KAWASAKI Ninja ZX-25R×ライドハイ

クラス超えの装備! フルバンク中もギヤチェンジできるZX-25Rのクイックシフター

●文:ライドハイ編集部(小川勤) ●写真:高島秀吉

カワサキ「ニンジャZX-25R」が採用する電子制御は、250ccクラスを超えた本格的なもの。トラクションコントロールだけでなく、上級モデルのSEが装備するクイックシフターはスロットル全開、または全閉のままギヤチェンジができるという優れものだ。

250ccクラスで本格電子制御を味わえる

クイックシフトは、走り出した瞬間に使える一般のライダーが最も感じやすい電子制御だ。そもそもクイックシフターはGPマシンに採用されていた機構。例えば大パワーのバイクで一瞬スロットルを戻してクラッチを切ってシフトアップすると、トラクションが途切れたタイミングで車体が暴れることも少なくなかった。

クイックシフトがあればスロットルは全開のまま、クラッチを切らずにシフトアップが可能になる。以前は点火カットするだけのアップ側のみを装備するバイクが多かったが、最近はインジェクション&フライバイワイヤの普及でダウン側も装備するバイクが多くなった。シフトダウンの際はスロットルを自動で煽ってくれ、回転を合わせてくれるという優れものだ。

ようはバンク中にシフトチェンジしてもほぼショックがないため、いつでもギヤを変えられるというわけだ。

→全文を読む|写真×6点(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報