+約1.5psなのだけれど、トップエンドに至るまでの過程がまったく異なるのだ。

排出ガス/騒音規制がどんなに厳しくなろうとも、マフラーによって魅力的なエンジン特性は構築できる。R-11チタンサイクロンを体感した筆者は、その事実をしみじみ痛感したのだった。

ヨシムラ ZX-25用 機械曲R-11チタンサイクロン カーボンエンド 政府認証

スイングアームピボット下部に備わるサブサイレンサーは、メインサイレンサーの容量を補うR-11ならではの装備だ。 [写真タップで拡大]

ヨシムラ ZX-25用 機械曲R-11チタンサイクロン カーボンエンド 政府認証
[右]チタン製エキゾーストパイプのサイズはφ32/35/38mm。形式は1-2番気筒用と3-4番気筒用が先に集合する4-2-1式で、低中速トルクを重視した結果、2-1部分の寸法を長めに設定している。[左]1-2番気筒と3-4番気筒を結ぶバイパスパイプは、排気音量を抑制するため、十分な容量が確保できるコの字型を採用。 [写真タップで拡大]

ヨシムラ ZX-25用 機械曲R-77Sチタンサイクロン カーボンエンド 政府認証
[写真タップで拡大]

【ヨシムラ ZX-25用 機械曲R-77Sチタンサイクロン カーボンエンド 政府認証】ZX-25R用マフラーの第1弾として、ヨシムラではR-11とはサイレンサー形状の異なるモデルも同時開発。いずれも常用域が楽しめる特性だ。●価格:18万5900円〜

ストライカー”インターモデル”SCフルエキゾーストマフラー:ノーマルより60%も軽い

ストライカーの政府認証ストリート用フルエキゾーストが発売。マフラー材質にはチタンを使用し、STDと比較して8.8kg→3.5kgへと約60%もの軽量化を達成している。サイレンサーはインナーバッフル付きのストレート構造で、近接&加速騒音を規制内に収めつつ迫力あるサウンドを実現。純正のステップ/タンデムステップ/アンダーカウル/オイルフィルター交換にも対応している。

ストライカー“インターモデル” ZX-25用SCフルエキゾースト OFF-Type B JMCA

【ストライカー“インターモデル” ZX-25用SCフルエキゾースト OFF-Type B JMCA】●価格:22万円〜23万1000円 ■ストライカー[カラーズインターナショナル] [写真タップで拡大]

“インターモデル”SCフルエキゾースト OFF-Type B JMCAストライカー“インターモデル” ZX-25用SCフルエキゾースト OFF-Type B JMCA
ストライカー“インターモデル” ZX-25用SCフルエキゾースト OFF-Type B JMCA

サイレンサーは異形カーボンエンドの”インターモデル オフタイプ”。カラーバリエーションは素材の味をそれぞれ活かした3タイプが揃う(チタンヒートカラー/チタンソリッド/チタンCKブラック)。 [写真タップで拡大]

ストライカー“インターモデル” ZX-25用SCフルエキゾースト OFF-Type B JMCA
[写真タップで拡大]

集合方式は4-2-1。テーパー形状のエキゾーストパイプとバイパスで、ノーマルでは不足に感じるトルクを補う。

SP忠男 パワーボックス フル:直4で最高に気持ちイイ

SP忠男のフルエキゾーストがいよいよ完成。独自の膨張室機構”パワーボックス”をサイレンサー内に備えたショートタイプで、ノーマルで薄く感じられた3000〜6000rpmあたりのトルク不足が解消。いわゆるツーリング系のマイルド特性ではなく、下から上まで息切れなくピュアでシャープな吹け上がり特性を持ち、「これぞ直4スーパースポーツ!」と満足できるものに仕上げられた。排気口のモトGP風ネットも特長。

SP忠男 ZX-25用 ボックス フル

【SP忠男 ZX-25用 ボックス フル】●価格:16万7200円 ■SP忠男 [写真タップで拡大]

SP忠男 ZX-25用 ボックス フル
SP忠男 ZX-25用 ボックス フル

[写真タップで拡大]

トリックスター 純正エアダクト専用メッシュガード:キリっと引き締まる

純正ラムエアダクトの吸入性能を確保しつつ、飛び石などの飛散物から保護するメッシュガードが登場。同社のラジエターガードにも採用しているVHG形状メッシュで、機能とともにスタイルアップ効果も絶大。

トリックスター 純正エアダクト専用メッシュガード
トリックスター 純正エアダクト専用メッシュガード

【トリックスター ZX-25R用 純正エアダクト専用メッシュガード】●価格:シルバー5280円 黒メッキ7480円 ■トリックスター [写真タップで拡大]

ケイズスタイル ローシート:足着き性+快適性アップ

純正シートをベースに、ウレタン部分で約20mmのローダウン加工を施して低反発素材もプラス。形状も角を取れたものに変更してあり足着き性や体重移動が向上する。受注生産で納期までは3週間ほど。

ケイズスタイル ZX-25R用 ローシート

【ケイズスタイル ZX-25R用 ローシート】●価格:3万4430円 ■ケイズスタイル [写真タップで拡大]

ケイズスタイル ZX-25R用 ローシート

ローシート [写真タップで拡大]

ケイズスタイル ZX-25R用 ローシート

ノーマル [写真タップで拡大]

デイトナ マルチバーホルダー:ツーリングの必需品

スマホやカメラのマウント用バーがZX-25R専用設計で発売。トップブリッジのクランプボルト共締めで取付も簡単。別売キャップボルトでコーディネイトも楽しめる。

デイトナ ZX-25用 マルチバーホルダー

【デイトナZX-25用マルチバーホルダー】●価格:5720円 ■デイトナ [写真タップで拡大]

クード クロモリアクスルシャフト:純国産の逸品シャフト

日本製のクロモリ鋼を熟練職人が旋盤/研磨/3層メッキで妥協を許さず加工した高性能アクスル/ピボットシャフト。同時にキャリパーボルトもリリースされた。

クード ZX−25R用 クロモリアクスルシャフト

【クード ZX−25R用 クロモリアクスルシャフト】●価格:フロント2万7500円 リヤ&ピボット3万1900円 キャリパーボルト7700円 ■クード[コウワ] [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報